アクセス解析
Cuatro Dragons
FC2Blog  Admin  Rss1.0 



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- -- | edit?



ホントの仕事納めと飲み納め

category: ◆diary

家でやる仕事も切り上げて、京都へ忘年会と初詣にでかけます。

雪降りそうな寒さに、ちょっと外に出るのが億劫ですが、さすがに毎年恒例の行事なんで外せない。ゲンが悪くなったらヤだしね。

みなさまもよいお年を。
スポンサーサイト

2008/12/31 19:12 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



師走る

category: ◆diary

この年末は家でこなす仕事が忙しいというわけでもないのだが、なんでだか日記を書き留めておく暇がない。家で一人、お勉強教えるお仕事で頭をめぐらすことが多いからかもしれない。かなりプライベートな内容にもなるので、書くときには書き方を考えなきゃならんのが面倒だったりする。

あとは、来年度以降の研究計画。こっちもある程度具体的な形が見えてからでないと迂闊には書けない。後で責任取れる程度に留めておかないと。

駄文でもよいので、不特定多数に向けた文章を書く習慣は維持しておきたいところだけど、この年末は駄文向きのネタにあまり頭が反応してないのかもしれん。

実名で記す日記の限界でもあるのかな。

・・・今日のBGM・・・
 北風オーケストラ/GOMES THE HITMAN

2008/12/31 09:01 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



ハシゴ納め

category: ◆drink

仕事納めが午後まで延びたけど、来年度のお仕事の関係でちょっともやもやしてたのが少し見通し立ったので、収穫大。「縁」や「偶然」の話をするのなら、西田よりも九鬼の方が良いのかも、などという話を一昨日の「てっちりの会」で聞いたような気がしたけど、聞き間違え出なければこれもまた良い「縁」てこと。

時間が遅くなったモノの、なんとか無事に正月用のお酒も買えました。蒼空の純米大吟醸、一升瓶。

今から個人事業主としての忘年会、一人飲み納め。梯子酒も今年は今日で最後です。

・・・今日のBGM・・・
 ありがとう/大江千里

2008/12/29 17:54 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



仕事納め

category: ◆diary

朝の一件で今年の外向きな仕事は終わり。家でやれる仕事は31日まで続きます。例年になく年の瀬感が充溢してる気がします。

帰ってきた論文もパーフィットもほったらかして、仕事に右往左往してるからかもしれません。

後半は堪え忍ぶ展開が続いたけど、師走に入ってようやく多少の実入りが目に見える形で出た、そんな流れなんで、まあなんとか穏やかに年を越せそうな気がする。

ありがたいことです。

2008/12/29 08:48 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



毎日続いても旨いもんは旨い

category: ◆drink

年末になって少しだけ金回りがよくなったのもありまして、連続二週間ほど毎晩飲み続けてますが、肝臓も胃もへろへろです。こんな状態にもかかわらず、心から美味しいと思ってしまえるお店に出会えたり、心から上手いと思う素材や料理に出会えたりするのだから不思議。飲んでも食べても美味しくない!ってなってても不思議でない状態のはずなのだが…。

明日はてっちりの会で、その打ち上げがcocoroomでのてっちり。今日、馴染みのお店でとらふぐ仕入れてきました。明日は当然飲みます。

明後日以降も、今年最後の営業日のお店に顔出して一年を締めるつもりにしていますが、年内あと一日くらいは肝臓のオアシスにしておきたいところ。

・・・今日のBGM・・・
 ドアをノックするのは誰だ?(ボーイズ・ライフpt.1:クリスマス・ストーリー)/小沢健二

2008/12/27 01:32 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



やっぱりアイナメ

category: ◆cookin'

一昨日買った子持ちのアイナメ、アラと肝と子が残っていたので、お昼に煮付けにしていただいた。

やっぱり僕はこのお魚が大好物みたいです。子も肝も濃厚で旨い。

ごちそうさまでした。

ainame081220
感動的に美味しかったので(料理の腕のおかげではなく、素材さまさま)、思わずマウスでアイナメの絵を描いてしまいました。


あと少しだけ地形図の仕事して、今夜はお出かけ。

・・・今日のBGM・・・
 かわいい流れ蛸/たま

2008/12/20 15:38 Sat | edit? | trackback(0) | comment(2)



反歴史主義、いや、没歴史主義か。

category: ◆essay

ふと思いついた、僕自身へのキャッチフレーズ。以外とお似合いかもしれない。

反-歴史主義ではなく、反歴史-主義。あるいは没-歴史主義ではなく没歴史-主義。

どっちかというと、反ではなく没の方がフィットしている。

ラッセルの世界五分前仮説は、プラクティカルには割と便利な思想だと思う。世界がその程度の簡単な言説装置で決定不可能に陥るということは、無意識に確実と過信されているあらゆる物事を本来の正当な位置に戻してくれるだろうし、それゆえに、死ななきゃ逃れられないような苦痛が絶対的に存在するなんてことの欺瞞性もまた示唆してくれるから。

