アクセス解析
Cuatro Dragons
FC2Blog  Admin  Rss1.0 



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- -- | edit?



75's

category: ◆football

京都、なかなか負けないですね。GW中は見に行けそうにないのが残念。



つい最近、マンCで元イングランド代表のロビー・ファウラーが同い年だと知って、軽くショックを受けた。もうちょっと頑張ってくれよ、老け込みすぎだ。



そして、ベッカムも同年生まれだったことに今気づいた。



ファウラーとベッカム。



う~ん・・・。



・・・今日のBGM・・・

 ひげのある暮らし/たま
スポンサーサイト

2005/04/30 16:33 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



お茶のある暮らし

category: ◆diary

レモンバームを摘心して葉っぱが何枚か取れたので、お茶を淹れた。



お茶っていうのは、別に茶の葉っぱじゃなくっても、こうやって手に入る植物の葉っぱで淹れて飲めば、それでいいもんなんだろうな。



今日もベランダの植物達は青々とした笑顔で風になびいておりました。特にオレガノとボック・セージは元気です。





手前左:ボック・セージ

手前右:オレガノ

真ん中:ローズマリー

奥:パセリとイタリアン・パセリ


2005/04/29 22:11 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



心のデフレ・スパイラル

category: ◆diary

普段は気にも留めていないようなささやかな不安が、朝からやたらと心に引っかかって、今日はどうも一日中下を向いて生きる羽目になりそうだ。



体調もまだあまり完全には戻ってないので、ヤなことも時間が経てば忘れるさと切り替えて、家に帰って眠ることにする。今までにだって憂鬱な時期はいくらでもあったけど、その度にしばらく経てばその憂鬱達も忘れられていったわけだし。



でも、忘れてしまった憂鬱は、忘れられているだけで、実は全然消え去ってはいないのではなかろうか。そうやって今まで忘れ去ってきた憂鬱を全部足していったら、これはもうものすごい不幸なことになるだろうな。



とか、そんなことを朝からずっと考えておりました。



天気のいい夏みたいな日です。夏はあまり好きでない。



・・・今日のBGM・・・

 金のはなし/シュガーフィールズ

2005/04/29 14:05 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



かっぱ

category: ◆diary

cocoroomでお仕事が出来る程度には回復しました。けど、風邪薬の副作用で、とっても眠い。



最近、植物を目にすると気持ちがとても安らぐのを感じます。マッグの言葉を思い出します。



曰く「我々の自然を愛するのは自然は我々を憎んだり嫉妬したりしないためもないことはない。」



自殺したのが音楽家でもなく哲学者でもなく詩人だったって言うのは、なんか、深読みしたくなる。



昨日仕事を休んだ罪悪感が、ずっと肩におぶさったまんまだ。朱色の西日が鈍く重たく目に突き刺さる。



・・・今日のBGM・・・

 砂丘/セロファン

2005/04/28 18:25 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)



病床何尺?

category: ◆diary

病で臥しているときの思考には、健康なときの思考にはない独特の色がある。



今日は、久しぶりに、しんどかった。這いつくばるように、なんとか生きながらえてた。



目的は、「穏やかに死んでいくこと」。で、生きるというのは、そのための手段である。



僕が死んだ後に残される人たちが、僕の死を忘却するまでの間に感じる可能性のあるあれやこれやの気分までもが、現に今想定できてしまう以上は、僕の死後まで含めて僕の死だと捉えておく方が、無難だろうと思う。



悲しむ人がいる可能性がある以上は、穏やかになど死ねるはずがない、ということ。



僕は、今、「僕」という言葉の使い方を大きく間違っているのかも知れない。けど、それは、少なくとも生きている間は分からない。死んだら分かるという保証もないのだけどね。



とにかく、生きるということを目的においてしまうような思考や発言は、どこかに胡散臭さを感じる。




2005/04/28 00:38 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)



ダウンしました

category: ◆botany

今日は喉を痛めて体もだるいので、やむなく会議は欠席。晩の家庭教師もキャンセル。不覚です。



普通のパセリとイタリアン・パセリ、オレガノ、ボック・セージをポットからプランターに植え替え。柳原で摘んできたパイナップル・ミントとオレガノを挿し木。



あとは明日までゆっくり療養。




2005/04/27 11:46 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



ベケットさんと地図のひび

category: ◆diary

とても不思議な体験をしました。夢うつつの床の中、頭の中で二つの全く種類の違う思考が同時に進行しておりました。



最近、時々、世界にひびが入ります。異世界への裂け目がぱっくりとこう口を開けているのが、見えます。もちろん「見える」というのは比喩的な表現で、この世界の中でモノが見えるのとは全く意味が違うんだけど。







