アクセス解析
Cuatro Dragons
FC2Blog  Admin  Rss1.0 



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- -- | edit?



八角

category: ◆cookin'

昨日、アイナメとともに仕入れたお魚の正体。

hakkaku1


アップで。近未来のメカ生物みたいな外観。
hakkaku2


さらに顔アップ。
hakkaku3



実は結構ヒレが大きい。
hakkaku4


ハッカク(八角)という名で売られているお魚。標準和名はトクビレ。北海道でよく出回る魚らしく、一度小樽で食べたことがあります。阪急の地下でお造りに出来るのが思いの外安い値(500円)で並んでいたので買ってみたが、僕みたいな素人には捌くのが難儀な魚。棘が多くって手が痛い。最近買った出刃が無ければちょっと歯が(刃が?)立たなかったところ。

身は味も歯ごたえもしっかりした白身で、火が通ると蒲鉾のような感じの弾力ある食感。半身は皮をひっぺがしてお造りに、半身は皮付きのまま軍艦焼きに。軍艦焼きというのは半分に割った八角に本来は味噌を塗って焼くのですが、今回はクリームチーズと味噌とハッカクのキモを茹でてつぶしたものを和えて、それを乗せて焼いてみました。


gunkan

結果、お家でできるものとしてはかなりの大当たり。この手の魚の調理法としては、なかなか応用が利きそう。

お供は「貴」の純米吟醸、「奥播磨」の山廃純米。酒も選ばない優等生でした。

最後は最近お約束の「あらの土鍋ご飯」で〆。あらはアイナメの方が美味いな。

________

今日はいただきものの第七のホワイトでビール。焼くのが面倒だけど、手間かける値打ちあるギョーザです。

・・・今日のBGM・・・
 how do you feel/advantage Lucy
スポンサーサイト

2007/06/30 22:25 Sat | edit? | trackback(0) | comment(2)



喪の魚

category: ◆diary

一昨日食べたホッケの味を思い出しています。頂いたのは、キズシ、焼き、グラタンにフライ。

とびきり美味い魚ならいろいろあるけれど、造っても焼いても揚げても、和でも洋でも、ずば抜けてはないけど高いレベルで役割をこなしてくれる、でも食べてるとご飯が欲しくなるような、良い意味でとても庶民的な味。そんな印象のお魚でした。

ここ数日、クリス・ベノワの死去のニュースで少し凹んでいました。プロフェッショナルの鑑と言われるほど厳しい食事管理を自らに課していた彼は、生前ホッケを好んで食していたそうです。(こちら

ベノワとホッケ。偶然知った他愛のないエピソードです。

日が空けたら魚を買いに行くつもりでしたが、またホッケを買ってしまうかもしれん。

___________

結局、ホッケは売っていなかったので買えず。代わりに買ったのはいつものアイナメと、もう一つは・・・。

また明日。

・・・今日のBGM・・・
 ルティカ/The Boom

2007/06/29 00:42 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



逃避なのかも知れない

category: ◆diary

  思考にも、耕すときと収穫の時がある
   毎日たくさん書くのは、うれしい。子どもじみた話だが、ともかくうれしい

   (ウィトゲンシュタイン『反哲学的断章』)

うらやましいなぁ。

・・・今日のBGM・・・
 虹が出たなら/The Boom

2007/06/28 22:24 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)



魚花

category: ◆drink

夕方の仕事前にプルミエールで桃のシブースト頂いて、仕事の後は渉さんとこで、昨日持ち込んだほっけを一通り調理していただいて堪能。

今日は二人サポートしましたけどいずれの教え子さんも勉強に向かう顔がとってもいい表情で頼もしかった。

ええ日でした。

・・・今日のBGM・・・
 猫をならべて/たま

2007/06/27 23:21 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



模倣力

category: ◆essay

最近、どうも自分の頭が悪くなってきている気がする。けど、仕事そのものはまあまあ順調でとくに差し障りがあるわけでもないので、頭が悪いのをほったらかしにしている。頭が悪いのをほったらかしにしていても、逆に言えば、生活には特に困らないわけだ。この程度の生活なら。怖いなぁ。

