アクセス解析
Cuatro Dragons
FC2Blog  Admin  Rss1.0 



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- -- | edit?



お金は後からついてくる、という話

category: ◆essay

お金は後からついてくるとか、儲けは後からついてくるとかいうのは、経験的にはその通りだと思う。



業種だ収入だとかはあまり考えずに、無理無い範囲でいろんなところにちょっとずつ交友関係を広げていったら、世の中的に何が足りていないのかとか、どことどこがつながれば問題が解消されそうなのかとか、いろいろ見えてくる。



いろいろと見えてきたら、これまた無理無い範囲で、必要とされているのに足りていないところを補うように行動する。その行動が社会に必要とされているなら、そこにお金が流れてくる兆候みたいなのが必ず現れる。それを上手に捕まえる。



お金が流れてくる前提として、まず言葉が流れてきていて、お金の話や仕事の話はその言葉の流れの後を追ってやってくる。言葉の経済がお金の経済に先立っているような関係のあり方。適当に幸福な生活をしてやがて死ぬ分には、そういうところから得られるお金で十分だと思う。



適当な幸福を大幅に超える幸福を望む場合は、考えどころだな。お金の経済を動かして言葉の経済を支配するというのも、面白いゲームだとは思うけど、お金が決して動かないような言葉だけの経済の世界を密かにつくることも、それに比肩する面白さがあると思う。



いずれにしても、言葉の経済がちゃんと機能しているうちは、多分お金の心配はしなくて良い。金の切れ目が縁の切れ目になる前には、必ずその予兆として言葉の切れ目が先行しているのだ。



ただね、お金が後からついて来るというその経験的な確実性は、未来に対しては適用されないんだよなぁ。今までは後からついてきた物がこれからも後からついてくるかどうかは、あくまで未知数。そこが潜在的な精神的不安の温床になる。



そして、この不安は、たいがい言葉の切れ目が原因であるにもかかわらず、お金の切れ目に対する不安と自覚されてしまう。だから、ひとたび不安に陥ると、本末転倒な解決策からどんどん悪循環に陥ったりするのだ。言葉の切れ目が原因なのに、お金の話を優先して、言葉の経済からどんどん自分を遠ざけてしまったり。



な~んてことをぼんやり考える僕が唯一尊敬する経済学者は、やっぱりカール・ポランニーだったりします。



ポランニーは土地の価値を貨幣で交換するということに違和を見いだしたわけだけど、これって、地名に単独性が宿らないという最近日本の地理学でも論争になった議論との間に、なんか食い違いがあるような気がします。単独性が宿らないのであれば、どこまで行っても貨幣的なもので交換が可能になるような気がするんだけど。



宿題だな。



・・・今日のBGM・・・

 ハイスコア/ステンレス
スポンサーサイト

2005/10/31 13:13 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



まろはみやびなおこさまゆえ

category: ◆diary

今日も一日家で寝てました。体の疲れはすぐに自覚できるけど、心の疲れは自覚するのが難しいので、なるべく早めにブレーキをかけておく。体じゃなくて心の疲れをとるために、眠れるときにはゆっくり眠る。



起きてから、ちょこっと書類棚の整理。



久しぶりにおじゃる丸を見た。三年前、鬱がひどかったときは、一日中寝て夕方に起きておじゃる丸を見るというのが日課だった。



三年前と同じ日だったな、今日は。



「頑張らない」ということに関して、頑張る。頑張ってさぼる。でも、頑張って休んでいる感じがするなら、それは休んでることにはならんのだな。自分に嘘をつくのがこの三年でちょっとだけ巧くなった。



近所の肉屋さんでミスジとレバーの刺身、それとベーコンの塊を買った。ベーコンでパエージャ焼いて、お肉の刺身で晩酌。一人の食卓で久しぶりに思わずにやにやと笑みがこぼれる。







・・・今日のBGM・・・

 ハチミツ/スピッツ

2005/10/30 18:00 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



二日分

category: ◆diary

昨晩は、業務用運搬車を車で運搬する作業におつきあいして、その後一杯ごちそうになって帰宅。



今日は寝屋川で今後の事業展開のこと考えたり面白い古着屋さんの情報を聞いたり。



明日の予定を立てかけて、やめた。「明日●●出来たらいいな」、ならば良い。けど、「明日●●しよう」はダメだ。何人たりとも僕を束縛することはできない。



僕でさえ例外ではないのだ。



・・・今日のBGM・・・

 Coffee Shop/セロファン

2005/10/29 00:03 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



象とライオン

category: ---match reports

久々に寸評。一昨日見た、アフリカ予選の録画放送。グループ3の大一番、コートジボワール(CIV)対カメルーン(CMR)。いや、黒人選手ばっかりの試合は見慣れていないから、選手の把握が大変。試合は、二度コートジボワールが追いつくもカメルーンが勝利。だが、最終節で結局逆転されて、コートジボワールがドイツ行き。



