アクセス解析
Cuatro Dragons
FC2Blog  Admin  Rss1.0 



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- -- | edit?



欠けているのは主語じゃない

category: ◆geography

日本語は英語と違って主語が無い(あるいは主語が省略できる)、などとよく言われる。日本文化なるものの特質を語る際に効果的に作用するレトリックでもある。

しかし。

もしそういった用途で言及するのなら、主語がないことよりも二人称の代名詞が日常あまり使用されないことの方が大きな大きな意味を持つ気がする。

主語以上に希少な二人称の代名詞。だってあなたは彼方、きみは君なのだものね。名を呼ぶのもおそれ多いのだ。

好きな人に気持ちを告白するのに好きな人の名を呼ばずに「あなたが好き」「きみが好き」ってサラッと言える日本人て、どのくらいいるのだろう。「おまえが好き」の方がまだいてそうだ。「お前」の方が「彼方」よりこっちに近いわけだし。

関係あるような無いような別の思いつき。時間とは違って空間には固有の代名詞がある。「ここ」とか「あそこ」とかに時間の上で対応する語は、日本語の代名詞にはない。そう言えば。当たり前のように馴染んでいる事実だが、これは結構凄いことなのかも知れない。

時間と空間、あるいは私と他者について、これまで全人類が知り得たことが、実は人称から空間的なものが分離させられている「特殊」な言語の世界内だけで語られてきたにすぎないのだとしたら・・・。

ワクワク。

それにしても、こういうのって、アフォリズムや断章や覚え書きにはなるんだけど、論文とかの形のイメージが全然沸いてこないんよね。学問的に無価値だとは思わないのだけど。

2007/06/12 00:24 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://geophil.blog84.fc2.com/tb.php/913-59b10d0d





Recent Entries

prev< 2017.11 >next
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Comments

Recent Trackback

Links

Profile

geophile
フリーランスの地理学者です。ひとり家庭教師派遣業のほか、NPOやコミュニティビジネスをターゲットに、ひとり人材派遣業もやってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。