アクセス解析
Cuatro Dragons
FC2Blog  Admin  Rss1.0 



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- -- | edit?



永久欠番という日常

category: ◆football

ミランのパオロ・マルディーニの最後の試合をたまたま生中継で見ていた。

カカとパトのゴールで2-0になって、アウェーながら完全にペースを掴んで余裕持ってボール回すミラン。「マルディーニがプレーするのは残り11分」という八塚さんの実況の少し後、同じ八塚さんの声で、パラパラと席を立つフィオレンティーナのサポが目立ちだしたことが告げられる。

で、そのまま試合終了。帰らなかったフィオのサポは、スタンディング・オベーション。晴れ晴れしい顔のマルディーニ。何というか、ホントによくできた日常の中の引退風景。

そして3番は息子が継がない限りもうピッチで目にすることは出来なくなったわけなんだけど、何でしょうね、この淡々とした感じは。

昨シーズンのモリシ、名波、隆三さん、そしてその前のシーズンの秋田さんと、Jを引退する選手のセレモニー見るたびに、ウルウルっと来てしまった僕としては、爽やかに淡々と終わっていくマルディーニの最後の試合に、あっけないほど軽やかな歴史の重みと、その軽さゆえの凄みに、思わず「斬られた」感じがします。

ああいう雰囲気の試合が作れたのは、しかし、やっぱりファヴァッリ、インザーギ、ベッカム、ジーダなど、心得のあるベテランがマルディーニと一緒のピッチにいたからでもあるんだろな。みんな僕と同い年以上の人ばかり。

__________

淡々として充実した一日だったけど、マルディーニのラストを見たら、淡々と眠れない感じ。色々考えてしまうな。

海外サッカーは契約していないのだけど、なぜかこの試合だけは視聴できた。別にちょっと特別な試合だからってスカパーが無料放送を取りはからった訳ではなさそうなのだけど(「無料」の文字が番組案内のどこにも出ていない)。

なぜかこの試合を見られたことに感謝。

・・・今日のBGM・・・
 あなたのこと/トルネード竜巻
スポンサーサイト

2009/05/31 23:59 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



皮の病

category: ◆diary

「疲」は「皮」にやまいだれだけあって、やっぱり疲れると皮膚の症状が↓になるみたいで。

アトピーに吹き出物、その他諸々。

でも、虫さされは疲れとはあまり関係ないかもしれない。

・・・今日のBGM・・・
 駱駝/Clingon

2009/05/30 23:47 Sat | edit? | trackback(0) | comment(4)



名前の無い世界の夢

category: ◆essay

昔っから、「○○が夢だ」という用法においての「夢」なる言葉に、リアリティのような感覚を持ったことがない。「夢」だからリアリティなんてなくて当然と言われるかもしれないが、そういう意味なのではなくて、そこで「夢」という言葉を使いたくなる気分が全く理解できないという意味で、リアリティがないんだな。「夢」という言葉の特定の用法に対してリアリティを感じないのだ。

夢ってのは、寝てるときに見るものだ。起きてるときに夢見ることは、あんまり望ましい状況ではない。だいたい、「○○が夢だ」ってことは、それが字義通りなら、決してリアルにならないってことではないのかな。

実現されるべき理想と目標、それだけで十分だと思うんだが。

足りないとすれば、夢も見ないくらいにぐっすり熟睡するのが夢ってことくらいかな。年を追うごとに、眠った次の瞬間が目覚めの朝だったってことが無くなってきている。

時間の経過を感じているってことは、つまりは何らかの意味で覚醒して世界を対象化してるってことでもある。対象化してるってことは、名付けているということでもあり、そういう意味では寝てる世界までが名前のある世界に浸食されてるってことだ。

この先の研究のことを考えても、名前のない世界はどっかに担保しておきたい。「名前のだらけの世界」の中からだけでは、「名前だらけの世界」の手触りを深く味わうことが出来そうにない。

今日、ちょっとだけ良い眠りを体験した。久しぶりに、名前のない世界に溶けていった感じだった。この感覚を忘れないように。けどこの感覚に名前をつけて記憶することのないように。

・・・今日のBGM・・・
 ヒコウ/スネオヘア―

2009/05/29 23:59 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



他者の目

category: ◆diary

どうやって共通項を見つけるかとなると、やっぱり外にいる人から一括りにしてもらうのが手っ取り早い。

内側に属している人のだとついつい目に付く成員間の差異も、たいてい外からは見えにくい。おまけに、通常人は何かを一括りにする際、何らかの共通性・類似性をかぎ取っていることが多いから、外からの一絡げにもそれなりに理がある。

これ、地名で一括りにすることが内部の差異を抹消するプロセスと、案外同じメカニズムかもしれない。

なまえのないかいぶつになまえをつけるということ(?)

