アクセス解析
Cuatro Dragons
FC2Blog  Admin  Rss1.0 



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- -- | edit?



松尾さま

category: ◆diary

今年もお世話になりました。

今から来年の初詣に出かけます。

・・・今年のBGM・・・
 ブルーバード/LOST IN TIME
 Nil?/10-FEET
 Merry Christmas/BUMP OF CHICKEN
スポンサーサイト

2009/12/31 23:31 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)



ウェルカムバックシンゴ!!!

category: ◆football

2002年だったかな、夏の鹿島戦の前半終了間際あなたがたたき込んだ左足での同点FK、忘れていませんよ~~。それと、去年秋頃のえげつないぶれ球FKもね。

テッシー引退して天皇杯メンバーはカクと平井だけになってしまったとこに、なんとも心強い選手が戻ってきてくれた。

郭泰輝、ドゥトラ、チエゴとぼちぼち補強も進んでいるようで安心。ドゥトラは結構すごい大物のタマゴらしい。それだけに長く居着いてはくれなさそうだけど、楽しみではある。

あとは、勇人の穴だけ。片岡来てくれるかな・・・。

・・・今日のBGM・・・
 感情/ザ・カスタネッツ

2009/12/29 03:20 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



なし崩し的に新年

category: ◆diary

今年は31日まで対他的な用事が入っていまして、24時間自分の好きなように使える日というのが、正月三ヶ日しかなさそうです。

24時間自分の好きなように使える日を使って、請負の仕事(パソコン仕事と調理の仕事)やらないといけないんで、結局本当に自由な時間ってのはほとんどなさそうです。残念。

ただ、雇われのお仕事に関しては終わるのが早く(26日)始まるのが遅い(6日)ので、スケジュール的な厳しさは少なそうです。

のんべんだらりと年が変わって気が付いたら年度末になってるんでしょうね。

毎年のことのような気もします。

論文一本、リリースしました。物理のお勉強と歌枕研究のお勉強をちょろちょろやりながら、そろそろ次の論文書き始めないと。

・・・今日のBGM・・・
 And Hug/10-FEET

2009/12/27 22:26 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



片野の桜と墨廼江と

category: ◆drink

日本酒を嗜むようになって5、6年くらい、家庭教師で古典など教えるようになってから2年ほどになるのですが、ときどきその二つの世界がふと繋がって妙に愉快になる瞬間というのがポツポツと出だしました。

片野の御野はドンピシャ歌枕ですし、墨廼江も住吉社つながりってことで間接的に歌枕とリンクしてる(墨廼江は宮城の地酒ですが、蔵の近くの水の神様=墨廼江神社に由来があるそうです。水の神様=墨廼江神社ということは住吉さんが大元ってこと)。

特に今年に入って片野桜は個人的に大当たりな出逢いのお酒で、ホント気に入ってよく飲んでます(嬉しいことにcocoroomのお客様でも「これが今までの中で一番いい」と気に入ってくださった方もいます)。けど、僕個人のことを言うと、京阪の支線の片田舎ってイメージしかなかった交野が、頭の中で「歌枕」って概念を介して百人一首や酒と繋がったっていう、ちょっとした記号同士の出逢いの妙=縁が、嗜好に大きく影響してます。

俊成なんて、百人一首の厭世的な歌しか知らなかったんで、なんか暗いよなぁってイメージしかなかったんだけど、「花の雪散る春の曙」なんて歌も読める人だったんですねぇ。で、教え子くんの古典の教科書にもちゃんと載ってたりするんだな、この歌。さすが百人一首の生みの親の生みの親です。そんな感じで、酒との出逢いが交野のイメージも俊成のイメージも一気に陰陽反転させてしまった感すらあります。

歌枕ってのも面白い題材だよねぇ。地名論的には。

片野の御野に降る花の雪、神の岡に降り注ぐニュートリノ、どちらからも等しくロマンと刺激を受け取れる知性と知的体力を持ち合わせていたいもんです。

・・・今日のBGM・・・
 メッセージ/JUN SKY WALKER(S)

