アクセス解析
Cuatro Dragons
FC2Blog  Admin  Rss1.0 



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- -- | edit?



《C-Z》への手紙

category: ◆diary

図書館でイーガンの『プランク・ダイヴ』を借りてきて、とりあえず「ワンの絨毯」読んだのが日曜日。

この短編は長編小説の『ディアスポラ』の一部にもなっているんですが、『ディアスポラ』読んだときにも感銘を受けた作品で、やっぱり改めて良いなぁ、と。何というか、脳味噌を記号でぶん殴られる(知的マゾな)快感を存分に味わわせてくれる。

そんで、カーパルさん、やっぱりカッコええ。知的生命体としての理想・あこがれだわ。

_________

適切な科学教育の実現なくして、健全な倫理観や市民意識なんてものは、もはや成立しないような、そういう世界に僕はもう生きさせられているのかもしれません。自分自身が大学の中や外から見てきた学術研究の世界、そして今この瞬間半分原子力の力を借りて関西の地で傍観している原子力発電と放射能に関するニュース(とそれを巡る人々のさまざまな反応)を見るにつけ。

自分自身が、もっと良い科学教育が受けられたはずだし、社会に出てから自力独学で勉強するという非効率的なやり方でしか自分の生活を成り立たせているエネルギー源についての知識を得ることが出来なかったので、やっぱり今の若い人たちには若い学生の間にきちんと科学の基礎を勉強して欲しいな、と。そして、今の若い人たちがきちんと科学の知識を勉強できるような教育システムを持った社会にしていかないとな、と思います。

高校生が原子力発電や核兵器の基礎原理である核分裂反応(核融合反応)に関して教わるのは、高校生活も最後になってから。しかも、物理を選択した一部の理系の生徒だけ。さらに、受験でほとんど出題されないため(あと、現象の理解に関わる肝心な部分が高校物理の範囲を超えるため)、必ずしも重点的に教えられているとは言い難い現状があるようです。あくまで、自分自身が関わったことのある理系の高校生たちや、自分自身の高校時代の反省を踏まえての現状分析で、現在の高校物理教育の現場について十分な知識はありませんが、合格を至上命題にする受験産業真っ盛りの現状でその不十分さが増幅されてこそいても、補われているとは到底思えない。

基本的な原理に関してさえ、高校生の段階でこれだけの少数に絞られている。僕自身、自分一人で勉強したものの宿命として、自分が得た核分裂と核融合の原理についての知識が本当に正しい知識なのかどうか、分からないのです。それなのに、「危険か安全か」「継続か廃止か」を合理的な根拠に基づいて市民国民レベルで判断するなんて事が、いったいどうやって可能になるというのか。

「危険か安全か」「継続か廃止か」は、なんとなくの雰囲気や利害関係に基づいて簡単に態度決定ができます。けど、「なぜそう考えるのか」は、そもそもそこで事実として何が起こっているのかの適切な理解が伴わない限り、表明が不可能です。

原子力発電が危険であるとして、なぜそこまで危険なものが、既得権と利害関係に囚われた専門家の手に委ねられることになってしまったのか。その要因の一つは、原子力発電を可能にする核融合という現象を成り立たせている基本的なメカニズム(危険も安全もへったくれもない、自然現象としてのそれ)に関する基本的な知識が、そもそもの初めから多くの人たちに対して開かれたものではなかったことにもあるのではないか、と思います。

危険か安全か、賛成か反対か、その意思表示の前に、まずどんな現象が起こっているのか、それを淡々と判断できる冷静な人が今よりももっと多くなっていればよいな、と思います。そして、どのくらい先までかは分かりませんけど、原子力をいずれ廃絶するにせよその負の遺産を残さざるを得ないのであれば、将来の市民の多くがそうした冷静さを持ち合わせた人々であって欲しいと。

なので、賛成か反対か、安全か危険かを云々する前に、まず原子力について学ぶ機会知る機会を充実させて、多くの人たちが適切な知識を「常識」として身に付けられるようにするにはどうすればよいか、そこをもっと云々すべきではないか、と思います。
_________

といったところで、《C-Z》ポリスの市民たる資格はあるかな?カーパルさん、ヤチマさん、パオロさん、どうでしょう?あ、肉体人は無理でしたっけね。

・・・今日のBGM・・・
 ルカ/栗コーダーカルテット


2012/01/25 02:57 Wed | edit? | trackback(0) | comment(4)


Comment

そういえば、一部の理系学生でしたけど、今議論されていることがさっぱりわかりません(単なる勉強不足か・・・汗)。判断をゆだねるにしても、どのポイントでどこまで委ねるのか明確でないとな、と。それすら成り立っていない現状で放映されている云々は違和感だらけです。
肉体ありきの現でどれだけできるものか?足掻けるか?笑。とにかくやってみます。
あやめ URL #- | 2012.01.26 13:23 | edit?
今はたまたま原子力発電に注意が向きがちだけど、クローン技術、遺伝子工学、人工知能、数え上げればきりがない。

全部は無理だけど、ちょっとずつ出来るところから勉強しようと思います。

それと、勧めたことあるかもしれませんが、あやめさんにはイーガンはお勧めです。『祈りの海』所収の「ぼくになることを」「イェユーカ」か、『ひとりっ子』所収の「オラクル」が、ストーリー的に入りやすかったです。

ぜひどうぞ。
Iz URL #Fdlxjvt6 | 2012.01.27 00:20 | edit?
ありがとうございます。今しがた開館したばかりの図書館で、先述のイーガン「プランク・ダイヴ」借りてきたところです。
お勧めのストーリーも読んでみます。
あやめ URL #- | 2012.01.27 14:14 | edit?
> ありがとうございます。今しがた開館したばかりの図書館で、先述のイーガン「プランク・ダイヴ」借りてきたところです。
> お勧めのストーリーも読んでみます。

僕はこの人の作品を読んで、理科Iで止まったままだった高校物理・化学をやり直そうと決意しました。困ったことよりも楽しいことでさえあってくれれば、きっかけは別に何でも良かったのかもなぁ。
Iz URL #- | 2012.01.28 02:10 | edit?

Comment?





Trackback

URL : http://geophil.blog84.fc2.com/tb.php/1971-52e6cde9





Recent Entries

prev< 2017.10 >next
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Comments

Recent Trackback

Links

Profile

geophile
フリーランスの地理学者です。ひとり家庭教師派遣業のほか、NPOやコミュニティビジネスをターゲットに、ひとり人材派遣業もやってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。