アクセス解析
Cuatro Dragons
FC2Blog  Admin  Rss1.0 



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- -- | edit?



成れの果て

category: ◆diary

20080229202327
京阪四条駅にて撮影。

余計なお世話…と思ったろうな。14年前のおいらがこれ見たら。

学者って意味じゃライバルだからと言うことで、個人的に天神さんには宣戦布告こそすれど願は掛けなかったもん。周囲の方々からいただいた御守りや絵馬は思いきり大切にしたけど。

どこ受けようが一緒。心意気の問題。

さて。

私的かつ哲学的(道徳哲学?倫理学?)に面白いのは、「もしおいらがあん時合格してなかったとしても、同じ勢いで同じことが言えたかい?」という問題。

…。

酒入ってたら言えただろうな。

…。

英語の仮定法の感覚がちょい理解できた気がした。

クリプキの哲学って、彼の(宗教的)世界観よりも彼が操ることができる言語の文法規則を踏まえて判断した方が、より凄みを増すんじゃないか

・・・今日のBGM・・・
 さくらんぼ/advantage Lucy
スポンサーサイト

2008/02/29 20:23 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



たまにはブログらしく

category: ◆drink

ニュースにコメント。
_____________

酒で憂さ晴らしは逆効果?東大教授がラットで実験
2008年2月28日(木)21:00

* 読売新聞

 憂さ晴らしに、酒の力を借りるのは無駄かも--。東京大学の松木則夫教授(薬品作用学)らが28日、そんな研究結果を発表した。

 ラットを使った実験で、薄れかけた恐怖の記憶をアルコールが鮮明にする役割を示したという。成果は米国の専門誌に掲載された。

 松木教授らは、ラットをふだんの飼育環境と違う箱に移し、電気ショックを与えた。いったん通常の飼育環境に戻し、翌日、恐怖を与えた箱に戻した。ラットが箱の中でじっと動かない時間の長さから、「恐怖記憶」の度合いを測った。

 再び箱に入れて恐怖記憶を呼び覚ましたラットを2グループに分け、片方にアルコールを飲ませた。すると、酔ったラットは、しらふのグループより、箱の中でじっとしている時間が長くなった。恐怖記憶が、アルコールによって強められたと考えられるという。

 松木教授は「記憶はいったん不安定になり、徐々に固定していくとされる。嫌なことを忘れる奥の手は、おぼろげなうちに、楽しい記憶で上書きしてしまうこと」と酒に頼らない忘れ方を勧めている。

_____

酒を飲むことが楽しい記憶になるから、つい酒を飲んでしまうんじゃないですか。


・・・今日のBGM・・・
 爆走センチメンタル/Dr. Snufkin

2008/02/28 22:58 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)



頭垂れる稲穂

category: ◆diary

今日は思考実験の種をたくさん思い付いた。収穫が多かったんで松本での研究会で検討してもらおうと思います。

冴えていたのは移動が多い日だったからかな。二つ下の日記も効いてるな。今日偶然手に入った文献も刺激になった。

偶然の産物てことやね。感謝感謝。

2008/02/28 21:29 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)



儀式

category: ◆essay

知人のブログを読んでいて思いついたことだが。

多分、どこかの少数民族が雨乞いのためにやる前近代的な儀式と、最先端の情報技術を活用したあらゆる種類の社会調査は、社会学的に言えば根本的に全く等価なんじゃないか。

社会調査は儀式であると分かった上で、敢えてそうは言わずに、特定の立場の人の利益に供するのが、多分オトナの社会学者のやることだ。あるいは、調査などは所詮儀式だと理解して上手にそれをめいめいの仕事の分野で活用する非社会学者たちは、同時にオトナの社会学者でもあるということだ。

…。

最近、オトナになることをすっかりあきらめたわけではないけど、少なくともオトナへの道のりが予想していた以上に長いことを認識した。もちろん、僕がオトナになるための道のりはなぜか周りの人たちよりも長そうであることはかつても自覚していたつもりだが、どうやら自覚していた以上に長いようである。

