アクセス解析
Cuatro Dragons
FC2Blog  Admin  Rss1.0 



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- -- | edit?



TAP

category: ◆diary

イーガンの「TAP」を読んでて、「貸金庫」以来、風景論と場所論の根本にかかわる問題を連想した。

風景と地図とがどっちも地理学の対象であるということが、「事実」として成立していること。これが、一つ問題を見えにくくしている装置として働いているように思います。

その装置によって、誰がどのような恩恵を被り、誰がどのような不利益を余儀なくされているのかにも関心がなくはない。けど、目下、考えたい問題が見えにくく、かつ、それを人と共有するのに苦労するという不利益を、僕が被っているのは間違いない。

なので、僕が考えてみたい問題を分かって下さる人の存在は有り難い。学者だろうが子どもだろうがミュージシャンだろうが料理人だろうが、関係ない。

僕にしてみれば地理学の問題を共有している人だけが地理学者だ。

・・・今日のBGM・・・
 I CAN KILL YOUR PAST/PLECTRUM

スポンサーサイト

2010/08/31 23:25 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



現場に立てよ

category: ◆football

原博実監督でええやないか、と思うのだが。「代行」の二文字はいらん。

組織が煮え切らんから、外様でないと殿様がつとまらない。外様しか殿様がつとまらない状況がある一方で、それとは無関係に組織が存続できるから、一向に殿様の器が育たない。そういう状況だということがいい加減見透かされてもいいくらいには、日本は国際的に名は売れているのではないかいな。少なくとも仕事場なんだから、それなりに力のある人々には、そのくらいのことは見透かされてるはずなんじゃないか。

これはと思う人を交渉で動かしたかったら、原さんが日本代表で実践した上で「この国の代表は監督しがいのある国だ」と意中の人に思わせるくらいでないといかんのじゃないか。本当に面白い日本代表を実現できるのが自分自身の手によってではないという核心が原さんにあるのだとしても、それならそれでよりすぐれた人物を招聘するのは、その後でもいいじゃないか。

なし崩し、ではなくて「俺がやる!」という意思表明と、それを尊重した真っ当なオファーを、それぞれ原さんと協会に期待したいなぁ。

・・・今日のBGM・・・
 Let it be/The Beatles

2010/08/24 23:45 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



インディアンポーカー

category: ◆diary

人生は、インディアンポーカーの戦後処理みたいなところがある。しかもものすごく悠長な戦後処理。物心ついた頃には、周りの人たちが自分の顔をどのように見ていたのかを、鏡を通じて知ることになる。

そして、そこから後は、その事実と(お互いに)どう向き合うかということで、個々の人生の質は大きく変わる。たった一回のゲームで一晩延々酒煽りながら語り尽くすかのような、悠長さ且つ冗長さ。

自分の顔がどうであるかが自分の人生を大きく左右したというのもまた一理。されど、人生を左右するほどでもない顔もまたあって、その人からしたら、結局顔が全てというのは人生に対してあまりに説明力に乏しい見解ではある。けど、しかし、「顔が人生を決めるか否か」という問いに関する感覚的な解は、間違いなくその人の顔がどうであるか(ということをその人がいかに適切に評価しているか)によって、汚染されている。

そのことを見極められるか否か。「何を美しいと思うのかなんて人それぞれだ」なんて相対主義に安住するべからず。相対主義は普遍的ではない。相対主義が魅力的な真理に見えるのはいつだって煮え切らない人間に対してだけなのだ。

…。

もうちょっと、この勝ち負けはっきりしすぎた美人ゲームの土俵から足を外す勇気が欲しいよな、と思う。自分に対して。全く自分勝手な観点から。勝負を争ってるいずれかに本気で肩入れして、しかもその相手にも敬意を失わない、という関わり方があまりに難儀なのである、このゲームは。気付くのが遅すぎたなぁ。いや、中途半端じゃない遅さだったのが幸いしたかもな。

人間は容姿が(全てではないにしても)ほとんどだ。そのことを徹底して理解している人にだけ、本当に「容姿ではない」世界が開ける。

_________________________

人の容姿は一つの場所。そして人名は一つの地名でもある。数学の証明にさえ顔がある。それなら、もはやこのゲームから逃れる術は…。

…。

無いとは言い切りたくないよなぁ。

・・・今日のBGM・・・
 遅刻をしよう/カステラ

2010/08/24 02:28 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



すり減る知性

category: ◆diary

ギュスターヴ13世の格言で、知性とは物事を正しく判断する力のことであるという。

最近、物事を適切に判断できていないと思うことが増えた。知性が無くなりつつあるようだ。

でも、そのことに気がついただけ、気がつかない状態よりはましなのではないか。知性が欠けているという状況を適切に判断できているのだとしたら。

そう考えたら、僕らの世界のソクラテスとかいう哲学者と似たようなことを言っているような気もする。サンダイルの世界にも、きっとソクラテスみたいな人が昔いたのに違いない。案外シルマール、ルナストルの師匠筋だったりするのかもな。