なぜか、物心ついたときから、「頭が良い」っていうのがどういうことなのか、というのがとても気になるこの世の大問題でした。

最近、中学生の国語の勉強をサポートしてたとき、頭の良さの本質は独創性だと主張する文章を読んだ。で、即座に、それは違うと感じた。記憶力、記憶量、思考の持久力、正確性、処理速度、数値化できそうな能力というのはいくらか思いつくが、それでも物足りない、その「たりない」部分が、要するに意外性であったり独創性であったりするんだろう。けど、そんなもん本質ではない。

頭の良さの本質は、こんな言葉があるのかどうか知らないけど、模倣力だ、と思う。独りで創るのではなくて、自分以外のものを徹底的に模倣する能力。けど、一つのものごとの模倣ではない。頭の良い人は、無数のものごとを一挙に模倣するのだ。この局面でこそ、記憶力や持久力、正確性、処理速度などなど全ての要素が発揮される。

ただ、無数のものごととは言ってもその場で模倣可能なものは無限であるわけがないし、他でもないその有限なものごとたちを他でもないその時その場所で一挙にまねできる身体は一つしかない。

だから、たしかに、非常に複雑で高度な脳の作用を必要とする高次元の「ものまね」は、まわりから見れば「独創的」であるかに見えるかもしれない。けど、それはたまたまそこでその時特定の何事かを真似した結果に過ぎない。それだけのことなのだ、と思う。

逆に、どこかで「何かのまねである」側面を持たない言動は、独創的であっても頭の良さにはつながらない、と思います。

ここまで来ると、脳を身体とわけて考えることはもはや意味がないかもな。脳という身体、身体という脳。

最近、脳がなかなか何かをまねしようとしてくれなくって困ってます。ちょっと暑くなって発酵してきてるのかもしれません。

・・・今日のBGM・・・
 ひざし/滝本晃司

2007/06/25 16:49 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



雨雨雨

category: ◆diary

さすがにこの豪雨なので、西京極行くのはあきらめて、経理の事務こなして、一人おうちごはん。アイナメと木の芽で土鍋ご飯を炊いた。なんておいしい魚なのだろう、とつくづく感じ入る。

用事のあるときに限って雨なので、今年の梅雨はまあまあ雨の多い気がするけど、よくよく考えたら実は雨が降っていない日の方が多いのではないかいな。明日もまた晴れるらしいしな。畑に植えたルッコラと枝豆の具合がちょっと気になる。

