アクセス解析
Cuatro Dragons
FC2Blog  Admin  Rss1.0 



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- -- | edit?



二の轍

category: ◆diary

先月、cocoroomの翌日に東京遠征という日程を組んで大失敗し、みすみす5000円JRバスに寄付する羽目になった。

そして、明日はcocoroom。明後日はJR在来線で東京へ。バスが電車に代わったのを除けば同じスケジューリング。

でも、二の轍はぜったいに踏みません。

高速バスと違ってダイヤの拘束は少ないので、問題はないと思う。腰にかなり負担を強いる行程ではあるけど。

ほんと、新幹線に乗っても経済的にへこたれないだけのゆとりが欲しいなぁ。

今回も前回同様に、落語か寿司か天ぷらか、いずれか二つは楽しんできます。こちらは二の轍三の轍上等です。

その後日曜からラケット担いで山籠もりにおつき合いです。

・・・今日のBGM・・・
 Bad dreams also come true/トモフスキー
スポンサーサイト

2008/07/30 23:01 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



アルベルト帰宅

category: ◆diary

修理に出ていたアルベルト(僕の自転車)が帰ってきたのだが、電動の代車にすっかり馴染んでしまって、乗り心地がどうもしっくりきません。体の一部だよな。乗り物って。

でも、ともかく、こいでもシャカシャカ音がしないし、ギアチェンジしてもガコガコ音たてないし。スムーズで最高。

今後、cocoroom通勤のこと考えて、スタンドと荷台をつける予定。

・・・今日のBGM・・・
 夏祭り/JITTERIN'JINN

2008/07/29 17:10 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



キウイかメロンか

category: ◆diary

昨日買ったキスミントのキウイフルーツ味。なぜかキウイではなくメロンの味のように感じます。

今日は食事が全く楽しくなかった。つまり、かなり幸薄い日。天気予報が外れたせいもある。

国際ガンダム学会のニュースをもしやと思いクリックしたら、やっぱり思った通りの人がしかるべきポジションに付いてました。

・・・今日のBGM・・・
 チェリオブロッサム/Dr. Snufkin

2008/07/28 23:25 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



本日てっちりの会

category: ◆geography

地理学的な問題について哲学的に考えても全然問題ないんだなということがいともあっさり確認できたりするので、かえって困惑することが多い、てっちり会。この会と縁があったことによって、ホンマに大きな財産を得たので、頑張ってコツコツ形にしていきたいなと思います。

とはいえ、やんなきゃならないことはあまりに多いので、とりあえずできかけの論文出したら、しばらくはお休み。クリプキの書いてることとかも僕個人として問題にしたいきっかけが掴めたので、ぼちぼち涼しくなってから取り組もうかと思います。

*「てっちり」=「哲+地理」です。「鉄+地理」ではありません。フグのチリ鍋のことでもありません。

・・・今日のBGM・・・
 A/100s

2008/07/27 20:56 Sun | edit? | trackback(0) | comment(6)



岩にしみいる何の声?

category: ◆diary

高校の時。

国語の先生に「岩にしみいるセミの声」の「セミ」は何ゼミか、と聞かれて、何も考えず鳴き声のイメージで「クマゼミ」と答えたら、「陸奥にクマゼミはいねぇだろ」と言われた。僕はこの時初めてクマゼミの分布域についての知識を得た。

だって、少数でシャーシャー鳴く感じが、「しみいる」の語感にあってる気がしたんだもん。何となくアブラゼミの大合唱とかミンミンゼミの滑稽な響きとか、そんなんじゃなさそうじゃないですか。

さて、時代と場所は移り変わり、現代の大阪の街はクマゼミの大合唱。いまやアブラゼミを押しのけて堂々のマジョリティ。朝からシャーシャーシャーシャーと、岩にしみいるどころかコンクリ壁も割れんばかりのけたたましさ。一昔前までは、朝からけたたましくなくセミは間違いなくクマゼミなどではなかったはずだ。