ただ、道のりが長いだけに、もしその先までたどり着けたら、長く歩かずにオトナになった人よりは立派なオトナになれそうな気はする。それが救いか。

いや、立派なオトナになれることが救いなのではなくて、立派なオトナになれそうな気がすることがね。救い。

2008/02/28 00:06 Thu | edit? | trackback(0) | comment(2)



飯田線は断念

category: ◆diary

3/7は休みが取れたので、一日余裕を持って松本入りできることになった。

でも、豊橋から飯田線経由で、というのは無理そう。なんでかというと、前日の晩、船越酒店渉さんの一周年だから。一周年のお祝いの翌朝八時に電車に乗るなんて無理。絶対無理。

結局、中津川経由になりそう。悲しいかな、経済的な理由で18切符使用は譲れないのだな。でも、塩尻から伊那市まで行く時間はありそうなので、ローメンにはありつけるかも。

・・・今日のBGM・・・
 イロノナイセカイ/Lost in Time

2008/02/26 21:24 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



教えるお仕事

category: ◆diary

一ヶ月ぶりにラケット振って、筋肉痛です。この一年定期的にやっていたので、二週間程度のブランクでは痛くなることはなかったのだけど、一ヶ月はさすがにこたえるらしい。
___________

教えるお仕事は向いてないと思うこともあるけど、それでも仕事やってく上で何かを教えることと無縁ではいられないわけで。

そんな振れ幅を抱えたまんま、もう長いこと教えるのを仕事にしてきてるんやけど、最近ちょっとした心境の変化がありました。

というのは、ウィトゲンシュタインよりもバートランド・ラッセルの方がすごい哲学者だと思うようになったんです。うまく説明できひんけど、結構おっきな世界観の変化の象徴やと思うてます。

教え方も多少変化してるかもしれません。その変化のポジティブな帰結が何であるかを、僕が生きている間に知悉することはおそらくできないのでしょう(ネガティブな帰結は、案外すぐに顕在化したりするんだが)。ま、この辺、教えるということの醍醐味ではあります。

・・・今日のBGM・・・
 ポン・デ・アスカール/MARS EURYTHMICS

2008/02/25 22:11 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



善いことについて

category: ◆works

善いこととは、基本、どこまでいってもまずはカラダにイイことなのだ。

カラダが「イイー!」ってなることなのだ。

だから、カラダが「イイー」ってなってるかどうか分からなくなった上でのことは、とりあえずは善いことではないのだ。

頭が良いことは、善いことよりも一段階高いレベルでの良いことだ、というのが今日の議論の結論だった。

なぜ、そう言えるか。頭が良いと言えるような考え、あるいは考えごととは、あまねくカラダにとって気持ちの良い考えだから。

カラダにとって直接的に気持ちがいい考えでないのなら、その考えが頭の良い考えではないか、あなたの頭が良くないか、どちらかである。それ以外は、ない。

・・・今日のBGM・・・
 風をきる/Dr. Snufkin

2008/02/24 03:32 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



机上の夢(ローカル線とご当地グルメ)

category: ◆diary

晩に短時間の仕事が増えたので、完全休養日が少なくなった。今のところ、日曜日だけだ。しかも、明日OGNのイベントで本来明日の仕事が明後日にまわったので、今月はもう休み無し。

3/8に長野県の松本で研究会があるのですが、せっかくなんで18きっぷ使って飯田線乗って行こうと思います。もちろん当日の昼には間に合うはずないので、前日出発。晩は伊那でローメン。帰りも18きっぷ、晩は湖北長浜でビールを飲んでこようと思います。

ただ、ちょっと仕事の都合で金曜日が空くかどうかまだ分からない。空けばいいけど。

・・・今日のBGM・・・
 Stop the Time/Hi-STANDARD

2008/02/22 22:02 Fri | edit? | trackback(0) | comment(2)



牛さんの鼻ピ

category: ◆diary

hanapi


ある方から頂いた、ウシの鼻環。和牛用で木製。一頭ごとにオーダーメイドらしいです。飼い主から牛の特徴を聞いて、それに合わせて手作りするのだとか。輪の部分は、削ってこの形にするのではなく、木棒を湯に当てながらたわめていくそうです。でも、制作できる腕を持った人がもうほとんどいないらしい。