○ウェボ(CMR):ゴール前での抜け目無い動き。ブラックアフリカンのしなやかな力強さ。弾けまくってたね

○ドログバ(CIV):この人だけが、本当にこの人だけが、冷静な心で試合に臨めていた。事実上キャプテン。FKは元アルゼンチン代表のバティ並の迫力。

●コロ・トゥーレ(CIV):アフリカの選手って、時々ゴール前の危険なエリアであっけらかんと気を抜くことがあるよなぁ。

●ウォメ(CMR):コロ・トゥーレに同じ。

○ゾコラ(CIV):中盤の底からロングボールを上げて、ドログバ、カルー、ディンダンに当てるという攻めパターン。前線でパスを出せる人がもう一人いると、もっと活きるかもな。割と好印象。

●ボカ(CIV):攻めてるときは良いけど、守りの時はやはり体躯の小ささが気になってしまう。結構強引に抜かれてたりした。

○ソング(CMR):でかいドログバやカルーは同じく長身のカラに任せつつ、危なげない統率ぶり。失点はウォメのポカとFKからなので、この日はまずまず及第だったか。

●ドモロー(CIV):トゥーレとのCBコンビは悪い意味で実にブラック・アフリカ的。本大会が心配です。

○オレンベ(CMR):この人が居る分、カメルーンの方がだいぶん見ていて面白いサッカーをしてたと思う。やっぱり、ちゃんと球を散らしてアクセントをつけてくれる人が要るよな。

○ゾロ(CIV):中盤から前線に頻繁に絡んでクロス上げたり突破を試みたり。守備もまあまあ悪くなかった。CBに比べれば。

○エトオ(CMR):ヨーロッパでの試合やワールドカップを見てると「速さ」ばかりが印象に残るけど、同じく身体能力の高いブラック・アフリカが相手だと、やっぱり技術もかなり高いってことがよく分かる。

●カルー(CIV):この日はカラとソングに巧みに絡み取られてた感じもするけど、本大会ではちょっと期待できそうだ。コスタリカのワンチョペに雰囲気が似ている気がした。大きくて速くて、巧くて柔らかい。





コートジボワールの初出場が決まった後に見ると、何だかまあ多少のしらじらしさはあるな。初出場が決まったときは、コートジボワールなかなかやるなとか思ってたんだけど、この試合を見てちょっと考えが変わった。本大会にはやっぱりカメルーンの方が相応しいような気がする。



ただ、ブラック・アフリカ同士の対戦だと身体能力では差がつかないから、やっぱり経験と組織力の差が大きく影響してしまう。身体能力の高さは、ブラック・アフリカ以外の国と試合するときに最大限発揮されることが多いから、本大会でどうなるかは何とも言い難い。しっかり守って、前線に蹴り出して、あとはドログバとカルーとディンダンの身体能力にかける・・っていうシンプルなパターンが意外とハマるかも知れない。(同じかそれ以上に身体能力がずば抜けているカメルーンには通用しなかったわけだが、02年のセネガルはそれだけであれよあれよと8強まで進んだわけだし)。




2005/10/28 00:41 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



机上のトラベラー

category: ◆diary

今日は朝起きてから洗濯して掃除機かけた。昨日よりは少し意欲的に。



福岡までの旅程を思案していますが、難航中。安く上げるなら11/11~11/14の三泊四日(うち船中一泊)だけど、フェリーで門司に着いていきなり学会に向うのはちょっとバタバタしすぎるので、学会の前日に福岡入りして(つまり、船中一泊を含む11/10~11/14の四泊五日)、11/11は自転車借りて遊びに行こうと思ってます。



遊びに行くっていっても、別にどっか当てがあるわけでなし、ただひたすら街を走るだけになると思うけど。



14日は休みをもらったので、一日帰りの移動に費やせる。帰りは高速昼バスの予定だけど、行きのフェリーの乗り心地次第では、帰りもフェリーにするかも。その時は船中二泊込みの五泊六日。



船中以外の宿泊は全てカプセルになりそう。



・・・今日のBGM・・・

 あの駅で待ってる/The Love

2005/10/27 22:15 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)



無欲な肉塊

category: ◆diary

朝起きて、起きる気もあまりなかったのだが、まあとりあえず起きて、家の片づけをパタパタッと済ませて、お昼ちょこっと食べて、また眠った。



夕方以降仕事に出るまで、本当に何をする気力もなかった・・・と言うと、まるで鬱病みたいだけど、そういうのでもなくて、ホントただ純然と何をする気もなく。食欲もなかったけど、拒食欲はそれ以以上になく、別に掃除する気力があったわけでもないんだけど、それ以外にやるべきことを考え出す気力はもっと無かった。起きる気力があったわけではないけど、覚醒した体を再び眠らせる気も起きない。



