アクセス解析
Cuatro Dragons
FC2Blog  Admin  Rss1.0 



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- -- | edit?



ムートン・ネーベルスタン・ナルセス―サガフロ2の考古学

category: ◆diary

サガフロ2でもっともお気に入りのキャラは誰かと言われると、NPCではあるのだが、ムートンだったりします。

以下一番好きなシーンです。(この先、ネタバレ含みます)。 続きを読む ...
スポンサーサイト

2007/08/31 23:56 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



青臭い煩悩、もう一つの達観

category: ◆works

昼過ぎに目が覚めて、コーヒーをアホほど呑みながら発表の構想を練ってる。今晩は絶対すんなり眠れないだろうな。学会発表できるのかどうか、ほんと今日が瀬戸際。早く仕上げて京都の試合ゆっくり見たいけど、さてどうなんだか。

研究者であるということが社会的に保証された職業に就いているわけでもないし、放っておいても研究の仕事が降ってくるポジションにいるわけでもないので、学会でも雑誌でも何でもいいから定期的に研究を公表するのでなければ、社会的には即刻研究者でなくなるという身の上。

まわりにどう思われようと自分一人だけで研究者だと自認出来るほどには強くない。「研究者として」「研究者にこそ」聞いて欲しいような考えだって沢山ある。実際には、そんなんただの煩悩なんだろうな、という感覚も覚えたりする。そんなんどうでもよくなるくらい超越できて、淡々と自分の好きなことを考え続けられるのが理想なのかも知れない。けど、そこに到達するにはまだまだ未熟で若すぎる…のかな。

まあ、2、30年後にそんなふうになってれば、それでええんかな、と思うし、あにはからんや相変わらず別種の煩悩に苛まされていたりするのかも知れない。ただ、2、30年後がどうなるにしろ今やんなきゃいけないことはあるわけで、今から2、30年後にしかできないようなことを真似っこしてみたって詮無いことではある。

で、なぜか今回の学会発表は、今やんなきゃいけないことのような気がするのです。学問上の問題って、問題として直感的に感じ取ったときに徹底的に考えておかないと、忘れてしまうんですよね。後で思い出したときに、「いったいあの時の僕はそれのどこが面白いと感じたんだ?」ってとこから躓くことになる。

それだけは避けたいのです。

(あるいは、こういう意識は、もっと未熟な段階を通り抜けたからこそ出来るようになった別種の達観なのかも知れない。)

・・・今日のBGM・・・
 雨のイキモノ/滝本晃司

2007/08/30 18:02 Thu | edit? | trackback(0) | comment(2)



ジニーに拍手喝采

category: ◆musics

数日前から、昔遊んだRPGのBGMが頭の中で鳴りっぱなし。(ちなみに一昨日はDQ4のライアンのテーマです。)

で、さっきからはずっとサガフロ2のジニーのテーマ("Ovation"という曲名らしい)。web上でMIDIを拾ってきて、回しっぱなしにしてます。
(下の方からDLできます。http://music.nijinone.jp/sakuhin/list/rsg.html
直接DLはこちらをクリック。http://music.nijinone.jp/sakuhin/musicdown.php?id=301

CD買いたくなってきたな。いや、どうせならPS2買ってもっかい遊ぼうかなぁ。二、三回やったけど「風と木の歌」だけ修得できなかったんだよなぁ。最後の方の砂漠で悪あがきにカブト虫何百匹と殺してみたが、徒労だった。最初に修得し忘れるとアウトなのね。

何にしても、僕のゲーム史上では最高の名曲の一つです。ゲーム画面の絵の雰囲気、話の展開、ジニーのキャラ、そしてこの曲!

なぜか元気出て未来が明るく思えてきます。

・・・今日のBGM・・・
 Ovation/濱渦正志

2007/08/29 00:59 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



知の財産

category: ◆diary

数検2級の合格証が届いた。結果だけ見れば余裕の合格だったけど、手応えはもひとつだっただけに、なんだかなぁ。合格したと言うことを、そのレベルが理解できたと言うことの証にしてよいのかどうか、まだ悩みます。

