アクセス解析
Cuatro Dragons
FC2Blog  Admin  Rss1.0 



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- -- | edit?



つらつら

category: ◆diary

大阪人権博物館の共催写真展「屠場」を、会期最終日に見に行く。当然白黒写真、なんだけど、カラーで見てみたいという気がするのと、自分の強度は果たして屠場のカラー写真に堪えられるのか不安なのと、いろいろ。もちろん、家に帰って牛を食べたくなったけど、今日は緊縮財政のため節制。これから牛を口にするときは、時々あの写真の光景を思い出しつつ、それも「美味しい」の一部として味わっていこうと思う。常設展の方も久しぶりに覗いたけど、いかにも「人権」を想起させるような安直なテーマばかりではなくて、ずいぶんと地元である大阪にスポットが当たっており、なかなか秀逸に感じました。「人権」などと構えるのではなくて、足元を良く知ることからまずは始めてみませんか?という問いかけなのかな、と。

_________

ちょくちょくと時間を見つけてはリコーダーの練習に励んでます。何のための練習というわけではなく、単に吹きたい曲が耽るようになるためだけに。鞴座、栗コーダー、あとはFFシリーズやサガシリーズのゲームミュージックなど。今練習中なのは、FF6の「決戦」と「ゴゴのテーマ」、鞴座の「空中歩行機械」と「デラシネの詩」。「決戦」は原曲に合わせてこれくらいのテンポでこなせるところまで到達できたらいいなぁ。ちなみに、僕はソプラノでやってるんですけど、映像見て試してみるに、アルトかソプラニーノの方が音域も運指も適してるかも…。

ある程度こなせるようになったら、サガ・フロンティアの「Zufall」と「Ovation」、栗コーダーの「歩く人」なんかも挑戦してみたい。

_________

最近、心斎橋辺りをうろうろしていて気がついたのですけど、南船場○丁目辺りに、「南船場○丁目」という町丁目表示板(辻の壁面に縦書きで書いてある住居表示ね)のすぐ近くに、一回り小さくて同じ色・文字で「(通称)北心斎橋」と書いてあるんですね。あれ、なんなんでしょう。わざわざ公的に設置されている住居表示と同じ様式で作ってあるのが、とても気になります。

で、気になるので調べてみたら、やっぱり見つかるもんですね。ささやかな謎を調べて解明する労力に関しちゃ、一昔前とは比べものにならない。

調べることの身体的な労苦と表裏一体の「快楽」と「達成感」を体感しにくくなってるだけに、せめて最初に「(通称)北心斎橋」をこの目で見たときの「?」のクオリアだけは大事に身体感覚として記憶しておきたいところです。

・・・今日のBGM・・・
 No Woman No Cry/Bob Marley
スポンサーサイト

2011/08/29 03:02 Mon | edit? | trackback(0) | comment(2)



書き手の言うのとは違う意味で感謝する

category: ◆geography

http://news.goo.ne.jp/article/insightnow/bizskills/insightnow-6734.html

ストンと腑に落ちた議論でした。

かつ、地名が固有名であるということと、固有名にまとわりつきがちなある種の「ファン心理」やそれの肥大化したものとしての政治の問題、などなどをストンと腑に落とすための処方箋の目処がなかなか立たず、個人的に悶々としていたところに、一つのきっかけを与えてくれたような気もします。

地名を政治的なものと結びつける議論は数多あるものの、そのどれもが何かちょっと物足りないなと思っていたのですが、その理由がちょっと分かりかけたかもしれない。

つまり、地名が政治的なものと結びつくということを純粋にコトバと理論で表現する(つまり、哲学する)には、地名の側からは「地名が(いかなる意味で)固有名である(のか」ということと、政治的なものの側からは「ファン心理や恋愛感情は(なぜ)まず固有名に結びつく(のか)、あるいはそれらの対象の名前は(なぜ)必然的に固有名化する(かに見えるのか)」ということをそれぞれ地名と政治の間に飛び石として挟んでやらないと、何やら唐突にマジメな社会思想的議論以上の印象を残さない空論になるのではないか。これが、先に書いた「分かりかけたその理由」を本当に分かるための、今までよりはマシな「問いの立て方」なのだろうと思います。