すごいよね。和牛さんて手作りオーダーメイドの鼻ピアスしてるんだね。

牛さんの鼻ピの他にも、豚さん用のチョーカー(採血の時に身動き取れなくするための小道具だそうで、正式な名前は知りません)もいただきました(しかも、親子用二サイズ)。

屠殺用ハンマーのヘッドも頂ける約束だったのですが、現在は製造されていなくてなかなか手に入らないとのこと。個人的にはやはり「使用済み」のもんが欲しいのですが、「さすがに、それを人にやるのは憚られる」とのこと。

誰も知らないような小道具を人知れず作っている人がいて、そんなことは誰も知らなくても、でも間違いなく僕らの生活はそういうものに支えられている。

・・・今日のBGM・・・
 そばにいたい/MAMALAID RAG

2008/02/21 14:40 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)



自分でもよく分からない固有名の小難しい話。

category: ◆geography

久しぶりに難しいこと書きます。なんで難しいかというと、自分でまだよく分かってないから。いつもならこういう時は一人ダイアローグ=モノローグを書くのだけど、今日は彼も彼女も(Xくん/Xさん)やってきてくれそうにない。

続きを読む ...

2008/02/19 20:13 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



続いて

category: ◆diary

20080218224218
こいつ。

純米大吟醸な気分の日でした。

田酒は旨ぇな。長珍も。この二つ、オイラの舌にとっては造り方問わずハズレが無い。

・・・今日のBGM・・・
 ティータイム/センチメンタル・バス

2008/02/18 22:42 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



意志薄弱…

category: ◆diary

20080218221321
ん~。

だって、どうしても飲みたかったんだもん…。飲まないストレスと飲んで削られる睡眠時間とを天秤にかけたらさ、こっちの方が正解かなって…。

内面の法廷で情状酌量を求める被告人の声でした。

2008/02/18 22:13 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



禁断症状?

category: ◆drink

今、仕事の最中なんだが…

酒が飲みたい。無性に。

キリリと冷えた純米大吟醸がいい。あの果物みたいな甘い香りでとろけたい。早瀬浦か蒼空か長珍か。

飲みに行けねーんだよな、こーゆう日に限って。今晩は九時まで仕事、明日は朝早いのでね。

ここまで飲みたくて仕方がないと感じたのはかなり久しぶりなんじゃなかろうか。

我慢の子。

多分、水曜には…

2008/02/18 15:25 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



方針転換と見えて現状維持

category: ◆internet

R-1、灘儀さんが優勝ですか。スミス夫人は好きだったけど、ピンになってからはステージ見たことがないです。僕はどっちかというと、スミス夫人の灘儀さんをもっかい見たいなぁ。これは即ち松村さんをまた見たいなぁというのと同義でもあるのですが。

松村さんに突っ込む灘儀さんが好きだったんだな、今にして思えば。

____________


これまでは、アフィリエイト系の誘導だなあと思ったmixi上の足跡は即刻アクセス拒否IDにしていたのですが、一回だけで断罪するのは独善的すぎる!という考えがないわけではありませんでした。

そこで。

今後は二回目に足跡が付いたときだけ消すことにしました。そもそも無差別爆撃なら偶然二階来ることは確率的にごくわずかだろうし、無差別でないとしても一回目に間違って尋ねてきて、場違いと気付いた人は二度と来ないだろうから。

「私はこうすることで、こんだけ良いことがありました。だからぜひあなたもどうぞ。」などというメッセージを無差別に垂れ流す装置をは信用しない。出会い系、アフィリエイト、スピリチュアル、どんな言葉を使おうが、「あなただけは特別なのだ」という固有(名)化のプロセスを前提にしつつ、しかし明らかにちゃっかり特別なあなたなど存在しないとされるシステム(=資本主義経済)の再生産を日々支えている。