2009/12/26 23:58 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



演算の妙味

category: ◆diary

物理のお勉強。最近、このネタが多いですが。

理屈で考えずに、とりあえず計算に委ねてみる、という感覚に、ようやく慣れてきた。

大人になるというのは、ある意味で窮屈なことではある。個人の中で理屈と感覚が相互に支えあっていて、しかもそれが個人を越える世の中や社会にある程度承認されているという無意識の自負まで少なからずあるものだから、感覚が「待った」をかけるものに対して、素直に脳みそが開いていかないことがある。

まあ、要するに差別とか排除とかいう社会現象を根元で生産している装置=からくりと、同じ構造である。つまり、バカの壁という名のコミュニケーション不全。

計算とか演算処理なんてバカの壁を容易に作ることの出来るネタとしては最たるもの。文系の人間は特に、自分は苦手だ、自分には数学のような冷徹な思考法は合わない、などとつい自分自身で勝手に決め付けてしまう傾向がある。

そして、自分自身でバカの壁を壊すということは、つまり「学ぶ」ということと全く同じ意味である。

バカの壁は、自分自身で壊していくのでなければ壊れてくれることはない。誰かが壊してくれるということはありえない。誰かに壊してもらえたとしたら、それはそもそも学びの本質に関係するものではない。だから、学ぶというのは、本来的に孤独な作業である。「仲間がいれば、私も学べる」なんていうのは大ウソで、本当は仲間がいようがいるまいが勝手に独りで学べる人間だけが、同じような強さを持つ人から学びの推進力を受けとることができるという意味でしかない。

理屈や感覚には合わない演算の冷徹さは、バカの壁とそれを越える営みの孤独さの指標そのものでもある。壁のこちらで難なくこなせる演算(四則演算とか、人と会ったら挨拶するとか)に対して、人は冷徹さなど感じることはないんだから。

もうちょっとで、運動方程式のお勉強までたどり着けそうです。力学を一通り勉強したら、次は化学のモル計算を復習してから熱力学、電磁波、核反応の勉強へ。そして相対性理論、量子力学、素粒子物理学・・・。

そして、「世界と私の開闢」を軸に、独我論、地名の哲学へとまた戻ってこられたらいいなと思ってます。

・・・今日のBGM・・・
 Todd Love/Clingon

2009/12/25 23:57 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



ジョンスにも勇人にもブーイングはしたくない

category: ◆diary

心情的に、ね。今年ホントに頑張って支えてくれたもの。終盤の今ひとつなパフォーマンスはともかく。

そういや、大分戦でもフェルが出てきたとき拍手してたなぁ、僕。

センチメンタルになれるのは応援してる者の特権なんだから、選手や経営者が浸れない分も精一杯おセンチな感情を楽しまないとね。

_____________

一日中お仕事。会計やら仕込みやら請負やら。少し風邪気味でしんどかった。

・・・今日のBGM・・・
 君を想う/ザ・カスタネッツ

2009/12/23 01:58 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



第四主日はビスコッティと

category: ◆sweets

二日間、ビスコッティの試作で暮れた。

タマゴと粉と砂糖だけしか使わないので、良いタマゴを使うとビスコッティは格段に優しくて良いお味になってくれます。その代わり、フレーバーに投入した物の量が少ないと、タマゴのうま味が勝ってしまってその存在がかすむみたいで。

ほうじ茶と、キャラウェイの二種焼いたけど、どっちももっと多量に投入しても良かったようです。

美味しいのに残念な、不思議な出来合でした。

・・・今日のBGM・・・
 手抜き返し/トモフスキー

2009/12/20 17:41 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



サンカク

category: ◆musics

昨日の帰りはヘトヘトで心が折れそうなくらいに寒かった。今日も寒かったけど、昨日の疲れをきちんと癒した分、昨日よりは辛くなかったかな。

そして、見上げた夜空にサンカク。

sankaku.jpg
再投稿になった論文でボツにした図を編集した画像。これでも地理学の論文に載りかけた図です。

寒くて澄んだ空。サンカクもだけど、カペラもアルデバランも美しい夜でした。

・・・今日のBGM・・・
 サンカク/LOST IN TIME

2009/12/18 23:58 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



世界は名前と名付けだらけだ

category: ◆diary

フォトン、プロトン、ニュートロン、エレクトロン、クォーク、ニュートリノ・・・・・・

みんな、自然史の長大な時間から比すればつい先ほどと言ってよいほど間近な過去に、物理学者が予測し発見して付けた名前だ。

そして、発見されて名付けられた瞬間から、こいつらは宇宙の始まりから存在したことになる。

これだけならペレリンの森と同じだ。

ペレリンの森と違うのは、そのように名付けられなかったとしてもそれはそれとして在ったに違いない、という点だ。ペレリンは、名付けられなかったらそのようには在りえなかった。