何より、生きてるのがしんどいとか、このまま死んだら楽だろうなあとか、そんなことを考える気力が一番萎えていたかもしれない。明らかに、鬱状態ではない。



そんなこんなで、掃除して眠るだけの一日。今日の日ほど文字通り家でごろごろしていたという経験は、生まれてこの方記憶にない。



4戦目の晩だけ仕事が入っていたせいで、感動の瞬間を見逃したのが無念。



・・・今日のBGM・・・

 十字路/carnation

2005/10/26 23:59 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



知と愛

category: ◆essay

その人のことを考えてるだけでとても優しくて穏やかな気持ちになれるような人がいれば、とても幸せだ。そんな人が恋人だったり家族だったりするのなら、それはとても幸せなことだ。



でも、そういう人がとりあえず一人でもいるのなら、その人が恋人でなかろうが家族でなかろうが、幸せであることにはなんの変わりもない・・・・ということを悟り切ってしまうためには、もっともっと心のゆとりが必要だな。



最近人やものに惚れる体験が減った分、思考回路が刺激されることも減ったように思う。やっぱり、頭を思いっきり使うのって、好きなものや好きな人をめぐってでしかあり得ないもんなー。まあ、思考が刺激されない分だけ、気分の方は安定してるんだけど。



ある人やものを好きなままで、好きであるが故に傷ついてしまうリスクから解放されたとき、とても穏やかな「好き」だけが残って淡々と幸せなんだが、この生活の中には思考する快楽が全く潜んでいない。



一言でいえば、幸せな生活は思考を刺激しないし、思考が刺激されない生活であれば、それは幸せな生活だってこと。



ここまで書いて、やっと自分で今の問題が理解できた。学問することの価値を、決して幸福全般よりも大きなものと見なしてはならない。時々、学問している人間であろうとするエゴが悪い方に作用する。反省。



来月の学会、福岡までフェリーでの移動を思案中。大部屋でどの程度ゆったり眠れるのかとか、船はどのくらい揺れるのかとか、あれこれ想像ふくらませてみる。



・・・今日のBGM・・・

 きっと愛してる/The Boom

2005/10/25 14:35 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



真っ青な空 真っ白な頭

category: ◆diary







いい天気です。



真っ青な空をぼーっと眺めながら、なんで空は青いんだろなぁ・・・とか考えていました。



空の青を眺めながら考えている内に、僕の疑問は、なんで青は青いんだろうなぁ・・・に変わっていきました。



青い色が青く見えるってのはどういうことなんだろう?世界にもし青色しかないとき、それでもその青色はやっぱり青く見えるんだろうか?一切光の届かない真の闇は黒を見る感覚と同じだろうか?



などなど。



時々、心の底から、頭が良くなりたいーって思います。世の中は知らないことだらけ、知りたいことだらけ。悲しいかな、世界を理解するにゃ僕の頭じゃ小さすぎる。



昨晩はゆっくり眠って今朝はすっきり目覚めた。マリーンズの快勝もサンガの昇格も淡々と新聞記事の出来事として過ぎ去っていき、さほど僕の精神生活には波風を立てなかったみたいです(サンガのオフィシャル・サイトに載っていた松井とパク・チソンの祝福コメントには、ちょっとばかし感動した)。まあ、それもこれも、結局は勝ったからってことなんだけど。負けたら当然落ち込んでただろな。



さっきようやく原稿仕上げて送った。来月中にはホームページに載せます。しばらくずっと細かい部分に拘って推敲してたせいか、自分の研究の大枠を見失ってしまって次に何から手をつけるべきかが分からないような状態。



今はビジネスの方にエネルギーを注ぎたい気分。学会までの間に頭を白紙に戻して、それから時機を見て研究を再開することにしよう。



・・・今日のBGM・・・

 New Horizon/Husking Bee

2005/10/24 13:52 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



あふれる涙をこらえて、西へ。

category: ◆diary





僕の自宅は大阪市の西端にある。だから、普段出かけるときは、仕事でも遊びでも、とりあえず家を出て東に向かうことになる。



そんな毎日にちょっと疲れてきて閉塞感を感じたとき、突然いつもと違う方向に飛び出したくなって、西に向って自転車をこぎ出す。弁天町の西は港。その手前に天保山がある。



海から吹き付ける寒い風がきつくて、アレルギー気味の目は涙が止まらない。涙をこらえて西へ西へ。あふれる涙に港の景色はかすんで見える。いつものカフェ・デュ・モンドで一服して論文の修正作業。