相手が沈痛な思いで、どうしようもなくて別れ話を切り出している時、笑ってそれを受け入れられるように。あらゆる物事に対してそんなスタンスを取ることは無理だとしても、出来るだけ多くの物事に対して、そういう距離と態度を保つことが出来ればね。







書いている時はよく分かっている。一つの日記を支配しているのが一つの思考であるとは限らない。だけど、人が書いたものを読むときは、どうしてもそれを一つの思考から導かれたものとして読んでしまう。



さもないと、理解できない。書かれたものに数え切れないひびが入っているとしたら。







明日の晩、地図に走るひびの話をします。地図の快楽と、その伝達の困難さについて語りつつ、人文地理学がどういう学問なのかがちょっとでもお伝えできればいいかなと思ってます。



近郊の方は、思い入れのある地図、お気に入りの地図を持って遊びに来てください。







今日の日記はひびだらけだ。しかも、表題のアルベールさんは、どこにも出てこない。いったいどこへいったんだろう。







Worstward Ho

いざ最悪の方へ



ここまでは読み間違えられるた



めに



・・・今日のBGM・・・

 ボクノカケラ/セロファン

2005/04/25 16:13 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



研究状況

category: ◆geography

久しぶりに投稿準備中の論文に手を入れた。英文要旨は一通り完成。あとは校閲してネイティブ・チェックに回すだけ。



次の論文に関しては、今日やっとプロットが見えた感じがした。家庭教師のお仕事がキャンセルになったので、飲みに行くか論文の手入れするか迷ったんだけど、飲みに行かなくてよかった。



明日はこの勢いで、これまた滞っている、もう一個の論文に手をつけます。



ベランダのハーブの苗を買い足したり、久しぶりの人にばったりと出くわしたり、財布を買い換えたり。そんな日。



・・・今日のBGM・・・

 光と水の関係/GOMES THE HITMAN

2005/04/24 22:01 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



野草と宗教

category: ◆diary

朝、畑仕事をこなして、昼すぎからcocoroomで仕事。夜に、お客さんと久しぶりに哲学的な議論をした。



哲学のスイッチが入った自分が、とても心地よかった。



議論の流れと作品の雰囲気は予期せず変わる。それでよい、と思う。けど、いつだって議論の後は後味が悪いのだけは変わらない。議論の内容とは独立に。



自分の主張とか、自分の作風とか。



最近そういうものに対して真剣になる気がすっかり無くなった。そして、これもまた、それでよい、と思う。



台所でセリと小松菜が微笑んでいる。

2005/04/23 22:53 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



高齢者

category: ◆essay

子どもと高齢者。同じ人間でありながら、いったい、どの位の年齢から、理解に苦しむ他者になってしまうのか。



高齢者支援をしているところは、必ずと言っていいほど高齢者を徹底的に「他者」として理解していて、それはなぜかというと、高齢者を理解することがとっても難しいからである。では、なんで難しいか。それは、こちらが理解したいようにしか理解しようとしてないからではないかと思うのだ。



こちらが理解したいような形で理解しないと、大人を中心に回っている世の中の仕組みに何かとあわないことが多いのである。



けど、高齢者の方がいずれマジョリティになれば、どうなるかな。



高齢者支援やってるところは、どこも口々に難しいという。そりゃそうだ。こっちが望むような形にすんなり収まってくれるわけではないのは、高齢者に限らずどんな集団でも同じだ。



自分が高齢者と呼ばれるようになったときに、自分の周りにどんな社会やコミュニティがあるのが望ましいのか、いつも考えている。



今老いている人の状況を材料にして、自分が老いることと自分が死んでいくことを我が身の問題として考える程度しか、僕には出来ないよなぁ。



だから、いつも自己紹介などで、高齢者の生きがいづくり支援に関わっているなどと口走ると、チクリと良心が痛んだりするのである。



なんちゃって、ね。



・・・今日のBGM・・・

 女はそれを我慢できない/カジヒデキ

2005/04/22 17:02 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



音をめぐる哲学のドアをノックする音をめぐる日記

category: ◆musics

フットワークの軽い日だった。得たものも大きかった。



夜に、cocoroomのスタッフでもある大和川レコードこと阿佐田亘くんの個展をみにいった。二部あったんだけど、空腹に耐えきれずに帰宅。



客席とステージの境界はほとんどなく、雑然と放り出してある座布団が辛うじて客が居るべき場所の痕跡をとどめている。床も壁も窓の外を走る高速道路も、たぶん、観客も含めて、空間的に配置されたモノの世界、そして音楽と雑音の境界も定かでない音が刻む時間の世界、これ全て、作品。そう理解したら、とても楽しめた。