しかし、もう一つ違うことがある。ペレリンは、名付けられなかったらそのようには在りえなかった代わりに、一度名付けられさえすればその存在自体が検証の対象とされることはない。それに対して、フォトン、プロトン、ニュートロン、エレクトロン、クォーク、ニュートリノ・・・は名付けられれば宇宙の初めから存在することになる代わりに、常に「本当にそうであるのかどうか」が検証の対象とされる(そうやって検証に耐えて生き残ることが、宇宙の初めから在ったということを裏付けるわけではないにせよ、それらは現に検証に耐えた上で宇宙の初めに存在していたと荒れている)。

フォトン、プロトン、ニュートロン、エレクトロン、クォーク、ニュートリノ・・・などは、身体感覚(とりわけ視覚)を通じた直接的な観測におよそたえないものであるが、それは、これらがみな「小さすぎるから」だ。

直接的知覚に基づく観測にたえないものは、他にも「速すぎる」「遠すぎる」などなどあるのだけど、ペレリンのように地名のつくものは、ちょうどこれらの正反対なんだな。「大きすぎる(見渡せない)」「遅すぎる(動かない)」「近すぎる(自分が内包されるので距離ゼロ)」。

「名付け」を軸にして、文系的な学問(人と社会と道徳に関わる知恵)と理系的な学問(物と宇宙と摂理に関わる知恵)をなだらかに見渡せないもんかなぁ、とか考えてます。

受験に失敗したら理転して天文学勉強したいなと思ってた高校三年生から先の、現実化しなかった分岐点の方へ、ちょっと足を踏み入れてしまったみたい。夏にイーガンと出会った影響も大きいですけど。

・・・今日のBGM・・・
 追憶のレイニーデイ/ゲントウキ

2009/12/16 23:46 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



トラブル2

category: ◆diary

今度は腰が。昼に自転車降りたときにピキッと来て、その後は綱渡りな感じ。

ゆっくり風呂入ってしっかり寝なければ。魔女の一撃が来ないように。

でも、生活や仕事のパターンとか考えると、もう時間の問題なのかもなぁ。

・・・今日のBGM・・・
 美代ちゃんの×××/レピッシュ

2009/12/15 23:13 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



トラブル

category: ◆diary

デスクトップ(IBMのWin2000)が不調のため、先週、ニューマシンを購入した。

これで仕事はかどるぞ・・・と思ったけど、設置にまつわるエトセトラで結局バタバタしていて、コンピューターにかじりつく時間は減ってない。起動時間と操作性は大幅に向上したけど。

で、HDのお引っ越しとかが完了していない内に、今度はノートの方が不調。Cドライブがパンパンにふくれあがって仕事に支障を来しだしたので、アンチウイルス一度消して不要なファイルを削って、仮想メモリをDに移動して、オフィスもDに入れ直そうと思って削除した。

そしたら。

ドライブEが臨終した。

いや、正確には、ドライブEがDVDだけ読み込まなくなった。

Office2007、入れられなくなった・・・。

不幸中の幸い、CDは読みとってくれる。先代のノートで使用していたOffice2000のCDが残ってたんで、仕事に大きな支障を来すことはなさそうです。

でもねぇ。夜中に凹むよな、こーゆーの。

いっそ、ノートも買い換えるか・・・と思って、調べてみたら、最近のノートはほとんどがワイド液晶なのね。あれ、あかんわ。美しくない。キーボードのサイズに合わせたら画面も横長にする方がスリムなのは分かるけど、やっぱり縦横比は1対ルート2でないとねぇ。で、結局めぼしい商品は全く見つかりませんでした。色もお気に入りのマシンなので、修理してでももう少し使うことになりそうです。