そういえば、一年に一回くらい、ナガサキアゲハとかがひらひら飛んでいるのを町中で目にするようにもなった。淀川のボタンウキクサは年々増殖している。

今、高校の時と同じ質問をされたら「アブラゼミ」と答えるやろな。

____________

夕方。木から突然セミが飛び立って、近くにいた女の子が「★*□Δ~!」(聞き取れず)って驚いて叫んでた。

あんたの声の方がけたたましいって。びっくりするがな。

____________

次回の畑仕事、セミも鳴き出す前の朝5時くらいとかにやったらすがすがしくていいやろな。一時間早く作業開始しても大した暑さ対策にはなってないからなぁ。

・・・今日のBGM・・・
 セミの唄/カステラ

2008/07/26 08:07 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



OFLO

category: ◆diary

ここ二日ほど、長時間の半身浴というのをやってます。

自分のかく汗から塩味が消えるまで、湯船に浸かって水飲んでは汗流し水飲んでは汗流し。心なしか、よく眠れるような気がします。

こういうの続けるのって、何はなくとも心のゆとりが大事。

なので、cocoroom仕事明けの今夜、明日の朝も早いのでさっさと寝たいのだけど、でも30分は風呂に費やそうかと。

なんとなく、最近、江戸の町人文化の精神もなかなか悪く無いなぁなどと思います。大阪にいるとつい江戸のものにケチをつけたくなる気質が身に染みてしまうのですがね。

・・・今日のBGM・・・
 OFLO/トモフスキー

2008/07/25 01:27 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



どうする学会

category: ◆diary

人文地理学会の案内が出てます。

発表してもいい話題はあるのですが、4月以降思ったより仕事が増えなかったので、秋口当たりに旅費を捻出できるだけのゆとりがあるかどうか。

ま、酒をちょっと我慢すればそれくらいの金額は浮くんだけど、学会と酒どっちが大事かって言われたら、談志じゃないが、そんなもん酒に決まってます。

8月と10月におそらく4月~7月分の某所の報酬がまとめて入るので、それで工面できればいいんだけどな。

学会発表くらい経済的な心配せずにエントリーしたいもんですが、今年だけは遠方での開催なので仕方ない。

____________

本日は河童忌。

今日はcocoroom当番だったので、河童忌限定セットとして、ワンカップの「東北泉 大吟醸"色好い返事"」にキュウリの辛みそを添えてご提供させていただきました。

仕事明けに、芥川を偲びつつ残ったワンカップとキュウリで一人乾杯。

マッグは僕の最も尊敬する哲学者の一人ですしね。

・・・今日のBGM・・・
 The Dying Day/セロファン

2008/07/24 10:15 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)



斜に構えるということ

category: ◆diary

「斜に構えてるだって?とんでもない。世の中の方が俺に対して斜め向いてるんじゃないか。」

オトナになってからよく聞くようになった例の言葉ですよ。ほら、世の中ってそうそう四角四面にまっすぐじゃないでしょ。ぜひは別として。若かりし頃、そうたしなめられたこと、ありませんか?

だから、まっすぐ向いてると斜めに見えるの。傾いてる人たちからは。

まっすぐにも、斜めにも、まっすぐに対しても斜めに対してもまっすぐにも斜めにも、変幻自在に見られたらステキですよね。世の中もっと深く面白く見えてくるかもよ。

・・・今日のBGM・・・
 ねないねないねない/ザ・カスタネッツ

2008/07/23 20:41 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



ピエールはやっぱりロンドンを知らない

category: ◆essay

クリプキとかエバンスとかサールとか、固有名論でどんな風に地名が使われているかってのを一々よく検討してみると面白いかもな。

信念のパズルで登場するピエールとロンドンの事例は、やっぱり何か変だ。矛盾した信念だと言えるためには、二つの信念の間でロンドンが同一のものでなければならない。けど、クリプキの説明の通りなら、ピエールは同一の記述をロンドンに結びつけていないはずだ。だって「フランスにいたときに知り覚えたアングルテールの首都」と「自分が移住してきたこのロンドン」が同じロンドンであることを知らないという前提なんだから。