それにしても、酷い二日酔い。

・・・今日のBGM・・・
 トライアングル/LOST IN TIME

2009/05/28 12:47 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)



ノミスギ

category: ◆diary

Seven lances filled up me!

So SWEEEEEET!!!!!!!!!!

・・・今日のBGM・・・
 夜の煙突/carnation

2009/05/27 23:59 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



マグロまみれニンニクまみれ

category: ◆cookin'

夜半、漬け鮪とニンニクのたまり漬けを仕込む。

なんでこんな時間に・・・という気もするが、こんな時間にこういう展開だったからこそ、こういう仕事をやろうという勢いがつく・・・ということも、ある。

無濾過生の片野桜(誕生日プレゼントとは別に自分で買ったもの)は、開封後二週間たって、落ち着きと丸みが出て、イイカンジになってきた。明後日にはcocoroomで売れそうだ。

部屋と台所の掃除して、編集委員への返答したためて、料理の仕込みして。

怪の日を仕事で洗い流してまた明日。

・・・今日のBGM・・・
 Everybody Got to Lose/セロファン

2009/05/26 23:33 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



偲ぶ

category: ◆diary



道ばたのカタバミ
ひそり咲き終えて
思い出遠く風と渡らむ

「偲」というのはよくできた文字で、「人を思う」と書く。しかも、それは決して届くことのない人に対する思い。そうでなければ偲ぶことにならない。まさしく、<魂>に対する態度。

誕生日のプレゼントにもらった片野桜をしんみり煽る。今夜の酒はこの上なく悲しくそして旨い。

・・・今日のBGM・・・
 SING TO ME/Dr. Snuffkin

2009/05/25 23:19 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



タモリのタモリ

category: ◆cookin'

nodotamo

上はノドグロ。下はタモリ。

タモリは標準和名セトダイというお魚。

買った魚屋さんでも、市場魚類図鑑でも、ともに煮付けにして非常に美味とのことでしたが、昼網もんで鮮度良さそうだったので、生でちょっと塩して昆布出汁に浸して、即席の昆布締めにしてみました。

前に買ったコショウダイのような、独特の歯ごたえ。シャリシャリシコシコっとしてて、歯に吸い付くような。少し磯の香りがあって、旨味は抜群、大変美味な白身です。

アラもさっと炊いて首の根や頬などつついてみたけど、なるほど、煮付けにして最高という評価が分かります。ガシラやメバルを凌ぐ美味さ。

ですが、今日はノドグロがいたので、主役を譲りました。次見つけたら、迷わず煮付けですね。鮮度にもよるけど。

・・・今日のBGM・・・
 虹のレシピ/スキマスイッチ

2009/05/23 22:44 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



家事業と研究業

category: ◆diary

予定のない日の半分は自分の研究。残り半分は掃除洗濯仕込みなど。

そんなわけで、掃除も論文も滞ってます。

ま、論文の方は、合間一時間でも空くことが分かっていれば、その日の朝から気分をコントロールしながら、その一時間だけ研究上の作業できる精神状況へうまく持っていくことができるようになってきました。ここ一、二年の修行の賜。

けど、掃除はまだまだムリ。一日中空いていて、かつ次の日もゆるい予定でないとムリ。

5/11から、仕事の予定がない日が一つもない。そんな感じの日が月末29日まで続きます。

もっとも、仕事の予定のない日にやる論文や掃除も、これまた自営業者としての立派なお仕事なのですけどね。家の半分は事務所扱いだし。

・・・今日のBGM・・・
 誕生日/カステラ

2009/05/22 02:00 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



実録『21世紀少年』

category: ◆diary

大阪の街を歩けば、浦沢直樹の風刺がこれほどまで人々に伝わっていなかったのかと、愕然としてしまいます。

何かもっとひどくて質の悪い病気が感染拡大して蔓延しているのではないだろうか。

・・・今日のBGM・・・
 存在証明/Clingon

2009/05/19 11:44 Tue | edit? | trackback(0) | comment(4)



積極的無気力

category: ◆diary

何もしたくない。精確には、「何もしない」をしたくてしょうがない。再来週の週末には「それ」ができそうだ。実に楽しみである。

「何もしない」さえ出来れば、他のことは何一つ出来なくたって構わないんだがなぁ。…あれ?