いつか書いたけど、『世界に一つだけの花』がミリオンヒッツになるという矛盾。

でも、もし二度三度それらしい人が尋ねてきたら、ちょっとだけその人に聞いてみたい。何が目的なんだ、と。

もしコミュニケーションが成立したら、ほんのちょっとマルクスに近づけるかも知れません。

僕はギデンズは読んだが資本論は読んだことがない。

・・・今日のBGM・・・
 60wはぼくの頭の上で光ってる/carnation

2008/02/17 23:10 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



てっちりの会

category: ◆geography

本日てっちりの会。

ふぐのちり鍋を囲む会…ではなく、哲学と地理学の合同研究会。

でも、晩の懇親会はほんとにてっちり囲む…かも。

2008/02/17 13:35 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



念力通ず

category: ◆diary

昨日の予報じゃ雪だったけど晴れてくれた。念じながら眠りについたからな。

三ヶ月ぶりの畑仕事と一ヶ月ぶりのテニス。

いいね、いいね、お外で体が動かせるってうれしいね。

では行ってきます。

_____

結局降ったね。午後の仕事の行きに雪まみれ。テニスは無理。ま、畑には行けたんで、よしとしておく。

・・・今日のBGM・・・
 Saturday Night/Hi-STANDARD

2008/02/16 08:51 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



ワルい味

category: ◆cookin'

ホワイトソースに黒七味
油かすにカレー粉
かますごに粉チーズ
くるま麩にハチミツ
ウナギの白焼きにウスターソース

お気に入りのB級な組み合わせ。

個人的に、コロッケにはリー&ペリンのウスターソースが最高です。日本のフライもんには合わないという声もたまに聞きますが、僕はあれが中学生か高校生くらいの頃からお気に入りです。

・・・今日のBGM・・・
 Please Please Please/Hi-STANDARD

2008/02/15 21:51 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



鬱の波と筆の冴え

category: ◆diary

なんとなく、精神的浮き沈みがいつになく激しいこの二月。たぶん、夜更かしが増えたのが原因だ。あとは、論文書いているから、というのも大きな理由かも。

以前、研究関係の知人に「泉谷氏は鬱入ってるときの方が良い文章書く」と言われた。そんときは、「ふ~ん、そういう風に見られているのねぇ」と思ったのだが、よく考えるとこれは因果関係が逆だわな。良い文章を書けてるときは、唸ったり魘されたり悶々としたり、それなりにメンタルな労力を払っているわけだから、勢いストレスが溜まってくるわけだ。

段落の最後の一文がいい形におさまらないだけで、その日一日暗くて鬱屈した気分ですごすこともあります。

今日はまだましな方かな。

まだしばらくは、こんな波が続きそうです。仕事も入れ替わりの時期で不安定だから、休み休みごまかしごまかしやっていかないと擦り切れそうで恐いっす。

・・・今日のBGM・・・
 夢寝movie/corner

2008/02/14 23:57 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)