ケイジャンガンボスープで体が温まったので、一度帰宅して東に向うことにしたが、修正作業が終わったら力尽きた。



多忙な日はまだまだ続きます。多分死ぬまで。明日からに備えてせめて今晩は安らかに眠りたい。



皆様方も良い夢見られますように。



・・・今日のBGM・・・

 Hello! Psychedelic Mania/LÄPPISCH


2005/10/23 12:57 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



負のソウルフード

category: ◆botany

信太の畑で芋掘り。オケラやゲジゲジ、ミミズにコオロギ、たくさんの無脊椎動物たちに遭遇。



土が硬いために地下に伸びず横へ横へと太ったサツマイモは、まるでニンニクのような形状。そして、土の養分が足りないせいか、ダイエット食品のように甘くない。以前にcocoroomのまかないで味噌汁の実に使ったら、スタッフにジャガイモの味噌汁と間違われてしまったくらい。



形はニンニクでジャガイモのような味のするサツマイモ。こち亀にでも出てきそうだ。



以前このサツマイモを食べたとあるおじさんが、戦争時代の思い出を蕩々と語りだした。戦時中、食べるものは芋ばかりだったそうだ。戦争中は甘い物なんかほとんど食べられなかったと言う話も聞くし、そんな中でサツマイモみたいに甘くて旨いものばかり食べられるのならいいじゃないか、と子供心にずっと疑問だった僕は、信太の畑で取れたサツマイモを食べて、はじめてサツマイモがネガティブに語られる訳が分かった。



昨日今日耕し始めたその辺の土地で適当に作ってもサツマイモは育つけど、それは僕の知っている甘くて美味しいサツマイモからは程遠いのだ、きっと。



ローズマリーは相変わらず頑強で、ここに植えたロゼア種は、葉っぱの太さが家のベランダのレックス種並に育ってる。そしてレックス種の葉っぱはというと、これはもう手がつけられないくらいのたくましさ。



ちなみに、映り悪いけど、左がロゼアで右がレックス。同じ距離から取っているので、雰囲気は分かるかな。





平和にぼけるのも悪くはないが、こやつらのたくましさはちょっとくらい見習いたいところ。戦争はね、遠い過去や遠い国の話じゃなくて、今既に身の回りに起こっているのかも知れないのだからね。



・・・今日のBGM・・・

 EIGHT DAYS A WEEK/The Beetles

2005/10/22 22:31 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



category: ◆diary

今頃気付いたが、W杯予選大陸間プレーオフと学会の日程が重なってる・・・。



ん~。ウルグアイのホーム、放送を見られない。結果だけ先に知ることになりそうだな。情報断ちとか出来ない質だしなぁ。



まあ、どっちにしても、11/12にはまだ結果が決まるわけではないので、いいや。大事なのは16日の試合。



今日は、風邪ひいたので早退。明日は午前の畑と午後のcocoroom、両方とも外せないので、今晩のうちにしっかり治しておきたいけど。



・・・今日のBGM・・・

 ROSE GARDEN/carnation

2005/10/21 20:33 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



投資

category: ◆diary

朝方寒かったので風邪ひいた。OGNの理事会はパス。起業家カフェから参加。



学会の宿泊と移動の予定をさっさと済ませてしまった。二週間以上も前に宿の予約を入れるというのは、割と行き当たりばったりな僕にしてはかなり異例のこと。完徹できるほど若くはないので、ちゃんと宿は押さえておかないと。



今日一つ思いついたアイデアがあって、しばらくの間ちょっと頑張ってそっちにエネルギーを注ごうと思っています。カマ通の建て直しです。将来に向けての投資でもある。



色々巻き込めたら面白そうだけど、欲張ると動き出さないから、動かせるところから動かそう。



・・・今日のBGM・・・

 期待/HAYDON

2005/10/20 23:39 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)



学会間近

category: ◆geography

風が涼しくなって、陽が沈むのも早くなって、いい季節がやってきた。やっぱり僕は暑い季節よりも寒い季節が好き。



『人文地理』が届いてようやく学会発表のプログラムを見ることができました。Excelに落として、時間割形式に編集し直して、予定を組んでいるところ。



午前の最後が被ってる・・・。



今回は発表しないので、ひたすら受信モード。なるべく多くの言葉を仕入れて、その先の思考の種にできるといいですね。せっかくお金かけて福岡まで行くのだから。



『人文地理』掲載の論文も含めての印象だけど、ルフェーブリアンと構築主義はすっかり方法として市民権を得た感がある。既に市民権を得た手法の中に新しいものが加わってるのだから、当然そこには何某かの化学変化が期待できそうなもんなんだけど、これがまた、そういう変化が起こる予感はまるでない。



まあ、今も昔もその点ではおそらく変わってないのかも。地理学者はたぶん、歩き尽くすことや調べ尽くすことへの飽くなき欲動はあっても、考え尽くすことへの欲動は、それらに比べて弱いところがある。