「今」を生き続けることでしか人は存在するものとはおつきあいできない。しかし、「今」を生き続けられるかどうかは、どうやったって分からない。

ま、でも、そういう「今」に入り込んでくる限りでの過去を「歴史」と呼ぶのならば、歴史を没にしなくてもいいのには違いない。

2008/12/19 23:01 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



地形図を読む仕事

category: ◆diary

cocoroomの激務が明けて一転、今日は家にひきこもって地形図関係のお仕事。

地理学の勉強を初めて10年以上がたって、ようやく地形図を見るのが楽しいと思えるようになってきた気がします。ありがたいお仕事。地理学者冥利に尽きますな。

誰かのお役に立てているという実感はかなり薄いけど。

火を入れないといけないネタが冷蔵庫に幾つか眠っているが、今日はお料理はお休み。この後関目で仕事して、テニスしてきます。

・・・今日のBGM・・・
 恐くはない/トルネード竜巻

2008/12/19 17:28 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



これも何とかの壁?

category: ◆diary

理解できないことに遭遇した時に、理解できないのは自分じゃなくて相手が悪いのだと思いたくなる心理的傾向というのがあるらしい。少なからぬ人が僕に言う。僕の表現の仕方が悪いのだと。だから僕の言うこと書くことは分かりにくい、と。

言い方や出し方を工夫すれば分かりにくいものが分かるという主張は、実はおかしな主張である。この主張が正しいとしたら、これを主張している人は、すでに分かりにくいその何かが分かっていなければならない。でなければ、分かりにくい何かが言い方や出し方によって分かるようになる、などということが分かるはずがない。で、その分かりにくい何かが分かっているのであれば、こちらが言い方を変えずとも分かっているわけであり、さらにもっとよく分かる表現の仕方さえも具体的に提示できるはずなのだ。

こんな簡単なことが分かっていないから、具体的にどう言えば分かりやすくなるのかも示さないくせに、分かりにくいのは僕の表現の仕方のせいだなどと平気で言えてしまうのである。こういうこと言う人は、分かる気がないのだと考えてほぼ間違いない。

当たり前ですが、僕が何か相手にとって分かりにくいことを言ってしまったときに、こういう言い方をする(つまり「僕の言い方は分かりにくい」という)のは大人だけです。そんなこと言う子どもにはこれまで出会ったことがありません。子どもは分からないときは「分からない!」と言いますから。

相手のせいにしたくなるほど理解に苦しむものに出会うことは、僕にも時々あります。ただ、そういうとき、僕はとりあえず相手のせいにしてしまう前に、まず手探りで言葉を選びながらでも相手にどういうことなのかを尋ねてみる。それが分からないものに対する一番自然で健全な反応であるはずだ。その結果、到底理解できないものであることがはっきりすることもあるし、その結果としてそのこと自体を理解するということを健全に断念することも出来るわけです。とりあえず今どうやったって分かることが出来ないことっていうのは、あるわけです。これは厳然たる現実。

分かりにくいのはあなたのせいだ、というレトリックは、そういう現実に反して「全てのことが分かる自分」をフェイクする身振りであったりします。私はコミュニケーションを通じてあらゆることを知り、あらゆる他者とあらゆる知識を共有できるはずである。だから、今現に分からないことはあるということは、私のせいではなく、それを表現する手段が悪いか、それに理解すべき価値がないかのどちらかである、と。こんなことを明確に意識していなくても、理解できないときに相手を責める心理の裏にはこうした態度がぴったりと張付いている。

表現する手段に問題がなくても私には理解できないこと、私には理解できなくても理解すべき価値があるようなことは、ちゃんと存在します。何事かを学ぶということは、畢竟このことをしっかり弁えるということ以上のものではないような気もします。逆も言えるかもしれません。そのことを弁えておかないと、何事かを学ぶことはできません。学ぶというのは、つまり理解できなかったものが理解できるようになることなのですから。

10年前よりは、理解できないものに対する態度は少しだけ成熟したかなぁと思います。これでも。分かってもらえないという事態に対する処し方も同様に。ただ、最近少し恐いなぁと思うのは、あまりに分かる気がない大人に囲まれすぎたせいか、本気で「分からん!」と叫ぶ人に対して誠実に応答するだけのパワーが萎え気味になっていること。これは、昔の方がまだ誠実だったかもしれません。子どもに言われたらどこまでもつきあえるんですけどね。ま、大人不信ですわ。

「分からん!」の叫びは、一見「分からないのはあなたのせい」と言っているように見えるメッセージの裏にも隠れていたりします。そういう健全な叫びを一見健全でないように見えるメッセージの中から上手に拾ってくるアンテナの感度も、個人的な課題としては、身に付けた方がよさげです。

分かりにくいんかな、今日の話も。

・・・今日のBGM・・・
 学習/たま

2008/12/17 23:52 Wed | edit? | trackback(0) | comment(4)