渋い内容でも勝てばまあ良し。とりあえず今夜は穏やかに眠れそう。

・・・今日のBGM・・・
 忘れないからね/ザ・カスタネッツ 

2007/06/24 20:59 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



季節もん

category: ◆diary

世の女性の装いが軽やかになる毎年この時期、きまって脳裏に閃く言葉がある。

「アフォーダンス」。

たかの友梨のカンバン(=米○涼子)に目を奪われて花壇に自転車ごと突っ込みそうになった仕事帰りの堂島大橋。

今夜は今年で一番蒸し暑い。

明日は雨で朝のテニスは無理そうだから、これからもうちょっとだけ頑張って蝦夷の旅。

・・・今日のBGM・・・
 クロール/advantage Lucy
 

2007/06/23 23:12 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



蝦夷の旅

category: ◆works

今月はじめに請け負った、地名探索の仕事続編蝦夷の旅。昼過ぎから黙々と渡島半島の西側を北上して、寿都湾で一休み。

土地勘無い上にカタカナ地名が多いんで、どうしても本州各国の時よりもペースは落ちます。それでも水曜日には後志国まで何とか終わりそう。

大阪は予想外に晴れ。西の空がなんだかまるで晩夏初秋みたいな顔をしてこっちを見てる。

2007/06/23 15:28 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



超越論的大人

category: ◆essay

超越論的なレベルで「子どもに対する大人」をどう確保するか。日本語社会において(現代)思想的な課題があるとすれば、もうこのことに尽きる、と思う。

確信の根拠が何かと問われれば、社会学が大人の学問になりきってないからだ。良心的で敬意を払うに値する(しそうな)社会学者ほど、良い意味で子どもなのだ。

社会学者でもないくせに、と言われることを承知の上で言う。

「社会」なるものを(友人や家族とのおしゃべりや酒の勢いを借りた説教も含めて)有意義に語れる限りにおいてその人が「社会学者」であると言える水準があるとすれば、僕もまた立派な社会学者だ。そして、上で書いたようなことは、その水準に立った上でこそ痛切に感じるわけ。「アタマノイイヒト」になろうとすればするほど、「オトナ」になれないというこの矛盾。

否。

たぶん、そんな矛盾自体はおよそ「社会」とか「世の中」なるものが成立し始めた大昔からあったはずなのだ。

問題なのは、ある一線越えたときに「アタマガワルイ」人ほど「オトナ」として救済されてしまう(そして「アタマガワルイ」振りをすることが至上の賢さの表現になってしまう)この閉塞感なんだ、と思う。

敢えて言う。

頭のいい人、賢い人は、絶対にこのことに感付いている。そんでもって、自分の利益になる範囲で、そのことに気付かない振りをしたり(優等生的発言にオチを付けるという選択肢を含む)、さもありなんと首を縦に振ったりしている。それを出来ていないとすれば、少なくともその人は「社会学的には」頭のいい人じゃない。この主張は、トートロジカルだからこそ、今のこの日本語社会における「社会学」の本質を言い当てられてるはずだ、と僕は思う。

(日本語に限定しているのは、単なる自己中心的なワキマヘ。だって、それ以外の言語圏で、生身で生きたことがないもん。で、ここで書いていることは、たとえ日本語の社会に限定したとしても、それなりに日本語の社会を越えて思想的意味を持つ主張内容だとは思う。)

茂Gさんが子どもの素朴さでもって「学問の快楽」の本質を純朴に語る一方で、M台さんが「インチキ」を間接話法的に自称する辺りに、僕は日本語圏の社会の思想的課題を感じます。

結局身振りでは嗤っているのであるなら、この辺をこそ嗤ってほしい。キレてる社会学者さんには。

僕にとっては社会学者の書くものと週刊ポストと夕刊フジって、とても似ている。いずれも、一方ではキワキワに携わっていると自負していながら、決してどうしても社会に受け入れられない最後の一線は商売上決して踏み越さないという美しさ(=強さ)において。

・・・今日のBGM・・・
 あの娘は雨女/たま

2007/06/22 23:59 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



ボク的には・・・

category: 未分類

あまり使わないフレーズです。「僕としては」で事足りる。

ボクをヌケヌケと一般概念化してしまう傲慢さにあまりに無頓着に思われて、あまり好きではない言葉。

最近、「逆に言うと」を使うときに気をつけるようにしている。後から気付いたら実際には何も逆に言っていないことがあるので。

再帰的言葉狩り。

・・・今日のBGM・・・
 人魚の時間/柳原陽一郎

2007/06/21 05:20 Thu | edit? | trackback(0) | comment(4)



夏至の前日

category: ◆diary

今日は再生塾と北信太でそれぞれお勉強のサポート。

空は真っ白なのにやたら明るい。きっとかなり蒸し暑い。でも自転車で出ないと。帰りに飲みにいけなくなるし。

ミョウガの天ぷらと冷やし素麺が食べたい。南部鉄の風鈴と金魚鉢があればなお良い。酒よりも美味くて冷えた麦茶だな。

そのうち、再生塾に材料持ち込んで自分で作ったろ。

・・・今日のBGM・・・
 夏の前日/たま

2007/06/20 11:32 Wed | edit? | trackback(1) | comment(0)



