アクセス解析
Cuatro Dragons
FC2Blog  Admin  Rss1.0 



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- -- | edit?



祇園

category: ◆drink

久しぶりに祇園で飲んだ。



僕にとっての祇園は、まあ高級クラブの並ぶ街には違いないが、それらは景色に過ぎなくて、どちらかというとやはり、おかるのカレーそばだったり泉門天のギョーザだったりボローニャのカツサンドだったり壱銭洋食だったりする。そもそも祇園に足を運ぶようになったのは、何年も前に絶好調に鬱病だったときに、富永町から細い路地を入ったような所にある小さなショットバーにいきなり一見で飲みに入ったのがきっかけでした。壱銭洋食も泉門天もおかるも、全部それ以降の体験。



今日は、花見小路三条の焼鳥屋さんと、その最初に暖簾くぐったショットバーを、久しぶりに訪ねた。どちらのマスターも、僕が勝手に京都の父さんと慕っている方。このお二人なくして今の自分は考えられない。久しぶりだったけど、何にも変わってなかった。僕がもう薬を飲まなくてもよくなったのを除いては。



僕にとっての祇園て、この二つのお店の周りにギョーザやカレーそばや壱銭洋食が並んでる、そんな感じです。で、そのスキマに高級クラブが建ち並んでる。ある意味では一番日常的な非日常の場所。



祇園を後にしてばんからで締めて、大阪駅に戻ったら、もう完全に日常の空気だった。



・・・今日のBGM・・・

 ハレルヤ/中村一義


スポンサーサイト

2005/05/31 23:49 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



その車両は女性でぎゅうぎゅう詰めだった

category: ◆diary

帰りの環状線、ホームの端っこで電車を待っていると、一両目が20~40代の女性で埋め尽くされている。ほとんどの乗客は大阪駅で下車したが、しかし、すごい量の女性客だった。恐いくらいに。



大阪城ホールあたりに男性の有名人が来てたんだろうね、きっと。



帰宅すると、人文地理の最新号が届いていた。混迷する21世紀、人文地理学は果たしてどこへ向うのでしょうか。不安と孤独とちょっとの期待。



・・・今日のBGM・・・

 自由の真下/セロファン

2005/05/30 23:27 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



ケンサク君

category: ◆internet

過去に書いた論文をhtmlに編集し直してホームページに上げてますが、最近、サーチエンジン経由でのアクセスがずいぶんと増え始めました。アップしてから一年以上経ちますが、ようやくロボットに認知されだしたようです。



他方で、ウェブログの記事はというと、数日前に書いた記事がもうサーチエンジンで引っかかるような状態。この違いは何なんでしょうね。



今日はcocoroom。スタッフはみんな田植えに行ってるので、一人でお留守番です。くしゃみ止めで眠たいので、論文の作業はお預け。って、お預けてばっかりですけどね。でも、アブストラクトは完成してるので、提出まで後一歩。



・・・今日のBGM・・・

 TRAUMATIC TUNER/シゼンカイノオキテ

2005/05/29 16:59 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



6月のcocoroomお店番予定

category: 未分類

六月の予定です。



6/2(木)12:0023:00 ○20:00 ビール祭り ピッツァ女王

6/3(金)12:0023:00 

6/10(金)12:0023:00

6/17(金)14:0023:00

6/24(金)12:0023:00 ○19:00 P.P.P.P.C.B.N

6/30(木)12:0023:00



六月は少し研究に時間を割きたいので店番の回数を減らしたのだが、空いた時間はどうも別の方面に費やされそうです。いろいろとバタバタしてましてね。




2005/05/29 13:54 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



ゴドーを狩りながら スナークを待ちながら

category: ◆essay

いつかきっとステキな人が現れる。

いつかきっとステキな人が現れる。

いつかきっとステキな人が現れる。



何でも三回言えば正しいんだって。エンデのおじさんのお友達がそういってたんだ、ホントだよ。



「無視する愛」って言うのは、分かるんだけどね。「待たない恋」っていうのは、理解しがたい。で、どっちも「まちづくり」にとっては、とても大切。だって、「まちづくり」って革命だからね。