吟醸大吟醸

category: ◆drink

18日はcocoroomでイベント。今日はその仕込み。

翌週の25日クリスマスは、08年最後のcocoroom番です。

いろいろあったけど、なんていうか、この職場でとにかく磨かれたなぁと思います。

そんなんで、18日と25日は奮発してよく磨かれたお酒を仕入れようかと思います。

・・・今日のBGM・・・
 Hello mate!/advantage Lucy

2008/12/16 23:39 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



プロの雁行陣

category: ◆diary

上海のマスターズ・カップのダブルスを録画して観戦。

ノウルズ・ブパティのコンビを見るのは初めてで、そっちがお目当てだったのだけど、思わぬ掘り出し物が全仏優勝のクエバス・オルナ組。

ブライアンズ相手に第1セットは落としたものの、第2セットはガチの雁行陣でタイブレークまで持ち込む大善戦。男子プロの雁行陣は初めて目にした。ええもん見たわ~。クエバスがウルグアイ人てのもあるけど、このコンビ、ちょっと気に入った。

こういうの見ると体動かしたくなるわけですが、期待通りに動く年齢ではないのが無念。

・・・今日のBGM・・・
 ロージー/ステンレス

2008/12/15 23:27 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



淀川のキャベツ、不作

category: ◆diary

今年はあまり目に付かない。駆除活動が功を奏したのかな。

あやうく秋の難波の風物詩になりそうな代物だったもんね。

・・・今日のBGM・・・
 Single Word/Fine Line

2008/12/14 00:57 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



厳冬の三十路

category: ◆diary

とりあえずJリーグは入替え戦を除いて全日程終了。で、Jのファンとしてはついついいろんなニュースに目がいってしまうわけで、いろんなのうちほとんどは、契約に関わるニュースだったりする。

今年ほど、三十路選手のゼロ提示が目に付く年はなかったなぁというのが実感。

京都だけでも、引退した森岡選手やゼロ提示だった徳重選手は同い年。浦和を戦力外になった岡野選手や内舘選手も、ちょっと先輩とはいえ、そんなに年はかわらない。名古屋の米山選手、磐田の田中誠選手、東京Vの福西選手、萩村選手、大宮の吉原選手など、三十代とは言え僕より年は下。去年仙台戦で入替え戦進出確定させた渾身ヘッドをねじ込んだ京都の石井選手も然り。

ただ、チーム数の増えるJ2も含めて、おそらくプレーする場はかつてよりは恵まれているのかな、という雰囲気もまた同時に感じるわけで、そう考えると職業としてのプロサッカー選手に関してすそ野が広がったのかなという気もする。

東京Vサポさんには気の毒な言い方にはなるけど、初年度の年間王者が上がってきたばっかりのチームと同じリーグでプロとして対戦することになるわけだし、そう考えると、着実に前へ進んでいるのかなと言う気もする。

もしかしたら、20年後くらいに元Jリーガーが一人二人くらいビジネスパートナーにいる、なんてことだって、驚くことじゃなくなってるのかもなぁ。

厳しい冬は春の前触れ。早く暖かい日の目を見たいところ。

・・・今日のBGM・・・
 最後のカタチ/セロファン

2008/12/08 00:09 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



お勉強だけは躓いているのだ!?

category: ◆diary

学会から原稿が帰ってきた。

ちなみに表題は、遊んでいたガヴァガイが発した言葉。

今日は、森岡の引退試合を見に行こうと思っていたのだけど、森島のラストプレーも見たいので、結局自宅でテレビ観戦。

2008/12/06 11:28 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



バトー対パーフィット

category: ◆essay

パーフィットを読んでいて、ふと何年か前に見た「攻殻機動隊」の映画『イノセンス』を思い出した。

第11章あたりを「デカルト主義的自我」=「ゴースト」の図式で読んでみると、なるほど、パーフィットにしてみればバトーの蹉跌は誤った信念に基づくもの、ということになる。けど、バトーがパーフィットには想像でしか到達できなかった世界を現に生きていて、その世界を現実にパーフィットが生きたとすればパーフィットもまた躓かざるを得ないような何かに躓いているのだとしたら、パーフィットの方がその世界において『理由と人格』の論証を見直さなければいけなくなる、という可能性だってないわけではない(のかもしれない)。

パーフィットもまたもしかすると間接的な引用の対象になってるんだろうか。もう一回見たくなってきた。

・・・今日のBGM・・・
 北風ロック/GOMES THE HITMAN

2008/12/04 02:38 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)



一日一章と二節

category: ◆diary

一日に、西田幾多郎一章とパーフィットを二節。このペースで読めば一月二月の間に結構な分量読みこなせるなと思い立って読み始めたのが昨日。

早速今日、読む時間が取れなかった。明日挽回。

哲学の本はコツコツ等量ずつ読み進めるのには向かないということは百も承知だけど、毎日一定の時間だけ脳味噌をフッと哲学(非社会的)モードに切り替えることが出来るようなトレーニングも必要だな、と思いまして。何を知ってて何を知らないのかを、もっともっと深いところで理解できるようにするために。

・・・今日のBGM・・・
 感情のタマゴ/ゲントウキ

2008/12/02 22:07 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)






Recent Entries

prev< 2008.12 >next
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Comments

Recent Trackback

Links

Profile

geophile
フリーランスの地理学者です。ひとり家庭教師派遣業のほか、NPOやコミュニティビジネスをターゲットに、ひとり人材派遣業もやってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。