アクセス解析
Cuatro Dragons
FC2Blog  Admin  Rss1.0 



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- -- | edit?



シラフの帰路

category: ◆diary

昨日は絶対に酒を抜くと宣言しながら、店を出た後、玉出の串焼屋に。「意志薄弱!」と言われそうだが、どっこい酒は飲まずに串焼きや焼き野菜だけで店を出た。

美味しい物って、酒抜きでも全く多幸感が薄れないんだなぁと実感。帰り道、いつも酔っ払って通る阪神高速の下道は、シラフの昨日もいつもと変わらない風景でした。

勢いづいて河童本舗にてラーメン替え玉までしてしまったのはご愛敬。どうも、酒のペースを気にしないでいい分だけ、食べるペースが上がってしまうようです。

僕は酒辞めたら絶対に太るな、と思いました。

・・・今日のBGM・・・
 Sound in the glow/礒部正文
スポンサーサイト

2011/01/26 13:39 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



部落解放

category: ◆diary

部落の解放
部落からの解放

さて、どっちだろう。

・・・今日のBGM・・・
 私とねぎやとレモンチューハイ/エムサイズ

2011/01/25 23:08 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



金黒羽白

category: ◆diary

大正橋付近にやってきたハジロの群れ、今年はホシハジロに一つがいだけキンクロハジロが混じってた。
真夜中でも白黒のコントラストは鮮やかで、すぐにホシハジロではないなと分かる。

大阪で見かけるのは久しぶり。京都の時にはよく冷泉通り沿い辺りの琵琶湖疎水の貯水池で見かけたな。

鴨って、異種で群れるのが、なんとなく面白い。

・・・今日のBGM・・・
 ケトルのマーチ/鞴座

2011/01/24 23:28 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



世界は広くない

category: ◆diary

いや、別に狭いと言いたいわけではない。

むしろ、世界は深い、とでも言いたい。

最近、イーガンの『ディアスポラ』のエンディングが妙に好きだ。世界の広さを果ての果てまで追い求めて、最後、ヤチマは深い深いところに落ちていった。というより、戻っていった。

世界の広さを知っている人よりも、世界の深さを知っている人の方が、魅力的だな、と思う。そういう人にはかける言葉が見あたらない。こちらの深みからあちらの深みまで、間を隔てる壁を越えてくれる言葉など早々に見つかるもんじゃない、という気がするくらい、向こう側の深みにいる人。

でも、向こう側の深みにいる人に会って、向こう側に深さがあることを知り、それを以て「世界は広い」と表現するのであれば、それはそれで適切な表現だとは思う。

ただ、「お前はいつその広さを俯瞰することもなく知り得たのだね?」と反問したくはなるけど。

____________

世界の広さの実感は、勘違いでありうる。けど世界の深さの実感を勘違いすることは出来ない。

・・・今日のBGM・・・
 Canivalnnya(カニバルンニャ)/鞴座

2011/01/14 01:04 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



サブイベントとしての哲学

category: ◆essay

深夜に精神が現実逃避したくなったか、無性にFFIXで遊び直したくなった。(もちろん、大人社会人の分別があるのでやりません)。

FFIXは、最初あんまし好きでなかった(アルティマニア=ガイドブック無しでやったんで、今ひとつ世界を深いところまで覗けなかった)。でも、去年だったか一昨年だったか、久しぶりにリプレイしてみて、こりゃ秀逸だなぁ、と思った。VIIよりも、良いよなあ。

何がというと、世界観とその背景をなしている生死観。それと、サブイベントがあってそれぞれのキャラの世界が立体的に感じ取れるようになっているのも、いい。(最初遊んだときは全てのサブイベントを見られる順番を知らなかったんで、もう一つに感じられたのでしょう、きっと。)

FFVIIIからの流れでもあるけど、ゲームマップ中に作品で全く語れれることない地名(自然地形名)がちりばめられてるのもいい。

ロマサガ2やサガフロもずいぶん哲学の種や着火剤にさせてもらったけど、この作品にも世話になったな。

と、考えたところでふと思考がメタに走って、まあ哲学なんて往々にしてこういうどうでもいい思いつきから始まるもんだけど、それ自体この生にとっちゃサブイベント以外の何もんでもないよな、ということに気付く。

別にクリアすることにとって何の意味もないんだけど、ちょっと世界が深く広くなった気はする。ただ、世界を深く広くしなければクリア出来ないなんてことがあるわけでもない。

もうちょっと、ちゃんと時間割いてサブイベントこなせるようにしたいなぁ。目先のことだけで目一杯な生活だけど、世界は目先の目一杯で尽きているわけではないんだろうし。もしかしたら、目先の目一杯、ゲームクリアするということ自体がサブイベントやミニゲームみたいなものかも知れない、という想像力を持っておくことは、精神衛生上も悪いことではないしなぁ。