そう、「まちづくり」は革命なんだ。うん、「まちづくり」って革命だね。



___________



革命とは決して到来しないもののことである。



___________



哲学?思想?アホか。ただの戯れ言じゃねーか。



___________





最終節の、シュツットガルトとバイエルン。メフメト・ショルがマカーイに出したパスがすごすぎた。本能と快楽に対する理性と道徳の勝利をあの一瞬に見た気がするな。



・・・今日のBGM・・・

 USED CAR/carnation


2005/05/28 23:42 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



行きたかった西京極

category: ◆football

cocoroomのヘルプで、西京極には行けなかったですけど、京都は湘南に競り勝って、首位独走。



先制して追いつかれて、キャプテンのハライのゴールで勝ち越し。最高の展開じゃないですか。現場で観たかったな。



忙しくて、当分、西京極には行けそうにないです。




2005/05/28 16:59 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



category: ◆diary

最近、虹を見ないです。



記憶に残っている美しい虹は、中学校の頃、野球部の練習で突然大雨が降ってきて、その後急にからっと晴れた空に浮かんだ虹。それと、たしか98年、ブルーウェーブがDJの起死回生の同点弾で追いついてその後サヨナラ勝ちして優勝を決めた日に、北山通りから東の空見上げたときに浮かんでいた、完全な円形の大きな虹。



虹を見ると、あれやこれやと苦しいことを耐え抜いたご褒美をプレゼントされたような気持ちになります。



あー、そっか。ってことは、最近、苦労が足りてないのかも知れないな。



本日のまかない、ゲソのかき揚げ丼也。自分で言うのも何ですが、美味い。



・・・今日のBGM・・・

 花瓶が割れた日/The★Magicians

2005/05/27 20:34 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



レッズ!レッズ!レッズ!

category: ◆football

神様仏様スミチェル様ジェラード様デュデク様、だね。あれは、ファンにはたまらない勝ち方ですよね。



ファンにとって魅力的なチームっていうのは、とどのつまりは、ファンではない人をも惹きつけてしまうような戦い方をしてくれるチームのことであり、他のチームのファンを尊重すると同時に自分のチームにも胸を張れる、そんなチームのことだと思ってます。優越感と執着心ではなく、自尊心と他のチームのファンに対する敬意を同時に持てるようなチーム。自分自身に関して言えば、2002年W杯のセレステ(特に、セネガル戦)と1989年の近鉄バファローズは、本当にこのチームに心捧げていて幸せだと思った。



今回の欧州CLでのリヴァプールは、たぶん、ファンにとってはそんなチームだったんじゃないかと思う。僕はレッズのファンじゃないけど、ファンの皆様に、心からおめでとう。



個人的には、2002のW杯ではさんざんだったデュデクが最後に頑張ったのが、ちょっと嬉しいなぁ。


2005/05/27 01:15 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



サントノーレ3

category: ◆sweets

大阪府庁で用事を済ませた後に、谷六のル・アイでナポレオンを食べようと思っていたのだが、時間が押していたので断念。谷町筋を通ったらきっと誘惑に負けると思ったので、松屋町筋を通って新今宮に向いました。



けど、千日前通りに出たところで、今度はプルミエールが頭に浮かんで、結局そっちの誘惑に負けた。やたらめったら暑かったし、熱射病一歩手前くらいにまいってたので、自転車止めて一服。



もう何度も来てますが、今日は初めてサントノーレに出会いました。真っ白のシンプルなクリームが、なんともプルミエールらしい感じがした。このお店のケーキ、第一印象はとても地味で、良さが分かりだしたのは3,4回くらい食べてからでした。サントノーレもまさにそんな感じの見た目とお味。ふうっ、と肩の力が抜ける、そんな旨さです。



時間が押していたのでゆっくり出来なかったのが残念。もう少し時間があれば、オレンジのシブーストもいってただろうな。でも、とても幸せな時間でした。



その幸せな僅か10分足らずを除けばひたすらビジネスな一日だった。



・・・今日のBGM・・・

 接続/トモフスキー

2005/05/26 23:59 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)