アングロマ

category: ◆football

CONCACAFゴールドカップに出ている(ゲスト出場?)仏領グアドループが、決勝T一回戦でホンジュラスに勝った。

まあ、それ自体は、どっちでもいいことなんだけど・・・。

1点目の得点者が、アングロマだった。

アングロマですよ。ジョスラン・アングロマ。あのアングロマですよね。トリノやバレンシアで活躍した、あのアングロマ。

まだ現役だったとは。カズの不惑ゴールとかで感心してる場合じゃないなぁ。

・・・今日のBGM・・・
 レインコート/たま

2007/06/18 23:53 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



地道な練習

category: ◆diary

スマッシュが全然打てなかったので、壁を相手に練習練習。やっぱり、一人で地道に練習しないと、コート上でのレッスンだけじゃ上手くならんね。

壁のおかげで二コマ目のレッスンではちゃんと打点が掴めました。

そもそも野球のフライは簡単に捕れるんだから、スマッシュだって簡単に打てる道理のはずなんです。分かってはいるのだけど、どうも苦手意識がシンプルなプレーの邪魔をするんだよなぁ。

きっと明日は右肩が上がらんやろな。

__________

全仏優勝のノールズ&ネスターの試合を一つくらい見たいのだけど、スカパーでも見られないらしい。オフィシャルサイトのドローを見るかぎりだとブライアンズはじめ強豪コンビが結構潰し合いしていて、運も味方に付いたみたいだ。ドーバー海峡の向こう側までその運はついてくるのかどうか。

頑張れ三十路下り坂コンビ。

・・・今日のBGM・・・
 リュックと嘘つき/Clingon

2007/06/17 18:09 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



無いものは結局無いわけだけど

category: ◆diary

雑誌「人文地理」が、脚注方式から文末注方式に変わっているではないか。

パラパラとページを繰ってみて、「論文から逃避したい僕」の存在を不意に察知する。叫ぶだけの勇気もなければ解き明かすだけの根気もなし。いや、僕が逃げてるのではなくて、論文の方が僕から逃げていってるのかもしれん。追いかけ疲れた感じもする。

ただ、研究の進み具合と通帳の残高を除けば、他に憂鬱の原因になりそうなものは何一つ無い。教える仕事は楽しいし、お酒も魚も美味しいし。まあ幸せなのだろう。

それにしても、研究を生業としない生活の中で、それでも研究を続けていくためのモチベーションの維持の仕方というのも、考えものである。基本的には、考えたいことがないのなら無理して研究なんてやらなくていい。考えたいことがあるわけでもないのに研究を続けたいなどと思っているとしたら、きっとその思いの根っこには何か不純な動機があるはずだ。

ただ、目の間にじっくり考えて究めてみたい問いがない、というこの状態というのは、やっぱり何かもの淋しい感じがするのも確か。

なんだか無性に野球がしたい。

・・・今日のBGM・・・
 鬱休み/シュガーフィールズ

2007/06/16 23:35 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



番外編

category: ◆drink

QBBチーズの自家製スモーク。

強火で熱燻、5分で完成。

smoke070614


ごちそうさまでした。また明日。

・・・今日のBGM・・・
 魚のスープ/Slap Sticks

2007/06/14 22:02 Thu | edit? | trackback(0) | comment(2)



第3弾

category: ◆cookin'

アイナメ揚げ出し。

agedashi070614


こやつが一番美味しかった。

今日はこれでおしまい。お家で楽しむアイナメ・シリーズ、明日も続く…(?)。

2007/06/14 21:36 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)



第2弾

category: ◆cookin'

アイナメ芹味噌田楽。木の芽味噌がベストですが、自炊の基本はあり合わせ。芹味噌は先月信太の畑で摘んだのを仕込んでおいたもの。

dengaku070614

2007/06/14 21:28 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)