バランスよくありたいところ。



・・・今日のBGM・・・

 あかい糸/Slap Sticks

2005/10/19 19:14 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



Togo, what?

category: ◆football

日本代表の11月の親善試合、対戦相手がコートジボワールからトーゴ代表に変更になった、というニュースを目にした。もしや・・と思って確認すると、案の定、トーゴ代表のメンバーをサーチエンジンで調べようとした人たちのログが沢山残っていた。



申し訳ありません。私、アデバヨル以外に動いているトーゴ人を見たことがありません(こんな顔)。名前を知っている選手でも、アデバヨル以外にはGKのアガッサとFWのオルファデだけ。



ガーナとコートジボワールは初出場とは言え、アフリカでは割と強い方だったので知ってる選手も多いけど、トーゴとアンゴラは、ほんとさっぱり分からない。けど、4年前にはセネガルの選手なんて一人も知らなかったのに、今やそれがメジャーなチームになってしまってる。トーゴやアンゴラも一年後にはもしかすると・・・。特に、トーゴはセネガル同様ギニア湾岸でフランス語圏、第二のセネガルになりそうな予感がぷんぷん漂ってます。



そして、今回のセネガルがそうだったように、5年後にはもしかすると・・・。アフリカの国は、個々人の身体能力が高いけど国の経済の方は決して体力高い方ではないので、あっという間に国ごとグローバルなフットボール経済のシステムに組み込まれて、良い選手はたくさんいるのに代表はいまいち強くなりきれない・・・って状態に陥る傾向が高そうだから。要するに、尋常でない早さで「古豪」化してしまう。南米の中堅や東欧の古豪の比じゃない。



だからこそ、まだ「世界のサッカー」の外側にはみ出す部分が大きいトーゴとアンゴラは、ちょっと面白い存在(ガーナとコートジボワールの方が成績は期待できそうな気がするけど、このチームがいい成績残しても、もはや驚きは少ないしなぁ)。



アフリカのチームの場合、初出場を果たした大会が、国のプライドと並はずれた身体能力、欧州進出への野望、こういうのが一番バランスよくまとまるタイミングかもしれない。



・・・今日のBGM・・・

 OH! HAPPY/Slap Sticks

2005/10/18 19:16 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



常神

category: ◆diary

二日間、 こんなとこに行ってきました。



港の岸壁で大量に釣った豆アジを唐揚げにしてもらったのがとても美味だった。釣りをやったのは小学生の時以来。コツさえつかめばエサが無くても時間帯によっては大量に釣れるようです。その他タイやヒラメやアオリイカの造りにシマアジの姿焼きなどなど。



まこと海は偉大なり。



・・・今日のBGM・・・

 YesNo/オフコース

2005/10/17 19:20 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



内面の法廷

category: ◆essay

手応えあったと感じる時は同時に猛反省するタイミングでもある。



内面の法廷。



裁判長は、鷹が一瞬だけ爪をむき出しにしたのを見逃さなかった。僕の場合、裁きを下す裁判長の顔には、いつも表情がない。



振り返って幸せな一日だったけど、残念ながら余韻に浸る間がない。



・・・今日のBGM・・・

 ノスタルジあ/シュガーフィールズ

2005/10/15 23:59 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



「今日は疲れた」

category: ◆essay

今日はとても疲れた。



・・・などと書くことがわりと多いと思う。そして、書かれたものをずらり見渡して眺めると、「なんだ、こいつは疲れてばかりだな」となるわけなのだけど、実際は、疲れたといっても人並み程度、だと思う。



種明かしすると、仕事終えてヘトヘトで帰宅したばかりのタイミングに書いたりすると、もうその時にはたいて「疲れてる」しか感じていないので、それ以外に書くことを思いつかないのです。つまりは、そゆこと。



いつも疲れているんじゃなくて、今たまたま疲れていて、その「今」にこれを書いている、というだけの話。なんだかんだいって、リアリティを感じるのは、やっぱり「人生」よりも「今」である。・・・というのも多分半分ウソで、見渡して眺めてみれば、「人生ってのは」や「世の中ってのは」みたいなことを書いていることもそれなりに・・・・と思ったら、やっぱり人生訓や処世訓は、社会批評並に少ない。



・・・この独今論者め。



本日もcocoroomにて仕込み。レモンパイをアレンジしてすだちパイにしてみた。結構、会心作。あと、スイートポテトのタルトと、ニューヨーカーチーズケーキも。



論文の冒頭をばっさりと書き直して、それ以降作業が進んでいない。週末は作業に時間が取れないので、来週の半ばには仕上げたい。それと、某所の議事録もなんとかせんと。



・・・今日のBGM・・・

 Everybody Got to Lose/セロファン

2005/10/14 23:33 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



負けない限りは終わらない

category: ◆football

刺激が強くてとても疲れた一日。



セレステがアルゼンチンに勝った。期待はしていても予測は出来なかった結果。レコバのカンフーキックが決まったときは、自室で拳握りしめて絶叫した。でも、最後の笛が鳴るまで、期待しなかった。80分過ぎても、「どうせここで追いつかれてへたるんちゃうん・・?」とか、ネガティブに考えるようにしていた。