リルケにトラックバック

category: ◆internet

ウェブログを初めて早半年。密かにもくろんでいることがありまして。



それは、世界一トラックバック率の低いウェブログを作ること。News Handlerに移行してから今のところ、トラックバックは一つもない。このペースであと50年ほど続けることが出来たら、世界一とまでは行かなくても、けっこう良い線行くんじゃないかと思っている・・・というのは、甘いかな。



僕はあくまで僕が体験した世界を通じてしか語っていない。それをパッと見て引用しただけで、そこに有意義なコミュニケーションが生まれるとは思えない。だから、トラックバックを頻繁につけてくれる読者よりも、長い期間黙って読み続けてくれる読者の方がありがたいですよね。



前者のような人に会った時よりも、後者のような人に会った時の方が、刺激的で生産的な批判が期待できそうだから。



とは言え、一度、アホほどトラックバックが付く売れっ子ブロガーの気分もまた味わってみたいと思う。純粋な好奇心から。けど、そうなったらなったで、そう長くない内に、きっとリルケのあの格言を呟くに違いないでしょうけど。



「名声を得る前のロダンは孤独だった。やがて得た名声は彼をさらに孤独にした。名声とは新しい名に群がる誤解の別名にすぎないのだから。」

2005/05/26 01:45 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)



軽い脱線事故みたいなもんだな。

category: ◆diary

頭が痛い。



事情があって、明日以降の予定が大きく変更になりました。遊ぶのも休むのもかなわず、サンガの試合も見に行けず。はぁ。



胸とおなかの辺りに、余分な肉が付いている感じがします。筋肉が落ちて、余分な肉が増えれば、そりゃ疲れやすいに決まってますよね。運動しなきゃ。でも、今日は泳ぎに行けず。



そんなわけで、せめてもの気休めに、久しぶりに自転車で大阪市内を縦横無尽。明日も縦横無尽。



論文の投稿作業もやらなきゃね。こんな時こそ。



・・・今日のBGM・・・

 Dawn And Gone/Husking Bee

2005/05/25 21:39 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



珍しく、社会・政治問題

category: ◆diary

おいおい、たかが○●だろ、とか、つい思ってしまうわけです。



他人から見たら些細なことでも当人にとって妥協できないことってのは確かにあるし、そういうんは尊重するよ。けど、○●へ行くことがどうしても譲れないような人が、そもそもそういうお仕事に就くってのは、頭が悪いとしか思えないわけ。



真剣な信念を持って○●へ足を運ぶこと自体には敬意払うけど、俺、頭悪いヤツ大嫌いだからね。



新聞雑誌を賑わすような政治・社会問題について何かを書くことで得られる満足感が、実際に政治や社会を変えていくための行動を下手に阻害する、ということに対してとても過敏なもので、そういうニュースを巡って無駄口は叩くまいと心に決めていたが、さすがに今回は腹が立ちましたよ。




2005/05/25 00:07 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



XYZ

category: ◆diary

緑色の、



芽を吹き出した種はまだ小さく。



小さな葉っぱには、青い空はとても高すぎて。



強い風も届かない高さ。低すぎて届かない高さ。



小さい葉っぱは



風になびかずに



高すぎる空の下で



ただじっとしている。



誰にもばれないように、ちょっとずつ大きくなりながら。







ひたすら、黒。



明るいのに、黒い。



真っ白なのに、真っ暗だ。



陰。刺さる。



動かない指は、何かを待っていて、でも、その何かはやってこない。



弱さ。



終止符を打てない、弱さ。あるいは、勇気の無さ。



終止符を打たない強さ?