category: ◆diary

アフィリエイトやらアダルトサイト誘導やら、そんな関係のコメントとか多いな、最近。ブログでもmixiの足跡でも。一々アクセス拒否しててもキリがないやね。

4月以降、火曜日限定でcocoroomのカレー仕込み担当に復帰かも。詳細はまたいずれ追って。

にしても寒いな、今日は。これから〆切原稿一本仕上げ。

・・・今日のBGM・・・
 閃きのBrandy/MARS EURYTHMICS

2008/02/12 22:33 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



エジプトかぁ

category: ◆football

ちょっと予想外。もしかしたらワールドカップ久しぶりに出られるんじゃないか。

アブトリカを一度きちんと見てみたいなぁ。せめて映像でも。海外といえば欧州南米しか目に出来ないけど、多分この選手はホンマに見る値打ちあるような気がする。

・・・今日のBGM・・・
 これがすべてだ/Dr.Snufkin

2008/02/11 20:17 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



火星の音感

category: ◆musics

Hi-STANDARD、Dr.Snufkin、MARS EURYTHMICSのCDが届く。

Husking Beeの解散は残念だったけど、もともとHuskin Beeの音ではなく、イッソンのヴォーカルがどうもお気に入りだったのかも知れないなぁ。

なんてことを、MARS EURYTHMICS聴きながら感じた。

MARS EURYTHMICSは、イッソンこと礒部正文さん(元Husking Bee)がヴォーカルつとめるバンドです。「マーズリトミック」と読ませるらしい。

・・・今日のBGM・・・
 GT Bolero/MARS EURYTHMIC

2008/02/09 14:23 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



冷凍財布735円

category: ◆diary

こないだの病中のこと。

近くの銀行で預金を下ろし帰りに買い物をしたあと帰宅して、二時間ほど経ってからのこと。財布を紛失していることに気がついた。どこを探しても出てこない

発熱で頭も呆けてるし、どこか近所で落としてきたのかな、クレジットカードとキャッシュカード入ってるのにまずいなぁ、なんて思いながら家中ひっくり返しても結局出てこないので、クレジットをとりあえず差し止めにして、警察まで行くことにした。

クレジットの差し止め手続きすんで家を出ようとしたときに、いや、まて、まだ探していないところがあるかも知れない…と思って往生際悪く既に探したところをなんべんも物色して、家を出るタイミングを失ってしまう。と、その時、まだ探していないところがあったことに気がついた。

冷凍庫と冷蔵庫である。

熱が出て物をなくしてせっぱ詰まったら、人間こんなばかげたことも思いつくものか、いくら頭がぼけてても冷凍庫冷蔵庫なんかにさすがにしまわんやろ、と思いつつも、結局冷凍庫の扉を開ける僕。

そこにちんまりと座っている財布。

…。

凍る僕。

あった。財布。ひんやりと凍ってた。

どうやら、帰宅した後に財布をいつもの場所にしまおうとポケットから取り出して、いつもの場所にしまう前に買ってきた食材を冷凍庫にしまおうとして、庫内のものを入れ直したり袋のものを庫内にしまったり…など出し入れ繰り返している内に、手に持っていた財布をそのまま冷凍庫に置き忘れた模様。

ま、そんなわけで警察には行かずにすんだけど、クレジットカードは再発行。そのコスト735円。あわててコールセンターにかけ直すも時既に遅し。

今日やっと新しいカードが届いて、公共料金の支払手続き変更なんかで半日費やした。

財布凍らして半日と700円なんて。何の教訓にもなりゃしない。馬鹿馬鹿しい出費だった。

・・・今日のBGM・・・
 チェリオブロッサム/Dr.Snufkin

2008/02/07 18:17 Thu | edit? | trackback(0) | comment(2)



てんパる

category: ◆diary

あー、もう、いろいろ滞るなぁ。予定通りに事が進まないよぉ。いろいろとお返事やら納品やらが滞っていますが、すみません、今結構一杯一杯なんです。もうしばしお待ちを。

連休には落ち着くかなぁ。そうだと良いけど。

明後日の朝から東京に行きますなんて言っていた時分がまるでウソのようだ。いけるわけねぇよ、こんだけ仕事溜めてるのに。

・・・今日のBGM・・・
 ハーメルン/レピッシュ

2008/02/05 21:23 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



トランキラの歩み

category: ◆geography

昨晩から改めてギデンズ熟読。永井均さん経由でウィトゲンシュタインを読んだことと、木岡伸夫さんの『風景の論理』を最近読んだのが、間違いなくプラスになっている。今まで二次元だった構造化理論の顔がヴァーチャル3Dくらいには見えるようになった。修士の時の読みはまだまだ全然浅かったな。投錨するポイントは間違ってなかったけど、投錨しただけのレベルだ。

まだまだ道のりは長いな~。気が遠くなる。一歩ずつでも必ず進めるならまだいいけど、二歩進んで三歩下がるを繰り返してることも。それでも歩くのをやめなければきっとそのうち着くだろう、くらいの鈍感な気長さがいる。

エンデの物語通り、トランキラの歩みやな、ほんまに。

・・・今日のBGM・・・
 Stay Gold/Hi-STANDARD

2008/02/04 23:43 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



自家製タン刺し

category: ◆diary

舌をかなり深く噛んだ。痛ぇ。酒がしみる。

結婚という制度(の不自由さ)について考える。が、すぐに飽きる。

・・・今日のBGM・・・
 牛小屋/柳原陽一郎

2008/02/03 21:29 Sun | edit? | trackback(0) | comment(8)