この考えと、(うろ覚えですが岩波の)哲学事典に記されていた「哲学には一般名としての哲学と固有名としての哲学とがある」という記述とを合わせて考えると、なぜ西洋の哲学が地理学的な問題をここまで蔑ろにしてきたのか、という不自然なまでに誰も問わなかった問題が、また同じフィールドで問題に出来るんじゃないか。前世紀末、ソジャやハーヴェイといった地理学の論客が、社会科学がいかに空間の問題を軽視してきたか(いかに「非-空間的(aspatial)」か)を強調しつつ英語圏社会科学に台頭し始めたちょっと後くらいに、ジョン・アグニューというアメリカの地味な政治地理学者が、そのプロパガンダをもじりつつ、「従来の社会諸科学は彼らが指摘する如く『非空間的』なのではなくて、むしろ『過剰に空間的』なのだ」という趣旨のことを書いていた。いや、おっしゃる通り、とそれを読んだ当時は思ったけど、社会諸科学なんて枝葉みたいなもんで、その謂わば生みの親である哲学そのものが、その実践において固有名と無関係でいられないことが、そもそもの発端なんではないか。(ここでは、哲学と固有名の間に、九鬼周三の『驚きと偶然の哲学』やウィトゲンシュタインの『私的言語』に関する哲学を挟んでみてはどうだろうか。あれ、そういえば、ウィトゲンシュタインも「偶然性について」考えを書き残していたのではなかったかな…?さらに、自閉的アスペルガー的性向と(固有名指向性/嗜好性の強い)オタク的/マニア的な世界との、なんとはなしの親密さとか考えると…さらにそれを人類=脳の進化の必然的な方向として見るとすれば…。この辺はただの感覚論ですが。

何となくそんな予感もしていたけど、僕が解決を見たいと私的に思っている問題は、無理してガリガリやらなくても、こんな感じで世の中の方が先に解決してくれるのかもしれません。もちろん、ここに表現した、(表題の)「感謝」の方は、いわば+αの方だ、という意識でないとだめだろな。でないと、たぶん、欲するもんは与えてもらえない、という予感もします。

果報は感謝しつつ寝て待て、と。

もちろん、世の中の方が先に答えを出してしまった後にも、その問いを実際に自分で解く楽しみ、というのは残されているものです。ピタゴラスの定理の証明を自力で考えついたときのように。(もっとも、解く楽しみが独立しているからこそ、それだけを楽しむなら答えは先に分かっている方が存分に没頭できるのかもしれないですけど)。

・・・今日のBGM・・・
 てんきあめ/スーパーゼリー

2011/08/24 00:49 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



盆のちょっと後

category: ◆diary

伊良部、松田とちょっと凹むようなヒーロー(僕は応援していたチームが違うので、天敵と言うべき人々だけど)の訃報があって、その後さらに、以前一緒に野球やったことのあるちょっとした知り合いの訃報を耳にして、そんで釜ヶ崎のお盆、夏祭り。たとえ家族じゃない人でも、人を偲びたい、偲ばずには入られないときってのはある。そう思えば、家族繋がりではなくても世間がしんみりしている機会に混じって偲ぶ機会と場所があるというのは有り難い。

別に何処で偲んでもいいんだろうけど、なぜか釜ヶ崎の三角公園には、「まあええからおいでや」みたいなふんわりした空気がたたずんでいる。もっとも、そういう優しい空気にやられすぎて歳不相応に偲ばれる身になってしまった方も多いのには違いない(僕が偲んだ人の内にもそんな人がいる)。

この一年、音楽の楽しみ方が劇的に変わった。音楽でもジャンル問わず地産地消ってありえるんだな、と。それでもやっぱり、昔から聞いているセロファンの唄を流すと、そこはいつでもどこでも「僕の庵」になるんだよなぁ。この感覚は変わらない。

もっとも、セロファンもよくよく考えたら関西出身のバンドなんだけど。

「どんな音楽が好きですか」と聞かれて「大阪(あるいは別の地名でも。)でやってる人はわりと好きです」と応えて、それが意味をなすような世の中、というのを妄想する。地名が「東京」だったら…と考えて、その時には二重の意味が込められるよなぁ、と思ってハッとする(その後、「大阪」だって東京以外から見たら似たようなもんなんかも、と思って、さらにハッとする)。

僕にとっての東京ってのは、あくまで隅田川の東、なんだよなぁ。山の手で東京を感じるのは、ちょっと住んでた渋谷の裏町ぐらい(富ヶ谷あたり。母さんの好きだった煎餅屋、まだあるかな?)。

盆に東京の実家に帰る理由があるとしたら、あの空気、だなぁ。

・・・今日のBGM・・・
 残像/セロファン

2011/08/19 20:27 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



お盆のちょっと前

category: ◆diary



たとえそれが応援しているチームの仇のような選手であっても、突然いなくなったらこんなに寂しい気分になるものなのかと子供心に思ったのは、広島カープの津田恒美投手が亡くなった時だったな。

冷たいビールが旨くない。温いビールはなおやるせない。そんな晩になりそ。

・・・今日のBGM・・・
 犬と兵士/Clingon

2011/08/04 20:41 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)






Recent Entries

prev< 2011.08 >next
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Comments

Recent Trackback

Links

Profile

geophile
フリーランスの地理学者です。ひとり家庭教師派遣業のほか、NPOやコミュニティビジネスをターゲットに、ひとり人材派遣業もやってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。