まやかし、ただひたすら誤魔化し続け、何一つ見えなくなってもまだ。



そして、まだ、指だけになった僕は、待っている。



誰かが扉を開いてくれるのを、じっと待っている。



誰にもばれないように、ちょっとずつ誤魔化し続けながら。



・・・・・。



うん、そうだね。



強く生きていこう。そして、きっと穏やかに死んでいこう。



僕に与えられたこの世界で。



淡々と、ね。



・・・今日のBGM・・・

 残像/セロファン

2005/05/24 13:21 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



石鹸から本が生まれる仕組み

category: ◆essay

再生フォーラムの有志で耕している信太の畑で取れるハーブとcocoroomで出る廃食油を使って、ハンドメイドの石鹸を試作しようと思い、本屋で作り方が分かる本を物色していた。



だけど、原料に廃食油とドライハーブやフレッシュハーブを使った石鹸の作り方はどの本にも載っていない。ネットで検索すれば沢山見つかるのに。オリーブオイルとか、ホホバオイルとか、パーム油とか、エッセンシャルオイルとか、そんなのばかり。そりゃ、金払って高い原料買えば、いい石鹸は出来るだろうけど、それじゃあ、ただの趣味でやってる消費行動になってしまう。



こっちとしては、趣味で終わらせている余裕はないし、趣味で終わらせるだけで良いのなら、石鹸なんかじゃなくても全然かまわない。どうせ石鹸を作るのなら、それに値段を付けて売るところまで含めて考えないと、やっていけないのである。だから、求めているのは、廃食油から可能な限り良い石鹸を作るための知恵であって、良質で高価な原料から高品質な石鹸を作るための知恵ではないのです。



そこで、ふと気考えたこと。廃食油を使った石鹸の作り方を書いた本がなくて、オリーブオイルやエッセンシャルオイルなどを使った石鹸の作り方を書いた本の方が多いのは、たぶん、前者だと買う気がしないという消費者と、前者だと売れる気がしないという(出版関係の)生産者がともに多いからなんだろう。



ネットで調べれば、廃食油を使って石鹸を作る方法は、簡単に調べられる。しかも、いくつかのサイトを見れば分かるけど、きちんとした専門書を買ってきっちりと勉強しなければならないような、高度な知識が必要なわけでもなさそうである。その程度の、ただでも手に入るような情報を、どうやったら売り物に出来るのか?何らかの演出や装飾が必要になるとともに、その演出や装飾が効果を及ぼすターゲットを絞り込むことが必要になるはずだ。その過程を経る中で、結果として、オリーブオイルやエッセンシャルオイルが採用されて廃食油は棄却されたんだろう。



では、廃食油を使った石鹸の本だと買う気が起こらず、オリーブオイルとかエッセンシャルオイルとかを使った石鹸の本だと買いたくなるような気分というのは、どんなんだろう?



そんなことを考えていたら、ある言語情報が本になって市場に出回るかどうかを決めるのは、その情報の中身とはほとんど関係のないレベルに関することがらだ、ということに何となく気がついた。



石鹸を作りたい気持ちは少し高まったが、本を書きたいという気持ちはまた少し萎えてしまった。



・・・今日のBGM・・・

 メデシャベル/トモフスキー

2005/05/23 15:55 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



ボックセージは天井を知らない

category: ◆botany

ボックセージがアホみたいに伸び盛ってます。4/29の日記の写真と比べてみれば一目瞭然の成長ぶり。







わりと水を沢山ほしがる植物みたいで、一日水を欠かすと、とっても分かりやすく葉っぱを垂らしてしょげてます。



摘心したオレガノもまた新芽を伸ばし、イタリアンパセリと普通のパセリも毎晩摘んで食べられるほどのペースで葉っぱをのばしてますけど、ボックセージの伸び方に比べりゃ霞んで見える。



実は観賞用の植物で青くて綺麗な花が咲くらしいんですが、葉っぱの香りも悪くなさそうなので、ドライハーブにしてみようと思います。何度かパエージャに使ってみたけど、たぶん毒性は無いと思う。



たぶん。



・・・今日のBGM・・・

 バーストレイン/100s

2005/05/22 19:05 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



爆音でカステラ

category: ◆musics

休日で時間もあったので、窓を全開にして大音量でカステラを流しながら部屋のお掃除。あと、明日の仕事の下準備も。



溜まってる仕事をいろいろと片づけるつもりだったけど、あまりはかどらなかった。正確には、はかどったのだけど、溜まってた仕事の量が僕の能力の限界を超えてました。結局、溜まってる仕事は日曜日にずれ込んだ。