ロンドンに関しては、「ロンドン」を「今私がいるここ」という記述と結びつけることが出来る。けど、ピエールはこのロンドンがあのロンドゥルであることを知らないのだから、「今私がいるここ」に結びつけることは出来ない。この二つの異なる固有名に、二つの異なる記述をそれぞれ結びつけているという前提で、このパズルの舞台は成立しているのだから、そもそも異なる二つの固有名に同一の記述を結びつけているとは言えないではないか。

だから、ここには哲学的なパズルが存在すると言うよりは、単にピエールのロンドンに対する無知という事実があるだけにしか思えないんだけどな。

http://www.geocities.jp/enten_eller1120/postmodern/refer.html
(第3節参照)

ヒマができたらまた考えてみよう。

2008/07/22 14:55 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



対瓦斯戦

category: ◆football

FC東京のロスタイム同点弾を最初に見たのは3年前の長居の悲劇、桜が散った瞬間だった。生で見るのは今日で二回目だ。目の前で勝ち点3が逃げてった。

ただ、今日は何となく負ける気がしなかった。その予感は、まあ当たったわけだ。

しかし、それにしても混線ですね。下にもう少し何チームかいてくれても良いのに…。ま、よそ様もうちに対してそう思ってらっしゃるんでしょうが。

・・・今日のBGM・・・
 午後の窓から/GOMES THE HITMAN

2008/07/21 23:09 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



脳の沸点

category: ◆diary

「暑い」以外に書くことが思いつかね。この気候、学問と思考の敵だわ。

そんでも今週はモスやヴェローチェでこつこつ書いて、そこそこはかどった。目標としてはあと三本今年中に投稿。過去に書いたものも含まれているし、全部が全部レフェリー誌じゃないけど。

明日も明後日も書く時間はありそうなのが幸い。

・・・今日のBGM・・・
 朱い夏/advantage Lucy

2008/07/20 21:51 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



蒸し暑さはホーム・アドバンテージではない

category: ◆football

今日はテニスの後の羊とビールが、この上なくうまかったでよ。物書きも少しはかどったし、とてもハッピーな週末やった。

ただ一つ、猛り狂うような暑さを除いてね。

京都も大阪もそれなりに長いけど、この暑さにだけはいつまでたっても慣れません。特にここ何年かの大阪は、「昼間は外に出てはいけません」とでも言ってるかのような攻撃的な暑さです。

普通に考えて、蒸し暑いところにいくら慣れていたとしても、蒸し暑い場所で連日活動すればコンディション的にはマイナスになるのが道理ではないかと思います。夏の試合の半分を異様に暑くて湿度の高い場所でやらなきゃいけない京都サンガは、少なくともその点に関しては不利だと思うんだが。