楽しかったので、思わずライブ中にパソコンを開いてリアルタイムで文章を書いた。



個展に行く前に、近くのカフェで次の論文の構想を練ってたのですが、こちらもまた掘り出し物があった。久しぶりに、彼女に会った。ほぼ一年ぶりくらいに。「会った」というのは、適切じゃないかもな。



カフェに行く前に、家でレモンバームをプランターに移し替える作業。



で、このレモンバームは、実は、午前中に旭区のとあるデイサービス施設でもらったもの。利用者さんと一緒に食事しておしゃべりしてました。元々は、ハーブのことで相談があるというので行ってみたら、僕よりも詳しい人もいるし信太の畑よりもレモンバームは立派な姿してるし、何しに行ってきたんだか、という感じで。なので、軽いおしゃべりのノリでこちらの状況など紹介する程度しかできませんでしたが、それで良かったのかな。



旭区へは大阪駅からバスで向いましたが、城北公園が懐かしかった。昔、よく魚取りに行ったっけ。で、バスに乗る前に大阪駅構内のDELLICAFEで朝食取りながら、永井均の本に目を通してました。



朝起きるのが少し遅かったんで、あんまり本を読む時間は取れなかったんだけど、終わりが良ければ全て良し。



どうも、やっぱり僕は独りで静かなところにいると、論文が書けない。ちょっとだけその理由が分かった気がする。振り返ってみて、大和川レコードの個展はとても収穫が大きかった。



今日は、なんとなしに日記を逆向きに書いてみた。出来事の起こった順番とは逆だが、これが記憶の想起が生じた順番でもある。音と時間と哲学と僕は、いつもどこかでつるんでいやがる。



・・・今日のBGM・・・

 カルデラ/大和川レコード

2005/04/21 22:48 Thu | edit? | trackback(0) | comment(0)



潜水生活

category: ◆diary

人との会話のまったく無い一日が暮れようとしてます。外出といえばプールとコーナンとミスドに行ったくらいで。



メール送ったり、部屋の掃除したり、ホームページ編集したり、ミントの袋詰めしたり。



今日は、たぶん、話し言葉よりも書き言葉の方が多かった。



夕食済んだら、また一仕事。



・・・今日のBGM・・・

 THE DYING DAY/セロファン

2005/04/20 19:25 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



category: ◆drink

久々、きもちわるい。



酒は旨いが飲みすぎは毒。最後に飲んだ「飛鳥るびー」ちうイチゴリキュールが余計だった。メチャメチャ旨かったが。



柳原の花壇にハーブを植えた。うまく育ってくれると良いな。



・・・今日のBGM・・・

 見返り不美人/BO GUMBOS

2005/04/19 23:44 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



草鞋を履いた昆虫

category: ◆works

収入に絡む仕事を六つ抱えていて、その内のいくつかで少し面白いことになりそうな予感が漂ってきました。二、三ヶ月前にまいた種が芽を吹き出したか。



六足履いている草鞋のうち、四足はまちづくり・NPO関係。自分の研究は草鞋の数には入っていなくて、余暇活動です。だけど最近、まちづくりやNPO絡みの仕事をしている方が、地理学者的には満たされているなと感じることが多いので、余暇活動に熱が入らん。



草鞋の履き心地があまりに快感で、一時はしばらく執筆活動を休止しようとも思ったんだけど、こういうときだからこそ、研究の方にも身を入れないと駄目なんじゃなかろうかという直感が働いたので、活動計画をきちんと立ててなんとか研究の方も建て直しを図ろうと思います。



まずは、7月の編集会議に間に合うように、論文を投稿すること。アブストラクトを今月中に、図表本文引用文献を来月頭までに準備。で、5月の下旬までには提出する。その後は、空間・社会・地理思想に出す論文を書く。



いや、ここに書けばちょっとは自分に対するプレッシャーになるかなと思ってね。最近あまりに熱が入らないもんだから。



いや、まあ、でもあんまり期待できねーな。特に、空間・社会・地理思想の方に出そうと思っているものは、かなり内省的な話なので、世の中的な基準で立てたスケジュールに合う保証がない。でも、合わせられると強く念じれば何とかなるものなのかも知れない。