カステラの歌って、一度頭にひっつくとなかなか離れてくれない。夢にまで出てきそうだ。



ニジュウサンジカ~ン♪



・・・今日のBGM・・・

 23時間/カステラ

2005/05/20 22:25 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



スパイシーなトートロジー

category: ◆diary

業務用食品店に、「香りスパイス」なる香辛料が売っていた。S&B製の。



原料が気になったので手にとって裏をみた。コリアンダー、ちんぴ、クミン、・・・フェンネル、スターアニス、香辛料



香辛料?



実家から、誕生日にと菓子折が届いた。「元気でいてくれてうれしいです」と母親から一言メッセージ。これって、なかなか言えることじゃない。わが母ながら偉大也。



・・・今日のBGM・・・

 名前をつけてやる/スピッツ

2005/05/19 20:32 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)



曽子

category: ◆diary

今日は、我が身を三度省みた。



たまたま三回省みただけじゃダメだよな、ちゃんと毎晩三回省みないと。



というわけで、今日は我が身を四省した。



新しい論文、やっと書き出しの言葉が決まったよー。



・・・今日のBGM・・・

 アイ・アム・サル/carnation

2005/05/18 23:53 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



募集

category: ◆works

釜ヶ崎のまち再生フォーラム/地域通貨委員会の仕事手伝ってくれる人募集中です。畑仕事のお手伝い、おっちゃんおばちゃんと一緒に袋詰めや紙折りなどの軽作業手伝ってくれる人、カマやんグッズの販売企画してくださる方、などなど。仕事の内容は興味関心に合わせて考えます。引き受けてくれる人を必要としている仕事が山ほどあります。意気に感じて引き受けてくださる方募集中。



cocoroomの方でも、カフェのスタッフを募集しているようです。食事を仕込んだりドリンクをお客様にお出ししたりするカウンターでのお仕事の他、フライヤーの整理やステージの設営などイベントスペースの雑務など。こちらのお問い合わせは、直接cocoroomの方まで。



柳原銀行記念資料館も、理解・関心があって特別展の準備を手伝ってくれるボランティアの方募集・・・、って公式にはしてないんだけど、もしそういう方いらっしゃったら、話通させて頂きます。



そういえば、おおさか元気ネットワークでも、事務のアルバイトを募集しているとかいう話を聞きました。どこも人手が足りてないのかな。



以上、密かにこのウェブログを読んでくださっている方で、関心のある方はとりあえずご一報下さいませ。一度会ってお話ししましょう。



geophil○venus.sannet.ne.jp



・・・今日のBGM・・・

 ごきげんいかが 工場長/carnation

2005/05/17 23:32 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



トカゲ、ネコ、カラス、ヒト。

category: ◆diary

玄関先に置いてあるプランターの下から、しっぽの切れたトカゲがひょこひょこと出てきました。トカゲはプランターから飛び出すなり、ヒトに見つかってしまい、驚いて一目散に逃げていきました。



しばらくすると、建物の陰から、しっぽの曲がったネコが一匹やってきました。ネコは最初、ヒトを見つけると警戒して佇んでいましたが、逃げ惑うトカゲを見つけるとすぐに飛びつきました。トカゲはもんどりうって一目散にプランターの裏に。



ネコはそれでもしつこくプランターの隙間に手や鼻を突っ込んでトカゲを狙っています。ヒトはじっとその様子を見ています。すると、ちょうどネコが待ち構えているのとは反対側から、トカゲがするすると逃げ出してきました。ヒトはトカゲに気づきましたが、ネコは気づきません。



トカゲが危機一髪を脱したかに思われたましたが、今度はプランターを挟んでネコとは反対側の空から、羽のちぎれたカラスが飛んできました。地面におりて一歩ずつトカゲに近づいています。そして、トカゲに狙いを定めて立ち止まりました。