…。

このゲームクリアするためには、寝ないといかんので、そろそろサブイベント終わり。落ちます。

・・・今日のBGM・・・ 
 歩く人/栗コーダーカルテット

2011/01/13 02:36 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)



ボーズ考

category: ◆works

スタッフが居なくて一人の営業で坊主だったときはたえられるんだけど(一人でゆっくりやるべきことはいくらでもあるので)、スタッフが他にも居てかつ坊主だったときはどうにも耐え難い(やるべきことはいくらでもある、にもかかわらず)。

不思議なことに、孤独を共有する同士がいる時の方が、たった一人でいるよりも耐え難い孤独を感じてしまうようだ。

鞴座、いいなぁ。心に染みる。

・・・今日のBGM・・・
 しじみ蝶の踊り/鞴座

2011/01/09 23:55 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



箸にも棒にも

category: ◆diary

ダマされるほど愚かでないけど、ダマされた振りできるほど賢くもない。

愚かになるのは無理だから、賢くなるしかないよなぁ。

ダマされたと思って乗っかってみて、そこから何かを得られるのは、ダマされた振りが出来る人だけなのだ。

賢くならなきゃ。そのために、思い切ってバカになる覚悟がいることもある。

一度下手にならないと上手くならないことだってある、ということに初めて気がついたのは、そういえば、スピンサーブが打てるようになった時だったな。

難しいんだよな。下手になるのは。自尊心とか棚卸ししなきゃなんないから。そんで、下手になってでも上手くならないといけない状況って、たいてい切羽詰まってるから、どっちかというと自尊心にしがみつきたい気分が強かったりするもんな。

以上、言葉に言葉を喋らせてみた。独り言ならぬ無人言。

・・・今日のBGM・・・
 パンが焼けるまで/鞴座

2011/01/05 22:36 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



ツボダイのお年玉

category: ◆diary

晦日に買ったツボダイの醤油干しを、二日に焼いて食べた。

おお、なるほど、一夜干しにもそういう手があったのか、と一口。
それにしても脂の旨い白身やなぁ、最高やなぁ、と二口。
早瀬浦の山廃純米冴えるなぁ、と三口。
他に白身のもん無かったかいなぁ、と四口
そうそう、造りの残りでヘチってきたヤガラがあったっけ、と五口。
あれ、まてよ、ヤガラの身も造りに回らん分干せば良かったんじゃないか、と最後の一口。

ヤガラの頭を干して遊ぶことばっかり考えてて、身を干して食すことを考えつかなかった。本末転倒。

あの身質だ、きっと旨いに違いない…と思ったら、実際にございました。さながら干物魚類図鑑のようなサイトです。マトウダイも気になるなぁ。

次のヤガラは干してみよ~。小振りならお値段もお手頃だし。ツボダイちゃん、美味しいヒントをどうもありがとうございました。

ちなみに、市場ではツボダイですが、標準和名は「クサカリツボダイ」という名前の魚であることがほとんど。冷魚や大手チェーンでは最近の風潮に従って「クサカリツボダイ」と記載されてることも多いです。見つけたら是非食べてみて下さいね。

・・・今日のBGM・・・
 符思議なチャイム/礒部正文

2011/01/03 23:07 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



家事労働という名のビジネス

category: ◆diary

元旦、この時刻には起きて掃除を始めるぞ!と思っていたよりもずいぶん早くに目が覚めて、掃除が始まるはずの時間には掃除が終わってしまった。おかげで会計作業も前倒し。予定より早く今日の内に入力が終わりました。あとは源泉徴収票届くのを待つだけ。

今やっておかないと、3月にやる暇は絶対になさそうだから(この二ヶ月の仕事ぶりに鑑みて)。一年の計は元旦にありとはよく言ったもの。弥生ではないのですよ、一年の計は。この時期に終わっておかないと。

ホームページ編集したり、引っ越しに向けてものを減らしたり…などなど、やらなきゃいけないことは山積み。

休日自宅でプライベートな時間を過ごしているというよりは、家事労働そのものがビジネス化して、その残業に追われているような感覚。元旦も相変わらず事務所で寝ている感覚だ(毎年上がる家賃の事務所占有率、今年はさらに上げて申告する予定)。

言い替えれば、相変わらず、休日は無い。ただ、「休日の無さ」具合は、昨年の前後半でずいぶん質を変えたけど。

休み方の方が大きな課題になるような生活は生まれて初めて。いくら歳を重ねても学ぶべきことが無くならないとは、なんと有り難いことか。

・・・今日のBGM・・・
 サムシングオブミュージック/風博士

2011/01/02 17:16 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)






Recent Entries

prev< 2011.01 >next
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Comments

Recent Trackback

Links

Profile

geophile
フリーランスの地理学者です。ひとり家庭教師派遣業のほか、NPOやコミュニティビジネスをターゲットに、ひとり人材派遣業もやってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。