それでも、数検2級クラスの問題の解き方を、おどおどせずに教えられる程度のレベルには、なんとか到達できたとは思う。

次は準1級か。あるいは数学コーチャーのライセンスでも取得してみるか。

お金貯めなきゃね。

・・・今日のBGM・・・
 ティナのテーマ(FINAL FANTASY V)/植松伸夫

2007/08/29 00:07 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



あなたのした仕事は、他人にとっては、あなた自身ほどには重要でない

category: ◆geography

自分の仕事の値打ちを他人よりも分かってしまう(ような気分になる)というのは、どう転んでもあんまり幸せなことではないんだよなぁ。その理解が間違いなら、大変傲慢で恥ずかしい間違いってことになるし、その理解が正しいなら、他人に正当に評価されないことを意味するわけなので、仕事への意欲を大いに殺ぐことになる。

まいったなぁ。

#表題、ウィトゲンシュタインの格言です。このあと「あなたが払ったコストくらいは払ってもらえるだろう」と続くのですが、対価すら期待できない気がする。ただ、これくらいの馬鹿馬鹿しさが、むしろ研究っていうお仕事にとっては重要なのではないか、そういう馬鹿馬鹿しさはむしろ健全さの証ではないか、とも思います。

・・・今日のBGM・・・
 戦士はひとり征く/すぎやまこういち

2007/08/27 17:10 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



収穫

category: ◆diary

スピンサーブは頑張って打とうとしてはいけない。頑張って打とうとすると、ボールをインパクトの瞬間までついつい目で追ってしまう。しかし、スピンサーブの場合は、視界の外でラケットにボールを当てないと、高低差のある弾道とひねりの利いた回転が生まれないのだな。だから、目でボールをしっかり見るのをあきらめて、テキトーに感覚で打たないと、しっかり入ってくれないのです。

昨日、猛暑の中で三コマのレッスンこなした収穫。代償は、右脇腹と首の筋肉痛。

2007/08/27 17:07 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



チャントの威力

category: ◆football

前回の対戦は、部分的にはアレックスのプレゼント。今回の対戦はチェッコリさんのプレゼント。アレックスのプレゼントは食後に渡されたけど、チェッコリさんのは食前に渡された。劇的な逆転勝利、というよりも、今回はどうも塩を送ってもらって勝たせてもらった感が強い。

チェッコリのあれは、しかし、ひどかった。報復行為の質自体は可愛いけど、、報復行為のタイミングと間がね。勝ってるチームの選手がやることじゃない。あるいはヒラジが何か伏線仕組んでたんかな。

ま、ラッキーだったね。報復行為の間とタイミングが悪いことが一発退場になる理由にはならないから(角田のは文句無く一発退場)、いくら「そこでそりゃねーだろ」という行為だったとしても、それが赤紙になったのは審判の気まぐれによってたところもあるってことだ。

チェッコリさんのプレゼントが勝因かな、と言いたいところだけど、でも、敢えて。

風向き最悪だった前半、いつもやってる選手名のコールや選手個別のチャントを一切やらずに、一回のブレークのみでひたすら京都サンガのチャントをぶっ通しでリピートしてたゴール裏のサポーターの皆様。すげー格好良かったです。

前回の対戦もそうだったし、去年の対戦もそうだったし、何となく苦しくても福岡には勝てるんじゃないかなという根拠のない自信にもにた気分を、いつもと違う応援の仕方が、見事に表現していたと思う。

去年のJ1初勝利は西京極で雨の中の福岡戦でしたが、あの時、ゴール裏のサポーターの方々は、残り五分か十分の間、一切の鳴り物をやめて手拍子と肉声だけで歌い続けていた。

いつもと違う異様な応援のスタイルに気付いて、ふと去年のその試合のことを何となく思い出しました。

・・・今日のBGM・・・
 Yellow Submarine/The Beatles

2007/08/26 23:31 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



評価

category: ◆geography

内言や黙考は、他者から評価され得ない。

これは結構重要な事実だ。

学界展望が届いたので読んだ。学界展望から直接感じたことではないけど、ここ何年かの人文地理は確実に面白くなってきている、と思う。ただ、僕はその面白さから疎外されているな。

あるいは、僕の世界からは疎外された面白さだ、と言っても良いのだけど。

あと、確かに続編が出ない方が良いと思ったので、思ったことを実践することにいたします。別の人に続編を書かせることがないように自分自身精進することも誓いつつ。

・・・今日のBGM・・・
 ほめてよ/トモフスキー

2007/08/25 23:57 Sat | edit? | trackback(0) | comment(4)