トカゲもカラスに気がついたようです。しかし、戻ればネコが待ち構えている。動けません。トカゲの足が止まります。カラスは遠巻きに間合いを計っています。ネコはじっとカラスを睨みつけています。すぐそばで、ヒトがその様子をじっとうかがっています。



トカゲ、ネコ、カラス、ヒト。四者の時間が凍り付いた次の瞬間。



カラスがトカゲを捕まえようと嘴を突き出しました。



トカゲは泡を食って再びプランターの裏へ。しかし、カラスから逃れようと反対側に飛び出した瞬間に、今度はさっきのネコに捕まりました。のたうち回るトカゲを前足で押さえたネコが、今にも噛み付こうとしています。



危うし、トカゲ!



と、そこで、さっきからことの顛末を傍観していたヒトが、急にネコに歩み寄り、威嚇しました。驚いたネコはトカゲをほっぽり出して建物の陰に。カラスは飛び立って近くの電線に。トカゲは再びプランターの裏に。ヒトは建物の中に。



昼前の柳原、ほんの3分間ほどの出来事でした。人間て、弱い生き物だよなぁ。



・・・今日のBGM・・・

 朱に赤/オセロケッツ

2005/05/16 15:06 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



老と幼

category: ◆diary

久しぶりに、アイスを食べたら、全部食べきることが出来なかった。



ビールの樽を持ち上げようとすると、腰の辺りにちと不安がよぎる。



朝日が昇るまで飲んでいると、確実にその後の数日は調子が悪い。



ああ、確実に年をとっている。意識はしていなくても。



年を取るのはかまわないのだけど、このタイミングだと、どうしても後々三十才を区切りにしてしまいそうだ。それだけは、なんとしても避けたいのだけど・・・。



理由はないのだけど、なぁんか、イヤだ。



・・・。



こういうのって、絶対に、予言の自己成就の最たる例だぜ、きっと。今年の誕生日は、何だかとても自分で意識してしまう。30だから、というのはもちろんその通りだけど、感覚的にはなぜか、小学校入学を目前にしてワクワクしているガキに近い気がする。



ああ、だめだ。オトナにならなきゃ。



・・・今日のBGM・・・

 Happy Birthday/セロファン

2005/05/15 20:03 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



畑仕事

category: ◆botany

一週間順延の畑仕事。



今年もまた、キヌサヤの収穫期を逃してしまい、鞘の中で豆が丸々と太ってしまいました。筋取って豆を取り出せば、中身の方は食べられそう。



今日は、大きくなりすぎたスナックえんどうとキヌサヤ、それとアップルミントとレモンバウム、あとは自生しているセリを収穫。豆とセリは、明日cocoroomでまかないに使おうと思います。



セリは本来冬から春の野菜、今の時期は旬ではない。普通に食べるにはアクも香りもキツい。自宅で使うときには、セロリの代わりにトマトと一緒に使ったりしてます。以前にcocoroomで使ったときは、辛子酢味噌和えにしたけど、これもなかなか美味かった。



部屋の床の一部が、ミント干場になる季節がやってきました。









・・・今日のBGM・・・

 パルテノン銀座通り/滝本晃司(たま)

2005/05/14 20:24 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



乱高下

category: ◆diary

凹んだり良い気分になったりまた凹んだり。仕事場の数が多いと時々とても不安定になります。



いろんなジャンルで仕事してて、つながりが出来そうなとこをなるべくたくさんつなげるように、日々意識はしていますが、思ってるようにはつながらない事も多々あります。いろんなところで種をまいても、それが常に実を結ぶとは限らない。あまりに収穫が悪いと、さすがに凹んできます。おいらのやってること、意味あるんかいなぁ、とか。そんで、あっちこっちでまいた種が実を結ぶのは、たいがい我慢の限界を超えて落ち込んでいる時で、今振り返ってみると、いちいちもう少し早く実を結んでくれたら憂鬱にならずにすんでたのに、とか思います。