第1弾

category: ◆diary

アイナメのスープで焼いたパエージャ。具に使ったアイナメのキモは昨日の。スープと身は昨日買ったのではなく前々回にとったもの。

paella0614


ビールがいいんだけどね。仕事たまってるんで我慢。

2007/06/14 15:08 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)



アイナメホリズム

category: ◆cookin'

目に映ると買ってしまう。ほとんど病気です。

今回は30cm二匹で計1kgがタイムサービスで1000円。

ainame0613


仕事先の冷蔵庫を借りて保存しておいてもらって(そこまでして買うか!と自分でも呆れるが・・)、ようやく先ほど帰宅。捌くのは明日にしよ。

いつでも食べられるわけではないから、安くて美味しく食べられる内にってことで。旬が過ぎればほっとっても治る中毒症だから、ええんです、別に。

・・・今日のBGM・・・
 パルテノン銀座通り/たま

2007/06/13 23:55 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



やっぱり道徳産業

category: ◆essay

やっぱり僕の今の働き方は面白い。ホンマ道徳の最前線で働いてる感じがする。

柳原銀行記念資料館もそうだし、釜ヶ崎のまち再生フォーラムもそう。cocoroomだってOGNだって戦場だし。さらに去年から再生塾YARと、今年に入って崇仁学習施設。

何が善いことなのかは、突き詰めるとどこかで必ず分からなくなるもんだが、今の仕事では比較的浅い突き詰め方で何が善いのかすぐに分からなくなるような出来事にわりと頻繁に遭遇する。それでも何か決めてえいやっとやってしまうわけだ。そして、やってしまったことは「その時自分が善いと思ってやったこと」として引き受ける。

学問は人生ゲームの中ではかなり上級編の快楽に属するが、道徳もまた然り、と思う。

道徳って、学問と同じくらいに、快楽なのよね、快楽。

2007/06/13 00:39 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



朝、七条大橋で。

category: ◆diary

鴨川にヒレが赤くて緑の体をした魚がちらほら見られるようになってきた。オイカワの♂かな。熱帯魚顔負けの美しさだけど、この時期限定なのが惜しい。

オイカワやらモツゴやらが群れてる近くで、ゴイサギの大人になりかけのんが一羽、餌をあさっていた。時間があったのでしばらくつきあって観察してた。

草陰で首をすくめた姿勢のまま10分じっと待つ。魚の群れが少しずつ少しずつ浅瀬の方に近づいてくる。狙いを定めて一度目のトライ!・・・だったが、しとめられず。逃げられる。その後また10分じっと待つ。群がまた近づいてくる。抜き足、差し足、忍び足・・・に入りかけたところで感づかれて魚群に逃げられる。

二戦二敗。

結局その後あきらめて、ゴイサギちゃんは漁場を変えようと飛び立っていった。

20分もかけて朝飯抜きとは。鳥も生きるのに大変なようです。

・・・今日のBGM・・・
 うつつの世界/ザ・カスタネッツ

2007/06/12 10:58 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



欠けているのは主語じゃない

category: ◆geography

日本語は英語と違って主語が無い(あるいは主語が省略できる)、などとよく言われる。日本文化なるものの特質を語る際に効果的に作用するレトリックでもある。

しかし。

もしそういった用途で言及するのなら、主語がないことよりも二人称の代名詞が日常あまり使用されないことの方が大きな大きな意味を持つ気がする。

主語以上に希少な二人称の代名詞。だってあなたは彼方、きみは君なのだものね。名を呼ぶのもおそれ多いのだ。

好きな人に気持ちを告白するのに好きな人の名を呼ばずに「あなたが好き」「きみが好き」ってサラッと言える日本人て、どのくらいいるのだろう。「おまえが好き」の方がまだいてそうだ。「お前」の方が「彼方」よりこっちに近いわけだし。

関係あるような無いような別の思いつき。時間とは違って空間には固有の代名詞がある。「ここ」とか「あそこ」とかに時間の上で対応する語は、日本語の代名詞にはない。そう言えば。当たり前のように馴染んでいる事実だが、これは結構凄いことなのかも知れない。