・・・今日のBGM・・・
 ねるまえ/トモフスキー

2009/05/18 21:33 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



あと零つ

category: ◆diary

もう一つ、終わった。

明日からは何が待ってるかな。

0と∞は紙一重。

早く論文修正の続きがしたい。

・・・今日のBGM・・・
 ポケットの中/BO GUMBOS

2009/05/18 01:51 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



あと一つ

category: ◆diary

一つ、終わった。
明日もう一つ。

早く論文修正の続きがしたい。

・・・今日のBGM・・・
 楓/スピッツ

2009/05/16 23:18 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



アサリからアオヤギ

category: ◆cookin'

半値落ちワゴンセールのアサリを茹でてたら、一つだけアオヤギ(下)が混じっていました。

aoyagi

ちりめんじゃこの中からタコの子やカニが出てきたときのような気分。

明日のcocoroomは、煮アサリ油漬け、ハタハタ酢漬け、アカエイ湯引き酢味噌、レンコダイのポワレ、タイとガシラの兜煮、アユの燻製などなど。ガシラはフィレ取って塩してあるけど、何に使うか決めていません。あと、綱島くんのお野菜(スナップエンドウ、春キャベツ、新タマネギ)使って何か一品。

実質、今晩から5日連続で、料理の仕事。

・・・今日のBGM・・・
 いちもくさん/ゲントウキ

2009/05/13 22:59 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



頭が良いということ

category: ◆essay

頭の良さを、幾つかの要素に分解すると・・・

容量・・・知識の量、記憶
処理速度・・・短時間に処理できる問題の量
持久力・・・長時間思考する力
精確性・・・判断の精度
意外性・・・ウィット、アイロニー、ユーモアに通じる力

だいたいこんな感じになるのかな、なんてことを考えついたのは、確か高校生の時くらい。コンピュータに出会うよりも早い時期だった。たしか、古文の時間に、強弓・精兵・矢継ぎ早の説明を聞いたのがきっかけだった気がする。(矢継ぎ早は、とにかく早けりゃ精確性は全く問われない、という説明だったような記憶があり、それが妙に可笑しく感じられたのを覚えている。)

で、だいたいこの5要素くらいだよなぁと長らく思っていたのだけど、今日、もう一つあることに気が付いた。

瞬発力。なるべく短時間で最高のパフォーマンスができる状態にもっていく力。

だいたいこの5要素だよなぁと長らく思っていただけはあって、この5要素の鍛錬というのはそれなりに日頃から意識してしまうわけだけど、瞬発力は、気付かなかった。で、気付かなかっただけあって、一番鍛え方が甘い、つまり苦手な方向の能力でもある。

これまで、その瞬発力のなさを補うために、可能な限りさまざまな状況を事前に想定しておくというシミュレーション能力に頼っていたのだけど、そろそろそれだけではカバーできない領域に足を突っ込みつつあるのかなという感じがします。(B型的能力をA型的能力で補ってきた、という言い方で的を射ているかどうか。)

ま、そんだけ、シミュレーションの限界を超えるような状況に、頻繁に遭遇するようになったってことです。そして、そういう境遇と長い時間をかけてつき合っていくうちに、これまで磨いてこなかった力もまた多少は磨かれていくことでしょう。

そんでもって、そのさらに先にあるのが悟性、つまり頭の良さをこれ以上ない域にまで高めて、かつ、そのことによって頭の電源を落とすことなのかもしれません。

西行法師なんて、死の間際はそんな境地だったんではないかな、などと妄想してしまいます。まあ、生きてピンピンしているうちには決してたどり着けない境地であるには違いありません。

生きている限り、まだ今より上の境地は想像可能だもんね。これ以上は無いとしか思えないのに現に生きているとしたら、それはかなり不幸な勘違いかもしれない。

自殺する哲学者は、案外そういう境遇に囚われているのかもしれません。

・・・今日のBGM・・・
 犬と猫/中村一義

2009/05/12 15:59 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



ご褒美は夢のまた夢

category: ◆diary

最近、自分自身へのご褒美というと、外での飲食以外にあまり思いつかない。

でも、本当に一番ぜいたくなご褒美は、昼過ぎまで寝て、のんびり洗濯と掃除して、買ってきた魚捌いて、サッカー見ながら晩酌して、そんな風にのたりのたりと過ごしても、全く気が焦ることのないような、そんな日が一日。それと、仕事のことも寝食も忘れて、思索に耽っているうちに暮れてしまうような、そんな日がもう一日。