ま、でも、そら当たり前やわなぁ。知らないうちに、思ってる通りになるとか、どっかで安易に信じてしまってるのかもしれん。



塞翁が馬。



もっと達観しないとね。あと、謙虚になること。色々と思ったとおりになるほど、おいらは世の中に通じてなんかいない。まだまだ思っているよりも修行が足りませぬ。反省反省。



・・・今日のBGM・・・

 Hard Pain/オセロケッツ

2005/05/13 23:50 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



ライブ

category: ◆musics

6月4日にファンダンゴでトモフスキー、知久寿焼その他。



同じく11日に南堀江knaveでセロファンその他。



久しぶりのライブ。cocoroom以外で見るのは今年初めてだ。



振り返ってみるに、トモフスキーのザラザラしたドライさ加減と、セロファンの透明感や堂々巡り感が、僕の二十代の重奏低音だったような気がする。


2005/05/13 12:49 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



category: ◆essay

手を怪我した。



洗い物をしていたときに、ふいに手がガラスの灰皿にぶつかって、そのちょうどぶつかっていたところが欠けていたせいで、左手の人差し指にざっくりとキズが。



そこに灰皿がなかったら、その灰皿が欠けてなかったら、欠けてたとこが向こう側を向いていたら。



運が悪かったのだ。



人為的なミスも含めて、自分に起こる不幸に関しては運の所為にするというのは、なかなか悪くない生き方だと思う。ただし、この考えは僕にしか適用されないのだけどね。



運が悪いことに。



今日は風呂の水が溢れなかった。その代わりに、栓をするのを忘れていたみたいだ。湯がたまってない。



・・・今日のBGM・・・

 森おばけ/平魚泳

2005/05/12 23:59 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)



僕は君を見ているだけで幸せだよ 2

category: ◆botany





ちょっと前に、京都の堀川今出川の街路樹の根元で咲いてました。住んでいたときは気付かなかったのに。



その数日前には、名古屋の大須の古墳に群生しているところを見かけて、有頂天になっておりました。



4月の終わりくらい、木陰にひっそりと咲く花。何とも言えない妖艶な花。



春はハクモクレンとシャガを見られるだけで、ああ生きていて良かった、と感じますね。



・・・今日のBGM・・・

 穴をほる/Polyp

2005/05/11 15:50 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



妻を娶らば

category: ◆essay

家庭を持ちたいと思ったことが僕にはない。家庭と結びついた結婚とかにもあまり興味がない。



「家庭と結びついた結婚」に憧れている女性なんてステレオタイプはそうそういないだろうと思うけど、どうも何て言うか、「結婚ごっこ」の共同幻想の中にすっぽり収まっている女性には魅力を感じない。やっぱり、まずは一人で生きていくことをきちんと考えている人でないとね。そういう人の方が断然魅力的。でも、今の時代でさえ、女性が一人で生きていくのは男性と比べたらまだまだ容易ではないみたいだ。



それなら、好きになった女性が自立した生活を続けられるように、僕がそれを支えればいい。才長けた女性を好きになって、その人がいつまでも魅力的でいられるように、ちょっとでも力になれるのなら、それが一番幸せなことじゃないかと思う。大事なのは、どんな女性であればその人の人生を全力で応援できるかってこと。自分の慰めのために結婚をする気はさらさらないんです。もし結婚をするのであれば、やっぱり、お互いが自立して生きてくための結婚、でないとね。



もちろん、僕の方がパートナーの自立を支えるに耐えられる強度と自立性を持ち合わせていないとお話にならない。精神面でも経済的な面でも生活習慣の面においても。その点ではまだまだ修行不足です。



男ばっかりの集団とか、女ばっかりのグループとかって、ちっともスマートじゃないし息苦しい。経験的に、男女の間に主従関係がなくて構成比のバランスがいい集団は、刺激的で面白い集団が多い。世の中全体がそういう風にならんと、退屈でやってられん。じゃあ、どうやったら、そんな世の中になるのか?ということを考えたときに、ごく自然に出てくる結婚観だと思うんだけどな。結婚は、目的ではなくて、手段にすぎません。