ニューバード

category: ◆diary

ウインナーをくるんだ揚げパンを、「ニューバード」と称して売っているパン屋さんがときどきあります。串に刺して巻いているヤツではありません。丸ごとくるんで揚げた、細長いカレーパンみたいなの。パン生地にはカレー味が付いていたりいなかったり。関西(京都?)だけかな。

「ニューバード」って名前の由来はいったい何なんでしょうか。そして「元祖ニューバード」はどこで食べられるのでしょうか。

知ってる人いたらぜひ教えてくだされ。

・・・今日のBGM・・・
 星に願いを/brats on B

2007/08/24 16:13 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



飲み過ぎに注意

category: ◆drink

内蔵が・・・。

肝臓ではなくて消化器系にモロに響いている。しかも、生理学的に、ではなくて物理的に

渉さんとこで飲み食いしたのももちろんだけど、昼に食ったはがくれのカレーうどんが一番こたえているかもしれない。直径30cm弱はあったぞ、あの鉢。

・・・今日のBGM・・・
 20世紀の夏の終わり/GOMES THE HITMAN

2007/08/22 23:51 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



雲になりたい

category: ◆diary

20070821174631
こんなんになってただうかんでいたい

・・・今日のBGM・・・
 夏が終わる/スピッツ

2007/08/21 17:46 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



ホモ・ルーデンスの憂鬱

category: ◆diary

エントリーまで10日、発表要旨提出〆切まで一ヶ月。なんだか全然気が乗らない。ただひたすら面倒くさい感じ。

いったいなんだろ、この閉塞した感じは。ま、毎度毎度体験することではあるけど。

ビジネスやボランティア活動の方がそこそこ順調だと、自分の研究がそれらに比べてホントばかばかしいくらいに道楽でしかないことを痛感させられてしまって、畢竟研究は至上の遊びだという圧倒的にばかばかしくておめでたい真実に、自分の魂の強度が持ちこたえられなくなる。

そういうときに、研究やる気力が萎えたりします。

ま、根はホモ・ルーデンスなんで、きっとその内元に戻るでしょうけど。

2007/08/21 15:58 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



帰る場所は

category: ◆geography

学生時代同じサークルで連んでいた友人と久しぶりに飲んだ。

その僕らのいたサークルは、チャラチャラしてはいなかったけど、体育会とは程遠い緩さで、でも真面目で渋みのある面白さを持った人の多いとこだった。そこが今や大変身を遂げて規模も拡大、サークル間の連盟みたいな組織にも加入してバリバリと活動をしているらしい、という話を聞いた。

自分がそのサークル(の過去)に存在したという事実の方がむしろ偶然性を帯びているかのような不思議な感覚だけれども、何となくとっても嬉しい気がしたのでした。

偶然に感謝するというのは、ナマの事実としてはありえても、決して論理的な判断ではあり得ない。

(あらゆる地名は、偶然となりどうしになったものに対して、偶然だけでは片づけられないオトナの事情が出てきたときに、与えられる名前だと言えるかも知れない。そしてあらゆる任意団体の名前もまた然り。)

辛うじてメンバーの中に知っている名前が一つあるし、創立年も僕の知ってるのと同じ年だし、おそらくここで間違いないでしょう。

http://f12.aaa.livedoor.jp/~tina/index.htm

こういうのって、きっと英語圏の人たちが"home"という言葉に込めてしまいたがるような意味体験なんだろな。もちろん、ここで僕が感じているその感覚が、今そこにいる人とは何の関係もない感傷である、ということも含めて。

たとえ自分の想像を超える姿形になっていたとしても、それに付けられた固有名詞が一緒である限りは、なぜだか特殊な思い入れが喚起されてしまうんだな。

____

これもまあ偶然でしか繋がらないけど、今日は朝からPrivatesが頭の中で鳴り響いて止まなかった。20前後の時によく聴いてたっけな。

友人と飲む前のことだからホント偶然、と言いたいところだが、20前後の時の友人だから、あながち偶然ではないのかも知れない。そう気付いたのはたった今だけど。

・・・今日のBGM・・・
 Return To Yourself (And Myself)/The Privates

2007/08/20 23:47 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



もうすぐ帰阪

category: ◆diary

20070819193305
東京でタクシーに目的地間違えられて料金ぼられたり、浜松で買った鰻おこわを箸つける前に電車の床にひっくり返したり、いろいろトラブルもありましたが、無事関西に帰還。