時間と空間、あるいは私と他者について、これまで全人類が知り得たことが、実は人称から空間的なものが分離させられている「特殊」な言語の世界内だけで語られてきたにすぎないのだとしたら・・・。

ワクワク。

それにしても、こういうのって、アフォリズムや断章や覚え書きにはなるんだけど、論文とかの形のイメージが全然沸いてこないんよね。学問的に無価値だとは思わないのだけど。

2007/06/12 00:24 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



夏の前日

category: ◆musics

風は涼しく日差しは強く。爽やかだけどなんとなく気怠い。とってもGさん日和。

ノールズ・ネスター組が全仏取った。あとはウィンブルドン取ればコンビでのキャリア・グランドスラムだな。

ウィンブルドンももうすぐだがコパ・アメリカももうすぐ。セレステに帰ってきたレコバに期待。

研究の方は全然復調の兆しが見えてこない夏の前日。

・・・今日のBGM・・・
 夏の前日/たま

2007/06/11 14:32 Mon | edit? | trackback(0) | comment(2)



ぷらら天満2

category: ◆diary

テニスの帰りにまた天満市場によって野菜を買う。

お魚やさんにおっきなおっきなアイナメがあったので、こいつも買う。造り用で一尾800円。でかくて安かった。35cmで700g。「お造りではもうしんどいかも・・・」とのことでしたけど、それでも良い買い物。

ainame0609


「そろそろアイナメも終わりですか?」と聞くと、「いや、これ北海道のなんよ。頼んだらまだまだ送ってくれる」とのこと。「煮付けにするの?」と聞かれたので、「いえ、唐揚げとグラタンに」と言うと、「ほっけなんかもお勧めやで。食感もええしね。」と勧められた。生のほっけはあんまり見たことないけど、このお店では時々入れてはるらしい。よく見ると鮭児(けいじ)とか北寄貝(ほっきがい)とか北のもんが確かに多い。

「唐揚げならガシラもどう?」と勧められた。見ると「アンコウかおまえは」と突っ込みたくなるくらい厳つくてデカイのが二つ。1000円超えても値打ちありそうだけど、今日はアイナメがおるので我慢。

天満に寄り道する楽しみが増えました。黒門とかもそうだけど、品揃えの良い市場で買い物が楽しめるようになって、ようやく大阪に住む楽しみというのが分かってきた気がする。

アイナメは半身とアラを冷凍して、残った半分を豆乳のグラタンにして楽しみました。これまで三度ほど試しているけど、今回はうす口きかせたのが良かった。一番出来が良かった。けど、こういう食べ方するんなら、確かにほっけでもガシラでもいいのかもしれない。

・・・今日のBGM・・・
 クラゲ/セロファン

2007/06/10 20:23 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



ナショナリズムとは関係ない

category: ◆football

リ・タダナリよりイ・チュンソンの方がリズムも響きも格好ええと思うのに。なんで変えちゃったんだろう。

日本語読みにしないといけない決まりなんだろうか。侍バツベイとかラモスやディドのことを考えればそんなことはないと思うのだけど。

2007/06/10 20:19 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



馬スジとセリ

category: ◆drink

seridote


先週畑で摘んだセリを「渉」さんにお土産に持っていったら、一昨日のメニュー「馬すじとこんにゃくのどて焼き」の上にあしらわれておりました。(箸を付けた後に思い出して撮ったので写真は美しくないですが・・・。)

セリの香味、馬と味噌の甘味、絶妙の相性でございました。馬にちなんで「駿」の純米酒を燗で頂きました。

自分の採ってきたものがこんなええ具合に使ってもらえるって、なんか嬉しいですね。

・・・今日のBGM・・・
 San Francisco/PLECTRUM

2007/06/09 15:33 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



道徳産業

category: ◆works

ウィキペディア日本語版は僕と誕生日が同じだったらしい。

さて。

帰りの電車で、「道徳産業」という言葉を思いついた。今の僕の働き方をよく言い表しているような気がする。

「なんでフリーで研究やってるの?」と聞かれたときに、これまでは「大学というところが働く場所として全く魅力に欠けるから」というネガティブな理由を挙げて答えていましたけど、実際の理由はそうではなくて、多分今の働き方が自分で自覚している以上に面白くてエキサイティングだからなんだろう。