夢のような。

だったらせめて夢にでも見られたらいいのにね。

・・・。

気ぜわしいときは夢もスリリングでエキサイティングです。

そんなわけで、昨日も金縛りに遭いかけましたが、何とか睡眠時間だけは長く確保できたおかげで、多忙な一日乗り切ることができました。

寝付きがよくなるように、軽く外を走ってから寝ます。先週はラケット一回も握れなかったしなー。体が鈍ってしゃあないです。

・・・今日のBGM・・・
 鳥/LOST IN TIME

2009/05/11 23:17 Mon | edit? | trackback(0) | comment(4)



正念場

category: ◆diary

明日からA'、柳原、柳原、cocoroom、再生フォーラム、再生フォーラム、日本酒 New World、A'と、8日連続の激務が待ってます。19日は晩の家庭教師のみなので、この日がちょっとした休息地点。

腰が悲鳴を上げそうですが、だましだまし乗り切ろうと思います。

激務明けの20日の晩に、ささやかな自分へのご褒美を考えとこう。寿司か天ぷらだな。

・・・今日のBGM・・・
 会話/スネオヘアー

2009/05/10 19:41 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



アカエイの生キモ

category: ◆cookin'

一昨日、cocoroom用に買ったアカエイの切り身に、生キモが付いていた。調べてみると、生で食べられるという情報が少ないながらネットに転がっていたので、削いでごま油と塩で食べてみたのだけど、これが極上の味わい。

以前に入手したときはエイのキモを生で食べるなんて気色悪くて、火を通して食べてみたのだけど、これがえらくえぐくてくどい味だったので、今回もどうしようかと思っていたのだけど。

食べた直後はお腹こわしたりしないかどうかドキドキしてましたが、二日たっても幸いピンピンしてます。

ただ、一人で食べきれる量ではないし、一日おけばきっとアンモニア臭が出るだろうしってことで、生で食べた残りは湯通ししておいたのだけど・・・。昨日cocoroomで試してみたら、やっぱりえぐくてくどい。えぐさが出ないようにと浅めに熱を入れてみたのですが、火の通りが浅いところはやっぱり臭う。

アカエイのキモは、買ったその日のうちに生で食すべし。教訓。ただ、粘土みたいな色がなんともまずくて食欲をそそらない感じなので、万人向けではないかもな。

・・・今日のBGM・・・
 メイクアップ/ゲントウキ

2009/05/08 15:04 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



食べたい

category: ◆diary

本ミルの握りとギンポの天ぷら。

どっちも食べたことがない。食べてみたい。

6年前に大阪に越してくるまで、東京の食べ物が美味しいと思ったことがなかったけど、大阪に帰ってきて大阪の食べもんの魅力にきちんと触れてから(粉もんだけ、ではないのだ)、大阪以外の土地の食べもんのよさが、ちょっとこれまでと違ったカタチで楽しめるようになった。

京都然り、名古屋然り、東京然り。

そこが、大阪の食いもん文化の底力なんかもな。大阪の食文化の深いところが見えれば見えるほど、よその土地の食べ物の良さが見えてくる。

今でもやっぱり天下の台所は生きてると思う。

・・・今日のBGM・・・
 A HARD DAY'S NIGHT/The Beetles

2009/05/08 00:50 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



カ・ナ・シ・バ・リ

category: ◆diary

夜中久しぶりに金縛りに遭いました。

不吉でいや~な夢を立て続けに見た後、半眠半覚状態ながらどんどん狂おしい気分になっていき、このまま気が触れてもう元には戻れなくなるのではないか、という恐怖感に包まれながら横たわってました。すると、首から顎のあたりにかけて、この世のものならぬ何かがすぅ~っと取り憑いてきて、凍てついてしまうような感覚。

以前と同じく、一端心を落ち着けてから声を出したら解放された。以前に同じようなことがあったので、案外と落ち着いてました。あ、またあれが来たな、と。知人のお医者さんの話では、金縛り状態にあって体の筋肉が動かなくなっても、顔や声帯などの筋肉は多少動かせることが多いので、心を落ち着けて顔の筋肉動かしたり声を出したりすることで、それが刺激になって麻痺状態から解放されることがあるらしいです(僕の解釈が混じっているので、医学的に正しい表現かどうかは分かりません)。