野洲過ぎて乗客の関西弁が耳に入ってきたら、無性に王将の餃子が食べたくなった。

写真は久し振りに降り立った浜松駅前。小一時間ほど猛暑の中、あてなくぶらぶら歩きました。十年前とは比較にならんくらいラテン(ブラジル?)な人が増えていてびっくり。

・・・今日のBGM・・・
 PARADISE EXPRESS/carnation

2007/08/19 19:33 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



水の東京

category: ◆diary

200708181834434
200708181834432
20070818183443
浅草橋で降りて東へ歩く。

なぜか漂うごま油の香りに連想したのは、中華じゃなくてめごちの天麩羅。

これが東京あるいは江戸の澱か。

食いしん坊の地理学的妄想。

・・・今日のBGM・・・
 夜を駆ける/スピッツ

2007/08/18 18:34 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



数学的フロー体験

category: ◆mathematics

一次方程式の文章問題が苦手でなかなか解けなかった子に、連立方程式を教えて文章題を解かせてみたら、コツを掴んだようだったので、一次方程式の文章題を再度トライさせてみた。

そしたら、面白いようにすいすい解けるようになってた。

ああ、今この子、楽しささえも忘れるくらい夢中で解いてるんだろうな、と思うと、なんだかとてもその子が羨ましくなってきた。ああ、僕もそんな風に数学に溶けてしまいたいっ!

問いと解と自分の体や脳が一体になってしまうような感覚。「私が数学を解いている」、ではなくて、ただ「数学を解いている」がそこにある(西田幾多郎風)。数学の醍醐味だ。

論文書いてても時々そゆことあるけどね。

明日は無意味にめちゃくちゃ早出して、約束の時間前に東京をぶらぶら歩こうと思います。暑いけどそこは我慢。

・・・今日のBGM・・・
 Midnight Kangaroo/carnation

2007/08/17 21:21 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



ふられに行きます

category: ◆diary

今週末も晴れて解雇(仕事キャンセル通告&給与保証無し)が決定。準日帰りの行程で東京に行ってまいります。先月は行けなかった錦糸町。ちょっとくらい町外れを歩く時間があればいいけど。

明後日発のムーンライトながら下り電車の指定席を今から確保する裏技を知っている人がいたら、教えてください。

__________

暑かったですね。

一番暑い時間帯に市内自転車異動でしたが、チャリこいで風が当たるたびに暑い!てな感じだったので、まあ体温は超えてそうだとは思ったけど…さすがに38度超とは思いませんでした。

・・・今日のBGM・・・
 どろんこ少年/Clingon

2007/08/16 09:17 Thu | edit? | trackback(0) | comment(2)



拝啓、ゲニウス・ロキ様

category: ◆geography

地名の対象=特定の場所に対する感情、というものをつらつら考えた。

僕の場合、大阪:愛情、京都:畏敬、ジャカルタ:好奇、モンテビデオ:憧憬、そして東京:嫉妬、てな感じになる。

続きを読む ...

2007/08/15 03:58 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



自閉的空間

category: ◆diary

日曜日に排水溝の高圧洗浄をするというので、業者さんが部屋に立ち入ることになってる。

洗浄のポイントは普段自分で掃除をしていない所ばかりであることに今日今さら気付いて、バタバタと水回りのお掃除を始めた。

考えてみれば引っ越ししたばかりのときに何人か友人が来たのを最後に、家には誰も来ていない。そして、それ以降、人がいつ来ても大丈夫なようにはなっていなかったりする。特に、油汚れに耐性のない人には、うちの台所はキツイと思う。京都の時は割とよく人を呼んでいたのだけど、大阪ではそういうことはなくなった。いつのまにやら僕の部屋は他者の視線というのを全く欠いた自閉的空間になってしまってる。

ただ、じゃあ京都の時の方が部屋をきれいにしていたかというと、全くそんなことはなくって、むしろ今の方がまだ気を遣っている方かもしれない。となると、きれいにしていない部屋に人を呼んでいた京都の頃の方が、きれいにしていないので決して人を招かない大阪の今と比べて、他者の目に疎かったのだ、と言えなくもない。

ま、高圧洗浄してもらうのを良い機会に、不意に人が来ても困らない程度を維持できればええかと思う。部屋の掃除をするために、あえて人を招く予定をつくるという手もありかも。

_________

掃除をしたおかげではないが、アンルラが遠い遠い国から帰ってきた。改めて読んでみて、今の思索に役に立つ文章のはずだという僕の確信は間違っていなかったことがはっきりした。