世の中、というヤツは。



・・・今日のBGM・・・

 IVY IVORY IVY/カジヒデキ

2005/04/18 22:42 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



みゃ

category: ◆diary

名古屋はとても良い街だった。あんまり余所の街に行って「良いなぁ」と思うことはないんだけど、名古屋はとても良かったです。



帰りの近鉄で、セロファンを聞きながら物思いに耽り、やがて泥のように眠り、起きるともう布施の駅を過ぎていた。



色々と思うところのあった二日間。ローカルな食文化、商店街の活性化、都市の表情、宇宙論に人生論。



帰宅して、おみやげに買った風来坊の手羽先で一杯。



まだ一仕事残っているので、またギアを入れ直し。明日はそろそろ草鞋の整理もしないと、いいかげん数が多すぎて足がもつれそうだ。



・・・今日のBGM・・・

 ロンサム・プラネット/セロファン

2005/04/17 19:03 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



名古屋にて

category: ◆diary

結局、思うようにいかなくてむしゃくしゃいらいらしているときは、他の人を多少ほったらかしにしてでも、自分を甘やかすくらいが、ちょうどいい。



そんな感じの人が、世の中には時々いる。



今日のキーワードは、恋と愛と相対主義。僕は、相対主義の内側に住んでいるな。その外側の世界を見知ることができない。



すぐ隣にいる、目の前にいる。どこかでつながっている。それだけが大事。

裏返せば、すぐ隣にいてほしい、目の前にいてほしい、どこかでつながっていたい。



それだけでよい。



「自分をごまかすことはできないな」などと言う場面が訪れるとしたら、僕の場合は、しかるべき場面で自分をごまかしきることができたときだけだろうな。



他の人も同じかもしれないけど、そう言いきる自信は無い。



明日は、とりあえず、冷やしのきしめんをどっかで食べたい。



・・・今日のBGM・・・

 All you need is love/The Beetles


2005/04/16 23:36 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



ヴィールスパニック

category: ◆internet

年度が切り替わってからというもの、やたらW32.Netskyが届きます。



しかも、約半分は、どこぞの大学のアドレスから。北大とか京大とか。



なんとかなんないのかね。



明日は名古屋。朝が早くて辛いわ。



・・・今日のBGM・・・

 フィーリン・ロージー/セロファン


2005/04/15 23:59 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



4月と5月のcocoroom cafe担当予定

category: 未分類

ビールのうまい季節になりましたな。ぴょんぴょん通貨、カマ手帳でお求めいただける美味しいおつまみを用意してお待ちしております。お持ちでない方も、ウェブログを見た方には100円でおつまみサービスさせていただきます。



4/22(金)12:0023:00 ○20:00 文学トコトコ「黒沢清"回路"とハイデガー」

4/23(土)14:0023:00 

4/26(火)18:3023:00 ○20:00 文学トコトコ「地図の快楽」

4/30(土)12:0023:00 ○19:00 P.P.P.P.C.B.N



5/3(火)12:0023:00 ○19:00 P.P.P.P.C.B.N

5/5(木)12:0023:00 ○19:00 P.P.P.P.C.B.N

5/7(土)14:0023:00 ○19:00 P.P.P.P.C.B.N

5/12(木)12:0023:00

5/14(土)14:0023:00

5/19(木)12:0023:00 ○20:00 ぽえ茶会

5/21(土)14:0023:00

5/27(金)12:0023:00 ○19:00 P.P.P.P.C.B.N

5/29(土)12:0023:00


2005/04/15 15:56 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



花の力

category: ◆botany





cocoroomのおつかいで花を買いに行った。



紫、藤色、黄色のスターチス、桃色のスプレーのバラ、あとオレンジ色のベルみたいな形をしたキュートな花(お店の婆ちゃんに尋ねたら、名前を忘れたといわれた)。



最近、花を買うのが好き。なんか、幸せな良い気分になりますね。



別に、おしゃれな花屋さんでなくてもね、仏花しか売ってなさそうな寂れた花屋さんでも、それなりにお部屋が明るくなるような花は手に入る。



日々の生活に花で潤いを。



近い内に、シャガの花を見に、関学の近くまで足を運ぶ予定。一番好きな花。



・・・今日のBGM・・・

 I'm a tree/Husking Bee

2005/04/14 20:55 Thu | edit? | trackback(0) | comment(1)



二兎を追って二兎を得る

category: ◆diary

良い意味で、分岐点に立っているんだということを、自覚した。



けど、優柔不断なので、どっちに進むか絞れない。



迷ったときは、どっちも両立させることを考えるのが、とりあえずは僕の信条。



さて、体が持つかどうか。動けるときに動いて果報を寝て待つ。



・・・今日のBGM・・・

 ナナへの気持ち/スピッツ

2005/04/13 23:39 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



アクセス解析

category: ◆internet

アクセス解析を取り始めて4ヶ月。先月からアクセス数が急に増えた。「この人かな?」とだいたい予想のつくログは、今となってはもう一握り。頻繁に訪れてくれている、親しい間柄の人たちくらいです。