なので、京都の蒸し暑さは、相手チームよりも自分たちの方に余計不利に働いている気がします。とは言え、鹿島はどうも夏の京都が苦手みたいですがね。

明後日久しぶりに西京極での瓦斯戦に行く予定。

その前に、明日の炎天下のテニスとその後の一仕事乗り切ること。物書きもほどほどに。京都同じくらい暑そうなので、せめて今日と同じくらい成果のある日になりますように。

・・・今日のBGM・・・ 
 リュックと嘘つき/Clingon

2008/07/19 23:10 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



腹の底から

category: ◆diary

主権とか人権とかを血と汗と涙を流して死ぬ気で勝ち取ったわけではないんよね、歴史的には。

板垣退助は、本当は、自由なんてもんが死んでもこの俺は絶対死なないぞという気概で、「板垣死すとも自由は死なず」って叫んだんではないかな。

たった一人あなたしか立つことの出来ないその場所を徹底して見据えること。

そして、そこから叫べ。

腹の底から。

・・・今日のBGM・・・
 セミの唄/カステラ

2008/07/19 02:51 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



共在性

category: ◆essay

経験知至上主義は頭の悪いのに開き直っているようで好きではないが、こと地域とか場所とかいう概念については経験してみないとどうしようもないなと最近思う。

たぶん、地域とか場所とかいう言葉をほとんど「縁」と同義に捉えているからかもしれない。

何かの「縁」だ、とでも言いたくなるような偶然性みたいなのを経験したことのない人が、それをそれとしてリアルに想像は出来ないもんだ。偶然性は起こってしまって初めてリアルなのであって、起こってもいないのに想像できるような偶然というのは所詮妄想に過ぎない。偶然性が関わらないような事柄については、何も経験知に頼らなくても想像力と推論の力でかなりカバーできてしまう(想像することと推論することを投げ出しさえしなければ)。だけど、偶然性だけはその性格上やはり実際に想像を超える形で起こってくれないことには捉えようがなかったりする。

偶然性にでもよらなければ遭遇しようのない二物が同時に同じ場所に存在することが「縁」であり、そういった「縁」のカタマリとしての「地域」や「場所」が人間の社会生活を健全に営む上で無視できない要因であるとすれば、「連帯」や「共生」よりも根元的な部分で「共在」とでも言うべき物腰が必要なんじゃないかと思う。

目的を持って連なったり、生きるために寄り添ったりするのではない。ただ共に在る、それだけ、というあり方。そして、連帯も共生も出来ないような何かと共在するためにこそ個が強くあらねばならない、と言えるかもしれない。もちろん、社会的強者ではなくて存在論的強者。その人の持ってる身体的能力とか資源とか権力に由来しないような、存在そのものの強さ、みたいなのが必要だろうな。偶然性としての「縁」をキリ結ぶ前提となる態度だけに、ある意味で理不尽な強さでもある。スローターダイクの言う「賞賛」のエッセンスも含まれているかもしれない。

ワグナーに対するニーチェの態度とか
李白に対する杜甫の態度とか
盲犬に対する鬼城翁の態度とか
差別に対する又四郎の態度とか
ペニャロールに対するガレアーノの態度とか

ソウイウモノニワタシハナリタイ。

・・・今日のBGM・・・
 せみ/えなっち

2008/07/17 10:28 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)



Pop Children with a New Machine

category: ◆diary

やっと新しい携帯電話が手に入りました。これで電話かけ直したりメール送受信したり出来る。

大阪駅で電車降りて携帯の機種変更と天満市場での買出しにいざ出発!と思って例のコオロギの鳴く自転車にまたがったら、後輪がパンクしてた。

で、この際なので、自転車屋さんで気になってた所全部見てもらって、必要な所は全部直してもらうことに。安い自転車なら一台半買えるくらいのかなり痛い出費ですけど、この一台買うのに結構投資してるので、その額に比べれば安いもの。

で、一週間の預かりになったので代車を借りたんですが、この自転車、ペダルが軽くてものすごく乗りやすい。しかもバッテリー付きのやつ。もしかしたら、ペダルが鳴くような自転車に乗っていたので感覚が麻痺しているのかもしれませんが、電気入れなくてもペダルが軽いのにビックリ。

バッテリー付きの軽快な自転車に乗って、新しい携帯電話ひっさげて、自分でも呆れるくらいにエエ気分で帰宅しました。

ま、新しい機械を手にしたコドモなんて、そんなもんです。自転車だって消費社会を回すツールであることには変わらんのね。まして携帯電話なんて。

・・・今日のBGM・・・
 ポップチルドレン(最新マシンを手にした陽気な子供たち)/佐野元春

2008/07/15 21:42 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



蟋蟀の自転車

category: ◆diary

ペダルをこぐたびに、キ、キリリ、ピリリ…とコオロギが鳴きます。先週556を注したのに鳴きやまない。もしかしたらゴキジェットかバルサンの方が効くのかも。

この一年くらい、環状線の使用を控えて自転車にシフトしたせいか、あちこちにガタがきている様子。10年は乗りたいんだけどまだ6年目。ぼちぼちメンテナンスに出したいところ。