・・・今日のBGM・・・
 Day of the Sun/Husking Bee

2009/12/14 01:47 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



A Unique 4 Power

category: ◆musics

物理の勉強を始めて、想定外の収穫が一つ。

Husking Beeの「Cosmic Ray」の歌詞の意味が、やっと分かった。

そういう歌だったのか~。

核力、中間子、強い相互作用、質量エネルギー等価則の関係が、まだもう一つ良く理解できません。そろそろ、計算問題のトレーニングから始めないとどうしようもないレベルまで煮詰まってきた。

____________

ちなみに、昨日の答えですけど、穴子の白焼きです。メロウな香りと品の良い甘味が先に立って後味スッキリな冷酒と、白焼きの長もんとの組み合わせは、東京のウナギ屋さんで覚えて以来のお気に入りです。

・・・今日のBGM・・・
 Cosmic Ray/Husking Bee

2009/12/13 22:00 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



マリアージュというからにゃ出会いの妙だ

category: ◆diary

20091212215857
さて。

宗玄と七本槍。この二つに僕は何をアテたでしょう?

正解する人はいなくていいんです。それぞれのベストアンサーがそれぞれにとってそれぞれの時において真実。

つまり、醒めてみれば僕にだって醒める前の僕が何を良しとしたのか理解できないかもしれんのです。たとえ今の所の答えが何なのかを醒めた後の僕が記憶してたとしても。

____________

そして、このことは、お酒に酔うという経験とは無関係に、任意の個人にとっての任意の二時点間において、あまねく成り立つ真実だと僕は思ってます。だからこそ、人は他の人との間に「約束」なる取り決めを交わすわけで。

・・・今日のBGM・・・
 回送電車/レピッシュ

2009/12/12 21:58 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



脳内核分裂

category: ◆diary

深夜になってもやめられず物理のお勉強。かつて地学でも習った気のする「E=mc2」と、質量エネルギーの等価性とか、核融合・核分裂とか。

あろうことからチャート式の後ろから勉強を始めるという、なんとも不埒なやりかたですけど、高校時代だってどの教科でも自分がおもしろそうだと思ったところから読み始めて、それを理解するために何を知る必要があるのか逆算して勉強してたから、まあこれでいいのではないかと思う。

その方が、勉強するエネルギーが大量に生成するみたいだしね。

おかげで深夜なのに脳が勝手に作動中。明日仕事なのに・・・。

核が融合しても分裂してもエネルギーを放出するっていうのがよくわからなかったけど(分裂して放出するなら融合したら吸収するんじゃないの・・・?という、素人的な無知ゆえの疑問)、調べて考えたら納得できたので、今日はここまで。

2009/12/09 23:38 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



のんびり第二主日

category: ◆musics

いい天気で部屋も片づいてシュトーレン食べてたらあまりにのほほんとしすぎて、物理のお勉強する頭に切り替わらないな~。

気象衛星がずっと回り続けるのは、つまり、気象衛星がずっと地球に落ち続けているからなんだよね。

思考の堂々巡りももしかしたらある一点に向かって思考が落ち続けているプロセスなのかもね。

____________

バンプは買って聞いたことはないけど、不思議と何年かに一回、星好き心をくすぐってくれるステキな歌を歌ってくれるよな~。

・・・今日のBGM・・・
 Merry Christmas/BUMP OF CHICKEN

2009/12/06 14:46 Sun | edit? | trackback(0) | comment(2)



「唯一、過去の優勝国が2チーム入ったグループ」(パヘイラ)

category: ◆football

ワールドカップの組み合わせ抽選結果が決まったらしく、朝起きてスカパー!つけたらスリムになったオシムのおっちゃんが何やらコメントしてました。いやいや、パヘイラさん、過去の優勝国に並べていただいて光栄ですわ。気概はともかくとして、ウルグアイにもはやその実力は伴ってないから。

で、組み合わせ結果の左上に目をやると、八年前と同じような光景。ウルグアイはグループAでまたフランスと同居。なんとなく、そんな予感はあったけどな。苦手のデンマークと一緒じゃなくて良かったけど、基本規律の整ったチームは苦手なので、メキシコには苦戦するでしょうね。

B組は、韓国以外は1994年と同じ組み合わせです。

コートジボワール、スロベニア、スロバキアあたり、台風の目になるチャンスかもね。アジア各国は厳しいですねー。
とくに日本と北朝鮮は、またえらい所に放り込まれましたね。草刈り場にならなきゃいいけど・・・。日本にとっては「目標4位」がブラーフではないことを証明するにはおあつらえ向きのグループかもしれませんが。