ある人の知性の欠如を最も適切に認識することが出来るのは、やっぱり当人だけなのではないかという考えが捨てきれない。けど、自分の知性の欠如を適切に認識するには、他人による批判への再批判という形をとるより他はないようにも思われる。だからこそ、願わくば、自ら知性の欠如に気付くより前に他人にそれを指摘されることを有り難いと思えるような感性を、常に発揮できる人間でありたいな。

知性が無くなる一方なのであれば、せめてその程度はなんとか。

・・・今日のBGM・・・
 夜を駆ける/スピッツ

2010/08/17 23:46 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



詩情なき夏

category: ◆diary

軽い熱中症みたいで頭痛いです。もうここまで暑いと風情も詩情もへったくれもないですね。

でも、まあ、そういう夏にだって何か風情を感じるような感性というのはありうるんだろうけど。

そういう感性を持てるかどうかで残り反省の夏の過ごし方の質は大きく変わってくるのに違いない。

・・・今日のBGM・・・
 夏の思い出/ゲントウキ

2010/08/16 21:42 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



やり込み禁止!

category: ◆diary

テニスに行くつもりだったけど、スクールは盆休みでした。ぽっかり空いた時間に魔が差して、ついついサガフロ2に手が伸びた。

グリューゲルのBGMはのどかで癒される。ウィルもナルセスもタイラーもみんな格好良すぎて困ります。

でも、今回はクリアデータから始めたので、技や術の閃きと修得には時間をかける必要がありません。そのせいか、ゲームが(適度に?)楽しくない。電球が光らないサガ・シリーズなんてねぇ。魅力激減。でも、開発者さんに2周目でないと閃かない技とか設定されちゃったりしたら、そりゃもう社会性を失って何処までも落ちていきそうな気さえします。だから、これでいいんです。

それくらい、あの電球は危険。

そう考えたら、二周目で技と術が全て出そろった状態で始めるというのは、やり込み防止策としてはなかなか良いやり方かも。新しい仕事が始まった今、社会性を失うと大変困りますから。

・・・今日のBGM・・・
 ボーイフレンド/セロファン

2010/08/14 23:04 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



空白の一時間

category: ◆diary

昨日は久しぶりに疲れた体で煽るように酒を飲み続けました。

みんなとお別れをしてから眠りに就くまでの記憶があまりありません。起きてみたら覚えのない下着と寝巻きでした。

一人、大正橋の上で、下手なリコーダーを吹いた覚えだけは何となくある。不思議と頭痛はありません。幸い記憶とともに酒も残らなかったようで。

・・・今日のBGM・・・
 カントリーロード/栗コーダーカルテット

2010/08/13 10:34 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



耳をすませば

category: ◆diary

高校テニス部の合宿から帰ってきました。一度東京に戻って後輩OBと軽く打ち上げて、実家に一泊した後、良心に六本木で天ぷらを馳走になって、新幹線に帰阪。その足ですぐに西天満チルコロさんに寄りました。

昔は、関西に帰ってきてからもしばらく感慨に耽って山の中の非日常で得た有象無象を消化する日々を送っていましたが、今ではもうすぐに仕事が始まると言うこともあって、そんなゆとりもすっかり無くなってしまいました。でも、部屋を片付けたり、自転車で風に吹かれたり、ツクツクボウシの声を聞いたりなどすると、ふと過去の残映みたいなものが第六感に語りかけてきたりします。今でも。

本気の人たちが集まる場所。本気の人たちが集まるのでなければ決して現実化しない場所。そして、それが尊く感じられるからこそ、また帰ってきたいと思える場所。そんなところです。小諸、山中湖、伊豆天城と、地名こそ変わってもその場所の本質は変わらない。

帰りの新幹線、「カントリーロード」が鳴り響いてやみませんでした。チルコロさんとこにあった「ウクレレジブリ」につい手が伸びて、お借りしてしまいました。

…。

あまり感慨に浸る余裕はありません。新しい場所で新しい人たちとまた本気で一生懸命にやっていこうと思います。

・・・今日のBGM・・・
 Take Me Home, Country Roads/John Denver

2010/08/11 13:29 Wed | edit? | trackback(0) | comment(4)



水道管破裂

category: ◆diary

トイレの水道管が、前々から少し破れてはいたのだけど、この日ついに決定的に破れて水漏れが止まらなくなった。

何も、数日間家空ける前日に破れなくても…。

おかげで、旅行の準備も終わってないのに、ペットボトルと靴べらで導線作って漏れた水を便器に流れるように突貫工事させられる羽目に。

貴重な睡眠時間が2時間も無駄になったぜ、全く。

で、ベランダのポトスには、逆に水が涸れないように、水を満タンにしたペットボトルに穴を空けて差し込んでおく。

トイレの水漏れの下に置けばよいのに、とも思うのだが、日当たりがなぁ。

・・・今日のBGM・・・
 ビュリフォー/タマコウォルズ
 

2010/08/05 01:03 Thu | edit? | trackback(0) | comment(2)






Recent Entries

prev< 2010.08 >next
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Comments

Recent Trackback

Links

Profile

geophile
フリーランスの地理学者です。ひとり家庭教師派遣業のほか、NPOやコミュニティビジネスをターゲットに、ひとり人材派遣業もやってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。