アクセス解析
Cuatro Dragons
FC2Blog  Admin  Rss1.0 



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- -- | edit?



プロヴィンツィアオーサカ

category: ◆football

久しぶりの更新になります。

長居まで、横浜FC戦を見に行っておりました。2年前に京都サポから宗旨替えをしてセレッソサポになって、何度目かの観戦。健勇のゴール、山村の追加点で、カズの追撃ゴールまで見られてご機嫌なのもつかの間、まさかのそっからの逆転負け。

選手はもっと辛かろうと思ってはいてもやるせないくやしさ抱えてげんなりとぼとぼの帰り道、せめて美味しいもん食べて一日の有終の美を、と思って入った(ちょっと知ってる)焼き鳥屋さんで、お店の方とちょいちょい話してたら、どうやら今日ビューティフルゴールを決めたその選手も一度来店されたらしい。

そう、同じ町のメンバーなんだ。下向いてる場合じゃない。きっとまた明るい景色が開けるさ。

_____

たぶん、町がコンパクトで中心から離れてるほど、不便なこともあるだろうけど、「町のメンバーシップ」的な感覚を得られる出会いは多くて、それが力になることは多いんだろうなという気がする。松本や町田、鳥栖や甲府の粘り強さって、そこだよなぁ。鹿島や磐田も、強さのベースにあるのはその辺かもしれないなぁと。逆に、県全体をフランチャイズにしてるところは、J2だと割と苦戦してるところが多い印象もある。

ふと、昔からのマンチェスター・シティのサポーターは、今のチームにどんな感情を持ってるんだろうかと思ったりもする。決して裕福ではない市民チームに、浮き沈みをともにしながらずっと寄り添ってきて、でもその苦労が報われたとはとても言えない形でいきなりチームは強くなった。もちろんチームが強くなったのはうれしいに決まってるんだろうけどね。

セレッソはどうだろな。サンプよりもトリノ、チェルシーよりもチャールトンやウェストハム、レアルよりもアトレティコ、なんならラージョ・バジェカーノ、そんなんでもいい。

大阪は右肩下がり気味とはいえ、まだまだそこそこ大きな町。でも、たとえ町の景気もチームの成績も下がるとこまで下がり切ったどん底だったとしても、誇り失わんと週末にはスタジアムの空気を楽しみに来る人々がおって、そんなファンの思いを汲んで実力以上に頑張ってくれる選手がおって、またそんな選手たちを誇りに思いながら翌日からの仕事頑張れて・・・ていうサイクルがあったらいいよな。で、たまにほんとに選手と町ですれ違い入れ違いになることもあったりして。そん時に「頑張ってくださいね」と声をかけられる関係と距離感があってこそ、本当に悔しい負けをした時に思わず出てしまうブーイングもただの非難にならんで済むってもんで。

京都サポだったときにも、そんなチームだったらいいなとは思ってたけど、セレッソの場合はガンバとの対比ってこともあるんで、やっぱりカラーとしてはプロヴィンツィアが似合ってるよなぁと思います。

柿谷も山口も健勇も、戻ってきてくれるチームなんだからね。

あとは監督とフロントと会社のチームマネジメント。

ほんと応援してるんでよろしくお願いします。

2016/08/08 00:11 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://geophil.blog84.fc2.com/tb.php/1996-6ca3a3ea





Recent Entries

prev< 2017.08 >next
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Comments

Recent Trackback

Links

Profile

geophile
フリーランスの地理学者です。ひとり家庭教師派遣業のほか、NPOやコミュニティビジネスをターゲットに、ひとり人材派遣業もやってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。