結局、コロンビアとチリが負けてもウルグアイは最後まで負けなかった。勝ち点を拾い続けた。第9節でアルゼンチンに負けたのが最後。後半戦は一つも負けなかった。でも、アルゼンチンに勝ってプレーオフを決めるよりも、ペルーかベネズエラに勝って、アルゼンチンに引き分けくらいで決めてくれる方が、心臓には優しかったように思う。



ともかく、この話はまだ終わってない。負けてもう試合をしなくてもよくなるまで、終わりは来ない。出来ればその終わりは来月ではなくて2006年であって欲しい。



オーストラリア代表またはコロンビア代表を死ぬ気で応援している人とは、当分仲良くなれそうにも無いなぁ。ここまでの展開、4年前と一緒だもの。



・・・今日のBGM・・・

 ヘアチェッカー/オセロケッツ


2005/10/13 23:40 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)



起業、結婚、バンド結成

category: ◆diary

もしかしたら、この三つは、同じものなのではないだろうか。どれ一つとして経験したことはないけど。



帰りの電車でふと思いついた。ときどき、何の脈絡もなく、何かを発見することがある。



明日と明後日は、cocoroomで15日に入っているパーティーに向けての仕込み。レモンタルトとパンプキンパイ、それとニューヨーカーチーズケーキを焼こうかなと思ってる。ついでに小さいのも焼いて一つ350円くらいで出すかも。



この間自分の仕事がどんどん遅れてます。けど、今はサッカーの方が大事。明朝で終わるかそれとも来月まで延命か。アイルランドもスロバキアもウズベクも頑張れ~。



・・・今日のBGM・・・

 手と手、影と影/GOMES THE HITMAN


2005/10/12 23:59 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



アーキテクチャとアフォーダンス

category: ◆essay

レッシグのアーキテクチャとギブソンのアフォーダンスって、発想が似てるとこあるなぁと思った。浅薄な思いつきだけど。



言語がもっともありふれたアーキテクチャなら、その構造を明らかにするもっとも手っ取り早い方法が、思考実験ということになるのかどうか。



社会学や社会思想の最先端のキーワードもまた、アーキテクチャなのだと思う。そして、それは民主主義や自由に関する思索のアフォーダンスにもなる。



けど、その思索は本当に自由なんだろうか。それが自由な思索であるとは思えないけれど、同時に、そのことは社会学とか社会思想の本質には全然関係のないことでもある。たぶん、社会学や社会思想によってより良い社会が語られていくことだけが重要で、それを語るプロセスそのものに自由があるかないかはどっちゃでも良いのに違いない。



論文の冒頭部分を修正している中で考えついたこと。



・・・今日のBGM・・・

 109/Slap Sticks

2005/10/11 15:14 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



壊された脳細胞、失われた記憶

category: ◆diary

今日もくしゃみがひどかった。くしゃみのしすぎでかなりスタミナ切れ。くしゃみのせいで顎の筋を違えたり、舌をかんだり、満身創痍。



ぼく「くしゃみって、めちゃ体力消耗すんねん。腹筋とかめちゃ疲れるし」

友人「くしゃみ一回するごとに、脳細胞1000個壊れるらしいっすよ。」

ぼく「・・・このやり取り、確か、前にもしたことあるよなぁ・・・?」



確かに、僕の脳細胞はくしゃみのせいでかなりの数破壊されているようだ。



家の仕事、役所絡みの書類あれこれ、論文の修正、いろいろ滞り気味。何とか挽回したいが、10日ほどはまとまった時間をとれそうもない。



・・・今日のBGM・・・

 かゆい頭/カステラ

2005/10/10 22:15 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



残りは一試合

category: ◆football

ウルグアイはエクアドルに引き分けたものの、コロンビア対チリが運良く引き分けだったので、自力でプレーオフに進める可能性を残しました。



次の相手はアルゼンチン。勝てばとりあえずオーストラリアと戦う権利を得られる。引き分けか負けなら、他の試合結果次第だけど、まあ、そうなったらアウトだろうね。



その他では、アフリカ予選。いや、みなさんかましてくれましたね。コートジヴォワールの大逆転にびっくり。アンゴラもトーゴもアウェイでぎりぎりよく勝った。ガーナは余裕すら感じさせました。これで5枠中4国が初出場。