初めて読んだのは学生だった7年ほど前になる。細やかなことをよく記憶していた、というわけではない。どっちかというと、その時から思考のパターンはほとんど変っていないというべきか。こういう執拗さが財産になることもあるのね。

・・・今日のBGM・・・
 掃除のプロ/カステラ

2007/08/14 15:21 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



まかないの技量

category: ◆diary

予定していた有償の仕事がいくつか無くなってしまった代わりに、予定外の無償のビジネス+遊興がいくつか増えてしまったので、今月と来月はかなり厳しい。ホントに厳しい。切り崩してもよい貯金も限度ぎりぎり。

けど遊興交際関係は外せないのね。僕の働き方はそこがベースになってこそ成立してるから。

しばらく外で美味しいもの食べるのは控えることとして、それでも低コストの食費で今までの贅沢度を維持するためには・・・自炊の技量がもう一段レベルアップしないと厳しいですね。

自炊の技量って、作る技量だけじゃないんですよね。実際に作ったものの味を、いかにそれ以上のものとして楽しめるか。酒が付けられればそれだけで楽しみは増えるけど、今回は食費削減がミッションなので酒に頼るのは×。体に悪いものばかりでもダメだし、飽きが来ない程度に回せるだけのレパートリーもいるし。

昨日は、ニガウリと蒸しキャベツとミョウガをお浸しにしてみましたが、蒸しキャベツとミョウガというのが思いの外よい組み合わせだった。キャベツはコストが低いけど生食と炒め物以外に使い道がなかなか思い浮かばなかったので、こういう活かし方ができると貧乏人としては助かる。

ストレス無くささっと用意できる和食と中華のメニューが一つ二つあれば、あとはトマト、ベシャメル、パエージャ、粉ものの組み合わせで飽きないように回せそう。

何であれ日々のささやかな生活のために知恵を絞るってのは、日々の生活を超越した世界についてあれこれ考えるのと同じくらいに楽しいもの。

・・・今日のBGM・・・
 僕にできることは/佐野元春

2007/08/13 12:01 Mon | edit? | trackback(0) | comment(2)



37℃

category: ◆diary

どうも体のだるさが消えないと思ったら、発熱してた。この体温でも気付かないのは気温も同じく高かったせいか。そう言えば喉も痛い。

明日はテニス行って西京極行く予定だったけど、自重した方がよさそ。体温並の外気の日にこんな体調で出かけるもんじゃない。

昨日までは気の滅入るような散らかり具合だった部屋は、今日の午後少し頑張ったおかげで、一日籠もっていても苦にならない程度にはすっきり片づいた。

明日は一日部屋でのんびり休んで頭がちょっと冴えるようなら学会発表の準備でも・・・出来たら幸せだなぁ。

・・・今日のBGM・・・
 39℃/セロファン

2007/08/11 20:33 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



ニルギリ

category: ◆diary

ニルギリ

 にるぎり

  Nilgiri

さっきから頭の中をグルグル回っている固有名詞。ときどき、そんなことが起こる。

僕だけ?狂ってる?変かな?別にお茶飲んだわけでもないのに。でも、狂ってても変でも、固有名詞が無意味に頭をめぐるって現象には、何か意味があるように思うんだけどな。

にるぎり・ニルギリ・Nilgiri・・・

100回くらい唱えてみてください。きっとニルギリの魅力が感じ取れますから。

・・・今日のBGM・・・
 「夏です」と一回言った/滝本晃司

2007/08/10 22:06 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



まだまだ死のロード

category: ◆diary

帰ってきてから体も肝臓も休みなしでぼろぼろ。盆前に立て直せるかな。でも、盆明けにも飲みの予定が続いてるんだよな。

八月は少し仕事が減って暇になったから、研究の方進めるチャンスなのに、頭に全然栄養がまわっていない感じがする。

しばらくは我慢の日々。

2007/08/10 14:54 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



地下の住人

category: ◆diary

母校の合宿。OBやOGがボランタリーに参加して、一公立高校の普通のクラブが学校関係者だけで運営することなど到底できないような質の高い運営を毎年やっている。ところが、都の教育行政の流れやその他いろいろあって、今後他クラブとの合同合宿という形に移行する可能性が高いそうだ。そうなると、OB/OGの宿所はOB/OGが自分たちで確保しないといけなくなる。要するに、今と同じシステムでは合宿が出来なくなる可能性が高い。