病後、あるいはまた別種の病中

category: ◆diary

久しぶりに、研究関係のお仕事に手を付けた。今日は書いていて本当に楽しかったなぁ。ギデンズの方はちょっととん挫してもう少し一人ブレインストーミングしなきゃいけなさそうだけど、固有名の話の方は、書き始めの形が整ってきたおかげで章立てや全体の骨組みがやっと見えてきた。

気分良かったのでお酒も久しぶりに飲んだ。空きっ腹に染みわたる旨さ。

でも、酒の旨さよりも書き仕事の楽しさの快楽の方が明らかに上回ってるな。

病的やなぁ~。われながら。

…。

でもさ、これが健全な病ってもんではないかな。たぶん、誰でも罹患できるわけではないのだろうけど。

・・・今日のBGM・・・
 自由の真下/セロファン

2008/02/02 19:25 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



どこだろー?

category: ◆geography

ジャカルタ市街の写真だけど・・・。

どこの通りだろ?大統領が通りそうな道で、かつ五車線もの幅員ってのを考えると、官邸近くのMedan Merdekaの周囲かなぁという気がするのだけど(確か昔は四辺のどこかが一方通行だった気がする)。でも、奥が少し緩やかにカーブしてるので、違う気もする。

左側が実は分離帯だとしたら、Senayan近くのJl. Jend. Sudirmanかもしれない。でも、僕の知ってる頃だと、大統領が通りそうな道ではなかったよなぁ。幹線道には違いないけど。あ、でも競技場とかヒルトンとかあったしなぁ、あの辺。けど、地図を見るとカーブの仕方がちょっと違う。

Jl. Jend. Gatot Subrotoも、知ってる頃はこんな雰囲気の通りだったけど、ここは今高速道路と併走しているみたいなので、多分写真のような景観ではなさそうだ。

あるいは20年前には無かった道かも知れない。

うー分からん。けど、どこなのか知りたい~。

2008/02/01 22:12 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



Yum! なプリン

category: ◆sweets

cremacaramella


病気の時の食事といえばプリン。

プリンといえばモロゾフ



ではなくて、僕はやっぱりシーキューブ。

昔は「プディング」という名前で売ってましたが、今は「クレーマ・カラメッラ」という商品名になっておりました。値段は変らず。味も…少しコクが落ちた気もするけど、でも、やさしいやさしいタマゴの味は変ってませんでした。

以前インフルエンザで寝込んでたときに当時つき合ってた彼女が買ってきてくれたのも、このプリンでした。あの時食べたあのプリンの美味しさは忘れられない…

なんてはずはない。

高熱で舌が痺れて胃も萎え萎えの状態で、ポカリスエットやプリンや豆腐、うどんで飢えをしのぐのが流感にやられたときの常。なので、何を食べても美味しさなんてほとんど分かりません。生きるために食う、ほんとにそんな感じ。

なので、逆に、あの時食べたシーキューブのプリンは今までで一番残念な味がしました(買ってきてくれたことの嬉しさありがたさは、もちろん味の残念さとは別の問題ですよ)。

三日前も生きるために食うような感じでしたが、今日はだいぶマシ。けど、そうは言っても健康なときに比べて食欲はいまいちで、今夜も晩ご飯を食べる気にもなりませんでした。そんなわけで、柳原の帰りに梅田でプリンを思い出して買ってきた次第。

幸い、今日のプリンはとても美味しかった。数日間縁の無かった「美味しい」という「感じ」をちょっとずつ思い出さないとね。そういえば、今週はまだ酒も飲んでないしな。

明日もう一日、ゆっくりお休み。

・・・今日のBGM・・・
 おろかな日々/柳原陽一郎

2008/02/01 19:28 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)






Recent Entries

prev< 2008.02 >next
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

Recent Comments

Recent Trackback

Links

Profile

geophile
フリーランスの地理学者です。ひとり家庭教師派遣業のほか、NPOやコミュニティビジネスをターゲットに、ひとり人材派遣業もやってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。