2006年はウルグアイも出てなかったし、あまり関心のあるチームも無かったので、それほど熱を入れてみてませんでしたけど、今回は楽しみです。ウルグアイをメインに、スロバキア、ホンジュラス、アルジェリアあたりのダークホースとアフリカの三強に注目しながら楽しみたいと思います。やっぱり、アフリカ大陸で躍動するドログバ、エトオ、エッシェンの直接対決とか、見てみたいもんな。ネイションズカップではなくワールドカップで。

・・・今日のBGM・・・
 Merry X'mas/カステラ

2009/12/05 11:30 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



お星様

category: ◆diary

肉眼でよく見える星にはそれぞれに固有の名前なんかが付いてたりして、小学校でインドネシアに転校したくらいのころから、そんなカタカナの名前が付いた星を一人で探し当てるのが好きだった。もちろん今でも好きなのは好きなんだけど、結局日本の都会じゃ冬の寒い晴れた日くらいにしかよく見えないので、必然的に同じ星ばかり見ることになるもんだから、あんまり刺激がない。

ま、それでも、やっぱり冬の第三角形とかヒアデスは、いつ見ても美しいよなぁと思う。

あと、南の地平線が開けてるところで、たまたまカノープスが見えたときの感激とか。

星は、とてもとても遠いところにある。そして、明るい一等星といっても、マイナス十等以上の月や太陽と比べたら、ささやかな点に過ぎない。だから、それを指さして隣の人に教えてあげることは、なかなかに難しい。「ほら、あそこ」と言って自分がピンポントに指さすことが出来ているつもりでも、隣の人から見たら、星のある角度とおおよその方角を指しているだけにしか見えず、星が位置している細かい点を指し示せているわけではないのである。

そんなズレをすぐ隣にいる他人との間に生じてしまうせいか、どうも星を見るというのも、僕にとってはかなり私秘的な趣の強い体験の一つである。

隣の人との距離は、ある意味星よりも遠いのではないだろかなどと、隣にいる人にプレアデスやベガやアルタイルの位置を指さして教えてあげるたびに、感じたりします。

そんでもって、そんな隣の人よりはもしかしたら近いかも知れない星を頼りにするのでなかったら、人類は小縮尺の地図というものを得ることはなかったんですよね、おそらくは。で、小縮尺の地図の中で、遠かったはずの隣の人との距離は、点にまで凝縮されて無化する。

時々は分からないことをお星様に聞いてみるのもいいかもしれません。地図しか見てないと忘れてしまいがちな身体感覚というものが、そこには確かにあります。

・・・今日のBGM・・・
 星ラップ/トモフスキー

2009/12/04 23:48 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



マザーグースのワラジムシ

category: ◆diary

四年くらい前は、ワラジが三足から五足くらいでヒイコラ言ってたのが、気が付いてみたら八足にもなってるじゃないか。

「ワラジムシ君、そんなにたくさんのワラジを履いて、よくも足がもつれないもんだねぇ」と道行くアリが声をかける。

だが、既に三足程度の頃から足がもつれかけていたワラジムシ君は、そんなことで今さらもつれるような足はすでに持ち合わせていないのだった。

「もつれてないって?もつれまくってるじゃないか。よく見てくれよ。」

それ以来、アリは「足がもつれること」と「フツーに歩いていること」とを見分けることが全く出来なくなったのだった。

___________

高校物理と化学の勉強を始めようと思います。モノにアプローチする科学の最先端がどうなっているのかが知りたい。その上で、たとえばカントがニュートンを、西田が西洋哲学をどう咀嚼してたのかについて、今より少しでもリアルな手触りを得たい。でも、いきなり素粒子物理学とかの本から読み始めたって分かるもんでもないので、とりあえずはなってない基礎からってことで。

・・・今日のBGM・・・
 サンカク/LOST IN TIME

2009/12/01 23:58 Tue | edit? | trackback(0) | comment(2)






Recent Entries

prev< 2009.12 >next
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Comments

Recent Trackback

Links

Profile

geophile
フリーランスの地理学者です。ひとり家庭教師派遣業のほか、NPOやコミュニティビジネスをターゲットに、ひとり人材派遣業もやってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。