今日は夕方から崇仁の学習施設でお仕事。いろいろな社会経済的格差が重なって教育に関する環境がなかなか恵まれない子どもたちが少なくない。そんな中で、地域の学校の先生らが、子どもたち一人一人の個性から家庭環境まで配慮しつつ子どもたちの学習をサポートしている施設である。しかし、同和行政の終焉に、解放運動への逆風も手伝ってるのかどうか、来年度以降の存続や施設の使い道は全くもって不透明。

教育の現場を学校から分散することは、過剰に教育の機能を期待され背負わされてしまっている学校の現場にとってもメリットの多いことだと思うのだけど。残念ながら、世の中的には、教育(の改革)ってものがまだまだ学校の世界の出来事としか思われていないんだろな。

なので地道に地下活動。

自分ではまともな感性のつもりだけど、まともな感性を尊重すればするほど、メジャーな世界の方が狂って見えてくるのはいったいなぜなのだろう。「お前ら、そんな生き方でええのんか」と叫んでみたところで声が届く気もしない。

ま、再生産の責任てなもんがあるとしたら、今のところ僕はそいつを放棄していることになるのかもしれないし、そっから生まれるゆとりこそが、ここで言う「まともな感性」とやらを担保しているのかも知れない、などと考えたら、無理解な周囲にあんまり腹を立てるのも得策じゃないなとも思われたりする。

崇仁の仕事も、再生塾の仕事も、両国高校硬式テニス部の合宿も、そんなわけで僕の領分というか役割というか、そういうもんなんだろな、と思う。地理学の研究だってそんなもんの一つで、結局それらは死ぬまでの間の暇つぶしに過ぎないと言えば言えなくもない。

・・・今日のBGM・・・
 恋は夕暮れ/スピッツ

2007/08/08 22:55 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



帰阪

category: ◆diary

湖北長浜を出た後、泉州で一仕事して、渉で飲んで帰宅。合宿挟んだ一週間ほどで、すっかり舌がビール仕様。日本酒の飲み方を忘れてしまってた。

誰もそう言う言い方をしなくても、これは公共性の高い立派な社会事業なのだと言うことを改めて感じた今年の合宿でした。今年も最終日、涙が出ちゃいました。

要は、そういう公共的な機能を担う場さえ維持できれば、合宿という形でなくても良いとは思うのだけど、維持できるのなら維持する方が楽だから、存続してくれるにこしたことはないのも確か。

・・・今日のBGM・・・
 風にあずけて/advantage Lucy

2007/08/08 04:29 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



長浜

category: ◆diary

20070807150423
20070807150422

朝、豊橋を出て、昼前に思い付きで長浜へ。

京都の白河麦酒がなくなって以来ほんと久々に飲む生の長浜エール。

時間が少なくて2杯しか飲めなかったのが残念です。ぜひまた足を運びたいところ。

2007/08/07 15:04 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



う宮ー

category: ◆diary

20070806190710

あこがれの焼きそば。

富士宮で焼きそば食べ慣れてたら、なるほど、普通の焼きそばは物足りないな。歯応えがたまらん。

駅前のジャスコで売り場のおばさんにすすめられたマルモの蒸し麺を買いました。

2007/08/06 19:07 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



ついに

category: ◆diary

20070806170046

三日目の朝。

二十余年来のあこがれの虫に遭遇。

ルリボシカミキリ。
感激なり。

2007/08/06 17:00 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



山中湖

category: ◆diary

三日目。

睡眠不足。足腰はもう崩壊寸前。

今年はずっと一年生のコート担当。日に日に進化するのを見届けられるのはやっぱりこの「仕事」の醍醐味。

2007/08/04 19:20 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



たまや~

category: ◆diary

20070801200214

実家の近所ででっかい花火大会があるらしい。

玉屋を叫ぶ子供の声もサマになってるかに聞こえるのは、やっぱりお江戸の花火だからかね。

淀川の子らはなんて叫ぶんかしらんからなぁ。

でもさすがに鍵屋を叫ぶ子はおらんみたい。

2007/08/01 20:02 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)






Recent Entries

prev< 2007.08 >next
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Comments

Recent Trackback

Links

Profile

geophile
フリーランスの地理学者です。ひとり家庭教師派遣業のほか、NPOやコミュニティビジネスをターゲットに、ひとり人材派遣業もやってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。