スロバキアも何とか勝って、最後ロシアとの決戦。ウズベクは運がないとしかいいようがないなぁ。幻の第一戦目の主審が恨めしくて仕方ない。何とかアウェイで奮起してほしいです。



さすがに今日は、トーゴ代表で検索してここをお訪ねになる人が多いようです。そりゃそうだろなぁ。 



で、話はは戻ってウルグアイ。結局死にきれず、生かされてしまった。けど、生かされているのなら、死にきるよりはやはりましだわな。それがどれだジリジリと苦しい展開でも。



次は12日。死ぬなら、ここで思い切り。骨は拾ってやる。まだ生かされるのならそれも一興。



「われらに自由を、さもなくば栄光の死を」(ウルグアイ国歌より)



・・・今日のBGM・・・

 ノーベル賞音頭/カステラ

2005/10/09 20:38 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



決戦の時

category: ◆football

雨のせいで、お家に釘付け。夕方に所用で外出して、ついでに知人のお見舞いに行って、家で夕飯。



12時間後に感じているのは、高揚感かそれとも絶望感か。このどちらかである。中間はない。



「われらに自由を さもなくば栄光の死を」



エクアドル対ウルグアイ、明朝キックオフ。



他にも気になる試合は多いけど、これは特別。ラトビア対日本なんて見ている場合ではない・・・・というのはウソで、ちょっとだけのぞき見しました。高原のロングシュートだけでも見たかったから。



・・・今日のBGM・・・

 日曜日よりの使者/THE HIGHLOWS

2005/10/08 21:33 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



口はわざわいの元 わざわい転じて福となせるか

category: ◆diary

今日はなんだか言語中枢のブレーキが調子悪かった。



きくべき所できかなかったのか、それともきかなくても良いところでききすぎてたのか、それがよく分からないのだけれど。



最近、夜眠るのが楽しみ。良い夢を見られますように、と念じながら眠りにつく。



・・・今日のBGM・・・

 らんちう/たま

2005/10/07 23:41 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



甘い物につられて地の果てまで

category: ◆sweets

朝、寝覚めが良かったので、まだいったことのないお店を自転車でハシゴすることにした。





まず、立葉から大国町、一心寺の前を抜けて25号線を延々と東に。杭全経由で長吉長原・出戸の方まで。遠いの何の。長吉出戸には廃線になったJR貨物の踏切があって(右の写真です)、弁天町に住んでる僕にとっては何とも絶妙な「地の果て」感を醸し出していた。この辺が、淀川以南では家から最も遠い大阪市。



長吉長原の目当てはパティス・パティ。けど、店内飲食のスペースなし。イチジク使ったのが2種類ほどあって美味そうだったので、実に無念。大阪市の反対側まではるばるやってきて何も買っていかないのも心残りなので、焼き菓子の食べ比べを思いつき、ガレットとフィナンシェを購入。







その後、近畿道沿いに北に向かい、25号線から加美へ。「鞍作」なんて地名を見ると、ちょっと色めき立ってしまいます。ちょうど平野川を挟んで加美とは反対側が、不自然な形で八尾市の飛び地みたいになってたり。







さらに、加美を北に抜けて巽東、内環状線から新深江を経て今里まで。



ケントハウスの本店が今里にあるのを今まで知らなかった。心斎橋の店がなくなったのでつぶれたものとばかり思ってましたが・・。ここではミルフィーユ・オ・フレーズ頂きました。店やケーキの造りが豪奢なわりにはお値段良心的です。味はまあまあ。パイはさくっとした感じ(個人的には、ぱりっとした感じか、ほろっとした感じのが好き)。クリームの口当たりが好印象。ガレットがなかったのでフィナンシェだけ買う。



その後、元気があれば、住吉のピュイ・ダムールまで行く予定だったんだが、今里筋から南港通り経由で住吉に行って、さらにそこから弁天町に帰るのは体力的に辛そうなので、断念。



玉造のピロシキ屋さんでピロシキ四種とミートパイ買って、通りがかった心斎橋のアン・リッコでザッハトルテを注文。お値段はケントハウスよりもさらに良心的だけど、その分多少のチープ感が漂う。ザッハトルテなのに、アプリコットジャムが入ってないのは残念。けども、ワンコイン+50円でケーキのセットが食べられるのはかなり魅力的。しかも、ケントハウス同様、店内の雰囲気がとっても好み。ここでもフィナンシェ購入。



美味しいケーキ食べられる店というよりは、新たに手頃な勉強部屋を二つ見つけたって感じだったな。



今日の行程で、だいたい30km弱くらいだとは思うけど、かなり疲れた。住吉のピュイ・ダムールまで足を延ばしたら、今日は帰られへんかったかもしれんな。



とりあえず、そんな行程でした、今日は。移動の最中にあれこれ思うことがあったけど、それはいずれ思索の素材(ひいては論文の材料)になると思うので、ここでは出し惜しみ。