最近、地理学者としてだけでなく、一社会人としての僕の生命線が自転車であることに気がつきました。自転車だからこそ可能な移動範囲と移動時間の中で人間関係が構築されていて、その関係の中で楽しく生活させてもらうことが出来ている。なので、コオロギがキリキリ鳴こうがクツワムシがガチャガチャ鳴こうが、自転車はやめられん。

偉大なる文明の利器でありながら、他の移動手段と比べて圧倒的に消費社会から程遠い(燃料いらんし頑丈に作れば数十年もつし)。自転車って素晴らしい。

・・・今日のBGM・・・
 自転車泥棒/ユニコーン

2008/07/14 23:56 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



書いてない

category: ◆works

書きかけの論文は、かれこれ二週間ほど手つかずのまま。今週久しぶりにファイル開こうと思うのだけど、少し恐い。過去の思考に上手く立ち戻るが出来ればいいのですが。これがなかなか難しい。

もう一つの方はやっとのことで脱稿したので、あとは何とかこっちの方を投稿できるカタチにもっていきたいのだけど。

今月中になんとかしたいな。

難しいことじゃない。何とかすればいいだけの話なんだけどね。

論文を書く作業は、9割ほど書き上げたところが時間的には中間地点だったりします。僕の場合はいつだってそんな感じ。

・・・今日のBGM・・・
 爆走センチメンタル/Dr. Snufkin

2008/07/13 23:00 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



ダブルスって面白い

category: ◆diary

ウィンブルドンのブライアンズ対ビョークマン/ウリエットを録画して観ていたが、ウリエットがすごく良い選手だということを再認識。ビョークマンのフォアハンド、あれは真似できません。卓球のスマッシュみたいだ。

今、もう一試合のネスター/ジモニッチ対ドロウィー/パエスを観ています。パエスはいつ見ても面白い。それにしてもジモニッチのパワーと安定感は素晴らしすぎます。ピンとしては世界最高のダブルスプレイヤーではないだろか。

年に一度でもプロのダブルス観るとやっぱり刺激になりますね。明日と明後日は久しぶりにテニスの予定。

・・・今日のBGM・・・
 夏の記憶/ザ・カスタネッツ

2008/07/11 23:59 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



万物は流転する訳じゃない

category: ◆diary

万物は流転する(ヘラクレイトス)

__________________

別れ、再会、出会い、出会い直し、そんな一日。

なくした自転車の鍵は見つかり、携帯の液晶は壊れて元に戻らなくなった。

おい!なんでそこだけ不可逆やねん!流転しろよ!戻れ俺の携帯…!

__________________

良いことには天井がある。しかし悪いことには底がない。(いつか自分が書いたこと)

・・・今日のBGM・・・
 あの素晴らしい愛をもう一度/フォーク・クルセダーズ

2008/07/11 04:01 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



もうすぐ河童忌

category: ◆diary

自殺した人というのは基本的にあまり印象良くないのだが、その中では例外的に、芥川龍之介はけっこう好きである。特に最近になってそう感じるようになった。

「侏儒の言葉」を久しぶりに読んだんだけど、ちょうど今の僕と同じくらいの年齢の時に芥川はあれを書いていたんですね。考え方のリズムとか物事の把握の仕方が何となく似ているのかもしれんと思った。無意識のうちにロールモデルになってるのかもしれないけど。