今回、顎の辺りが金縛りにあったのは、昨夜焼き肉屋でウルテ食べ過ぎて顎が疲労してたからかな。すぐに原因が思い当たったので、幸い嫌な気分は長続きしませんでした。(それにしても、こういう一連の合理的科学的解釈もまた、一種のおまじないというか、効果覿面の呪術のようなもんだよな、と思った次第。間違っていてもいいのです。不快から解放さえされれば。)

けど、金縛りの前触れの嫌な夢や眠りの浅さは、原因が思い当たらない。顎の他にはそんなに疲れてる感じはないんですけどね。

ちなみに、金縛りに遭うのは、死神のせいではありません。死神に遭遇したときは、金縛りのような不快感はありません。最近遭遇してないけど、もう死ぬまで遭遇することはないのかもしれません。いや、新しい研究テーマが見つかったら、また遭遇するのかも。僕にとって死神は個人的に、この世の外をちらっとかいま見せてくれる、創作と閃きの神様でもある。

金縛りはただ不快なだけです。何か霊的なもんが関与しているとしても、死神のような高貴なものではないはずです。声を発すれば逃げていくから。

・・・今日のBGM・・・
 大丈夫/斉藤和義

2009/05/06 11:46 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



不幸な巡り合わせ

category: ◆diary

ちょっと体重いので絞るぞ、と思い立った途端に。

焼き肉に誘われる。
美味しい寿司屋さんを教えてもらう。

ま、だいたい、そんなもんです。今までもそうだった。

どうすればいいかは極めて簡単。焼き肉も寿司も堪能して、その分体動かせばいい。

分かってはいるんだけどなあ。

・・・今日のBGM・・・
 ヨーデル食べ放題/桂雀三郎withまんぷくブラザーズ

2009/05/05 23:35 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



大阪市港区のグヌン・サハリ

category: ◆diary

暖かくなると、なぜかふと夜の港を見に行きたくなります。

なんでかな。

オレンジの街頭が並ぶみなと通りをぬるい風が吹き抜けると、ジャカルタのアンチョール(港の公園)に続くグヌン・サハリ通りを思い出します。

京都に住んでたときは、こういう気分の時どこに向かってチャリンコこいでたのか、どうにも思い出せない。

何にしても、天保山にほど近いところに居を構えたのは正解だったなぁと思います。夜の港は江戸川区に住んでたときからわりと好きな場所。

・・・今日のBGM・・・
 キャラバン/LOST IN TIME

2009/05/05 00:23 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



双子

category: ◆diary

焼きめし作ろうと思って割った卵から、黄身が二つ出てきた。やたら殻が大きかったので、おかしいなぁとおもってはいたのだけど。

何か良いことありそうな気がするな。

・・・今日のBGM・・・
 シマウマの人/ステンレス

2009/05/02 14:25 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



年齢相応不相応

category: ◆diary

もうじき34になるんですけど。

今までで一番体重とウエストサイズがおっきい。
今までで一番フラットサーブがよく入るしスピードも出てる。

フラットサーブのスピードと確率に、腹の肉の量は関係していないはずだ。それよりはむしろ、経験と技術の積み重ね、だと思う。ほんの一瞬の、間合い。つかめるかどうか。生まれて初めて、かなりの確率で掴めるようになった。

トスアップしたボールが止まって見える。止まって見えたときに「こんな感じで」バチッとひっぱたけば、三つに一つは入る。入ってしまえば、十中八九はサービスポイントに出来る。

フラットで確率計算が出来るって境地に立ったことはないので、なんだか妙に嬉しい。続けてみるもんだ。何だって続けて入れば、上手にならないモノはないのかもしれない。

たぶん、スピンサーブも同じことなんだろな。今日は、こっちもまたキックする回転がガリガリかかってて、大変イイカンジでした。ただし、スピン系はやっぱり確率計算できるためには、相応の筋力がいる。肘肩手首と腕のしなりだけではいかんともしがたい。そして筋力を維持してスピンサーブも確率計算できるようにするというのは、なんだかんだ言ってコスト的には×な感じだったりする。

スポーツのためだけに筋力を維持することにそうそう労力を割けるほど、有閑な身分じゃない。

・・・今日のBGM・・・
 シヴィラはある日突然に/カジヒデキ

2009/05/01 23:54 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)






Recent Entries

prev< 2009.05 >next
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Comments

Recent Trackback

Links

Profile

geophile
フリーランスの地理学者です。ひとり家庭教師派遣業のほか、NPOやコミュニティビジネスをターゲットに、ひとり人材派遣業もやってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。