・・・今日のBGM・・・

 アナナス/セロファン


2005/10/06 19:11 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)



カオス

category: ◆diary

ブラウマイスターとザ・プレミアムをお供に、リガトーニのアラビアータを食べながら、枝雀師匠の落語(愛宕山、一人酒盛、宿屋敵)を聴き、音を消して清水エスパルス対ガンバ大阪の試合を見ていました。



何ともけったいで楽しい空気が一人の部屋に充満してます。はは。

2005/10/04 21:45 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



隠しメニュー

category: ◆diary

いつも行くお好み焼き屋で、カレー焼きそば(スジ入り)注文。以前、他のお客さんが注文して目の前の鉄板で焼いていたのがうまそうだったので、食べる機会をうかがってた隠しメニュー。



この店のおねーさん、注文を受けたときにメモを取ったりしない。僕の同僚の人から聞いた話によると、できあがりのお好み焼きの「絵」を想像してお客さんの顔とセットにして、注文を覚えておくのだそうだ。なじみの客が多いし、だいたいいっつも似たようなメニューを注文するだろうから、この人はこれって感じで頭の中に対応関係が出来てるんだろう。で、客の顔を思い出しながら、対応するお好み焼きを次々に焼いていく。



そういうわけなので、いつもホソか油かすのソバ入りを頼む僕が、忙しいときに限って「スジのソバ入り」とか「イカとホソのソバ入り」とか変化球を注文すると、おねーさん、一瞬だけ動揺したりするのだ。



今日は、雨降りで店も忙しくなさそうだったので、初めての隠しメニュー頼むのには絶好のタイミングでした。



今日も美味しい食事を楽しめたことに感謝。



・・・今日のBGM・・・

 そばにあるすべて/GOMES THE HITMAN

2005/10/04 13:05 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



ザッシュ

category: ◆drink

最近倹約生活モードなので、家で食べることが増えた。



今日初めて「その他の雑酒」なるものを飲んだ。自分で買ったのではなく、粗品でもらった物。これまで、まあ自分で買うことはないだろうなという思っていたが、実際に飲んでみて、改めてその思いを強くした。昨日の晩酌がモルツ・ザ・プレミアムだっただけに、余計。



今はザッシュと入れても雑種にしか変換されない。雑酒に変換される時代はすぐにやってくるんかね。なんか切ないな。



久しぶりにハートランドを飲みてーな。大阪に来てからというもの、ハートランドを売っている店をまだ見つけられていない。



・・・今日のBGM・・・

 愚か者、走る/carnation

2005/10/03 19:37 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



飛車桂馬落ち

category: ◆football

欧州予選に向けて正念場のスロバキア、負傷でミンタルとグレシュコが出られない。大丈夫かいな。



CLのアンデルレヒト対ベティスをテレビで見ていた。良い試合だった。ウィルヘルムションはやっぱり良い選手だな、うん。



・・・今日のBGM・・・

 ボヘミアン・グレイブヤード/佐野元春

2005/10/02 18:25 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



直翅目オールスターズ

category: ◆botany

朝から畑仕事。



不思議なことに、畑仕事は、どんだけ眠くて行きたくないなぁと思っていても、行ってみたらしんどいのが気にならなくて、気づくと夢中で作業している。



小さい頃に憧れた虫がそこら中で飛び跳ねてて、さて二十年前だったらきっと夢中になって網を振り回してただろうな、と思います。虫屋ではなかったけど、ふつうの男の子並には虫が好きだったし、何より図鑑が好きだったし。



でも、大人になってからは、バッタ系にはあまり触角が反応しなくなったな。



ネットで調べた写真と比べてみて、左から、ツユムシ、コバネイナゴ、クサキリだと思われますが、自信ありません。携帯なんで画質も悪い。



このほかにも、オンブバッタやショウリョウバッタもいた。あと、さすがに素早くて写真は撮れなかったけど、かなりでかいエンマコオロギも見かけました。



いやぁ、自然て良いよなぁ、なんて悠長なことを言っている場合ではなくて、前回種を播いた大根の新芽は、おそらくはコイツらの仲間にことごとく食い尽くされておりました。害虫は害虫。



で、これは番外。こっちも写真がぼやけてますが、害虫の敵ということで益虫のカマキリはん。チョウセンカマキリかオオカマキリか。お腹がぱんぱんに張っていましたが、中身は卵かそれとも針金虫か。





・・・今日のBGM・・・

 グラスホッパー/スピッツ

2005/10/01 22:18 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)






Recent Entries

prev< 2005.10 >next
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Comments

Recent Trackback

Links

Profile

geophile
フリーランスの地理学者です。ひとり家庭教師派遣業のほか、NPOやコミュニティビジネスをターゲットに、ひとり人材派遣業もやってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。