確かに恋愛は自己欺瞞、道徳的善悪より快不快の方が重いよなぁ。

あと三回河童忌を迎えたら、あなたの年齢追い越しますよ、先輩。

・・・今日のBGM・・・
 むし/たま

2008/07/08 13:10 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



「勝った!」と「勝てなかった…」

category: ◆diary

ネスターが生涯グランドスラム達成しました。オリンピックの金メダルと合わせてゴールデンスラムと呼ぶらしいですね。過去の達成者は男子だとウッディーズとアガシしかいないそうで、結構な大記録です。

http://news.tennis365.net/news/today/200807/8261.html

ウッディーズとアガシと比べたら、地味すぎるね。ネスター。でも、現役の選手では一番好きな選手なんで、嬉しいですね。

Gaoraで録画放送するのかな。一月だけでも契約しようかな…。

さて、もう一つ。サンガは負けなかったものの何となく消化不良な感じで終わってしまった。今日は無理して西京極に行こうかどうか迷ったのですが、行かなくてよかった。勝てなかったから行かなくてよかったんじゃなくて、見に行ったら負けそうな気がしたので自重しておいてよかった、って意味で。

見に行ってたら、きっとウェズレイのあのシュートはバーの下を通過したに違いない。

結局15試合終わってみたら、順位は下から数えてギリギリの所、定位置に落ち着いている感じがします。でも一昨年は15節終了の時点で勝ち点11の16位だったことを考えると、J1のレベルにはきちんと対応できているのは間違いない。

ただ、得点は一昨年の方が多いのね。今日の試合見てても、もうちとシーズン最初の時期みたいに、ガンガン打ってってもいいんでないの、と思ったが。

結局、一昨年と同じく田原の覚醒にかかってるような気がするなぁ。

・・・今日のBGM・・・
 逢似彩/MARS EURYTHMICS

2008/07/06 23:23 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



全英男複

category: ◆diary

マーク・ノウルズ(バハマ)とのペアを解消したダニエル・ネスター(カナダ)が、ネナドゥ・ジモニッチ(セルビア)と組んで決勝進出。

ジモニッチって、以前はリアンダー・パエス(インド)やファブリス・サントロ(フランス)と組んでたのを観たんですが、サービスとリターンに安定感があって、すごく良い選手。堅いんですよね。

ノウルズの方はブパシ(インド)と組んで居るみたいですが、全仏全英と早々に負けてしまい、何となく浮かばれない感じ。

ネスター/ジモニッチの相手はブライアンズに勝ったビョークマン/ウリエットのくせ者ベテランペア。もし勝てればネスターは生涯グランドスラム達成。本当はノウルズ/ネスターで同一ペアの生涯グランドスラムを達成して欲しかったんですけどね。ま、ネスターだけでも頑張って欲しいです。

2008/07/06 11:51 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



ギリギリの三日月

category: ◆diary

帰りに見えた薄い爪痕のような三日月が何とも言えず怪しげでした。同じ月見た人いるかなぁ。携帯の写真では天体がいい具合に撮れないのが残念。

今週は書き仕事に全く手が付かなかった。暑いと思考が滞るなぁ。

・・・今日のBGM・・・
 ロビンソン/スピッツ

2008/07/05 21:17 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



仕入れ500円のライン

category: ◆diary

帰りに阪急と阪神の地下でお魚を物色。

真ホッケにアイナメ、ヒラマサにノドグロと、モノはそこそこながら、ふだんより安い値段で並んでたんだけどねぇ。

ちょっとcocoroomの仕入れだと躊躇してしまう。魚の仕入れは400円が上限。

明日の黒門に期待。結局サバかイワシかアジになりそだな。

・・・今日のBGM・・・
 みちづれ/The Boom

2008/07/02 20:26 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)






Recent Entries

prev< 2008.07 >next
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Comments

Recent Trackback

Links

Profile

geophile
フリーランスの地理学者です。ひとり家庭教師派遣業のほか、NPOやコミュニティビジネスをターゲットに、ひとり人材派遣業もやってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。