道徳産業と教育産業のスキマを縫うような働き方。まあ、でも、多分に誤解を招きやすい表現ではあるだろな。

慈善事業と偽善事業と道徳産業は、僕にとっては全く別物です。

慈善事業は社会的に善いと認められていることを行う事業、偽善事業は社会的に善いと認められるために行う事業、道徳産業は社会的に善いということの判断基準そのものを生み出していく事業。

なので、道徳産業は産業といいながら決して産業化しきれない。「道徳産業」というのも、そうすると、実はかなりアイロニックな響きになるのですが、その辺のアイロニックな感じもまた本質をいい感じに捉えてるように思われます。「教育産業」も似たよなもんですが。

____

ホームページ引っ越したんで旧のホームページアドレスではNot Foundが出てまいります。HPにリンク貼ってくださってる方には、改めてそう遠くない内にURL変更のお知らせをさせていただきます。

・・・今日のBGM・・・
 お日様と猫/タイライクヤ

2007/06/06 23:56 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



開通

category: ◆internet

やっと新しいサイトに引っ越しました。

http://www.jupiter.sannet.ne.jp/geophile/

金星から木星へ。

2007/06/06 10:55 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



口の災い

category: ◆drink

今朝起きるなり、喉のもっと手前の方の、なんかちょうど舌先でなめられるくらいのとこの口の天井あたりに、不自然な痛みを感じる。

風邪で喉をやられた時みたいな腫れ方だけど、おかしい。こんなに口の入り口に近いところが腫れるというのは、体験したことがない。

鏡の前で思い切り口を開けてみると、口の天井のど真ん中が赤くなっていて、さらにその真ん中が白くなっている。変な場所に口内炎でもできたかと思っていたら、昼過ぎに気になって舌先でいじってた時に白かった部分がコロッと外れて取れそうになった。

ちょうど今、大げさに言うと、かさぶたのようなものが取れかけのままぶら下がっているみたいな感じです。この数日、この日記で深海魚のタウマティクテュスがどうこうとか言うてたら、ほんまにタウマティクテュスみたいな口になってしもうたようです。

しかし、こんな変なところに傷ができるような原因には全く覚えがない。美味くなさそうとかけなした呪いやろか。

もう今日は酒も控えてケナログ塗っておとなしく寝る。口の災いは食べる楽しみを奪うので大嫌いじゃ。

・・・今日のBGM・・・
 アンサー/トルネード竜巻

2007/06/05 16:07 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



しばらくお待ち下さい

category: ◆internet

先月一杯で旧メールアドレスを放棄したのですが、旧アドレス放棄とともに個人のホームページも消去されてしまうことをすっかり忘れていて、ホームページにアクセスできなくなっております。

新しいメールアドレスで再度開設申し込みしているので、もうすぐしたら復帰します。

久しぶりに更新しようとしたらサイトが行方不明で更新できなかったので、驚いてそこで気がついた。

kiageha

土曜日に畑で見つけたキアゲハの終齢幼虫です。セリの茎に止まって蛹になる時を待っている感じでした。図鑑でしか見たことがなくて実物を見たのは初めて。

というわけで、お待ちの方はいましばらくお待ち下さいませ。

・・・今日のBGM・・・
 風にあずけて/advantage Lucy

2007/06/04 23:08 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)






Recent Entries

prev< 2007.06 >next
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Comments

Recent Trackback

Links

Profile

geophile
フリーランスの地理学者です。ひとり家庭教師派遣業のほか、NPOやコミュニティビジネスをターゲットに、ひとり人材派遣業もやってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。