生まれて初めて、結婚について考えてたことを言葉にしてみた。齢三十を前にして、初めて。今まで公言したことがなかったのは、ある種の自信のなさ故でもあるし、戦略的な判断からでもあるのだけど。



たとえたった一人でも、こういう考え方を手放さずに生きていくことが、僕なりの反戦運動です、というのはさすがに妄想じみてるかなぁ。ちなみに、「妻を娶らば」は、与謝野鉄幹の詩の一節。



・・・今日のBGM・・・

 アップダイク追記/GOMES THE HITMAN


2005/05/10 13:02 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



地図を作る

category: ◆geography

地図を描くのではありません。地図を作る。



ちょっとした良いきっかけがあって、久しぶりに創作活動に手を染めるかも知れません。



京都に住んでいたとき、自分の部屋の壁一面に蛍光塗料を塗った丸いシールを貼り付けて、プラネタリウムにしてました。星図と天球儀を見ながら、星の位置や明るさもなるべく再現するようにして。



同じようなことを、今の部屋で、今度は地図を使ってやってみたくなった。しかも壁じゃなくて、天井を使うのだ。



それとは別に、友人とも地図で何か遊べないかと企んでおりますが、こっちの方が先に動き出すかもな。



ここ二年ほど、地理学(者)がどうやったら地図の外に出られるか(そしてどうやったら地図の外に出てもなお地理学者でいることができるか)ということをぼんやりと考えます(つまり、真剣には考えてない)。



やりたいことがだんだん増えてきた。忙しそうだけど、がんばろ。



・・・今日のBGM・・・

 煙で奴論/Husking Bee

2005/05/09 15:25 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



目分量

category: ◆essay

いつもだいたい目分量でやってるにもかかわらず、いつまでたっても加減がうまくいかないもの、というのが、いくつかある。



風呂の湯が一杯になるまでの時間とか、パエージャの焦がし具合だとか、目玉焼きの火の通し具合だとか。ちなみに、目玉焼きはいつもターンオーバーです。



独り身の時は、一つのことにかまけている間もなくすぐ次に何かが起こるくらいのテンポでやり過ごしているくらいが、精神的には一番良いかもな。今日みたいに。



テキトーなくらいでちょうどいい。



自分にしか分からないような妄想じみた境地で、つい報われない役回りだよなぁと呟いてしまうけど、その報われない役回りをとりあえずは引き受けてしまえてるというのも、ま、言ってみればある種の愛の証だよな、とこれまた自分にしか理解のできないような切り返しを試みたりする。



こういうの、何て言うんだ、えーと、そう、あれだ。ルで始まるの。



今日も、そして、日記を書いていたら風呂の湯が溢れてた。



2週間ぶりに畑を見に行ったけど、今年のアップルミントにはやたらテントウムシの幼虫がたくさん付いているのが気になりました。アブラムシたっぷり食ってくれよ~。



・・・今日のBGM・・・

 コヨーテ/岩見十夢

2005/05/08 23:59 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



善悪の端境にて

category: ◆diary

昼にマッサージの施術を受けたのだけど、揉み返しに背中を襲われてます。揉んでもらってるときはとてもイイカンジだったんだけど。



明日は急遽二つおしごと。どうせお仕事なら楽しまぬ手はないよな。明後日の柳原勤務がしんどいけど、しゃーない。



それにしても、いろんな人がいる。時々、ついていけねー、とか思ってしまいます。いや、ほんと、みんな、えらいわ。俺はそこまでえらくなれないので、やれるやつは勝手にやっててくれ。



あははははは。



笑いが止まりません。ちょっぴりビターな笑いが。



ときどき自分がどの程度まで一人なのかを神の視点から認識したくて仕方なくなることがある。



・・・今日のBGM・・・

 BOOGIE IN SANE/THE PRIVATES

2005/05/07 23:50 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)






Recent Entries

prev< 2005.05 >next
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Comments

Recent Trackback

Links

Profile

geophile
フリーランスの地理学者です。ひとり家庭教師派遣業のほか、NPOやコミュニティビジネスをターゲットに、ひとり人材派遣業もやってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。