まあ、個体識別が出来なくなったおかげで、やっと本来のアクセス解析っぽくなってきたとも言えるのだけど。



面白いのは、サーチエンジン経由で僕のサイトに来た方が検索に使用した語句の一覧。既に僕のサイトを知っている方が僕の名前などで検索するのではなくて、何かを検索しようとして偶然にも僕のサイトに来てしまった方というのがたくさんいらっしゃるわけです。で、おそらくはそういった方が残していったものであろう検索キーワードを一覧表にすると、見事に僕の興味関心を示すキーワードの一覧になってる。



DONNAY、レトロピンニス、固有名、サントノーレ、地名、ムートピア、ジャカルタ、浦沢直樹、プロッティ、現象学的地理学・・・、ここまで並ぶと、もう「俺意外に誰がおるねん」となるわけで。



これって、要するに記憶の外部化とか、電脳とかの話とあんまり変わらない事態ではないのかな。違うとすれば、検索される範囲はかろうじて自分でコントロールできているところか。書いたことはだいたい覚えているし、背後から襲われたかのようにドキッとするようなキーワードは特にない。



もっとも、どの程度まで検索されると不気味に感じるかは、明らかにその人の持っている「自己」の概念と深く関わっているように思います。僕と同じ状況を不気味だと感じる人は、僕とは「自己」の理解の仕方が異なっているんだろうね。



・・・今日のBGM・・・

 キャプテン・サレンダー/セロファン

2005/04/12 15:40 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



ショーテンガイ2

category: ◆works

商店街の聞き取りの事後作業。



電車の中で、聞き取りの起しに目を通しながらあれこれと考えて、ふと近所の商店街に足を運んでみようと思い立つ。で、ちょっと八幡屋まで出向いてお買い物。総菜屋さんで串カツ何本か、魚屋さんで鯛のアラ、花屋さんでスターチス、乾物屋さんでソースを買った。



ご多分に漏れず、ここもかなりさびれているような感じ。だけど、以前にここに来たときには、それほど人でも変わらなかったのに、そう廃れているようには思えなかった。商店街=衰退という連想が、習慣化しているせいかもしれない。



で、そういう固定観念なしに見ていれば、子どもの頃のあの商店街とそう変わらない、とも言える。大学に入って関目に住んでいたときも、買い物はもっぱら関目の市場と商店街だったし、そのころを思い出しても、やっぱりあんまり寂れたとかいう思いはなかった。



むしろ、商店街とか市場で買い物するのには、それなりの楽しみってのがあって、それはそれ好きなのである。さらに、その楽しみは、でっかいショッピングセンターやデパートの地下で買い物するのとは異質な楽しみであるゆえに、それらとは競合し得ないものにも思える。



そういうわけで、商店街の衰退を大型量販店の進出と結びつける考え方は、一面では妥当だと思うけど、それだけじゃないと思うんだよな。「若い人は商店街に行かない」っていうのは、現状事実としてはそうであるだろうけど、それは、「若い人」と「商店街」双方如何でいくらでも変容しうる事実だと思う。商店街だけじゃなくて、若い人の方が変わらなきゃいけない面もあるような気もするし。


2005/04/11 19:11 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



書く行為

category: ◆diary





空の青と柳の緑と桜のピンクがとってもきれい。



文章を書く作業って、それ自体として表現活動だよなぁ。書かれた文章とは全く独立に、書く行為そのものがパフォーミング・アート。



そうだとすれば、僕が自分の部屋よりもミスタードーナツやスターバックスで書く方がはかどることも、納得のいく説明が出来るのだが。



・・・今日のBGM・・・

 チェリー/スピッツ

2005/04/11 15:10 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



パセリ中毒

category: ◆botany

News Handler、復活。



昨日の夜が遅かったので眠い目をこすりながら西京極まで。でも、まあ、頑張って起きて行った甲斐あって、京都はこれで6連勝。



昨日からなぜだか、無性にパセリが旨い。手が空けばまるでポテトチップスを食うかのごとく、何にもつけずにもしゃもしゃ頬張っている。体がパセリを求めている感じ。



どうも、なんだか、先週の中頃から急に暖かくなってからというもの、心身のバランスがおかしい。で、さっさと寝ようと床に入ってすぐに、久しぶりの人から電話。もやもやが晴れてとても幸せな気分になる。



ちょっと報われたかな。



今日は仕事らしい仕事はしなかった。いくつかたまってる仕事はまた明日から。今度こそ、本当に、寝よ。



もう一つだけパセリ食べてから。



・・・今日のBGM・・・

 ストロボ/GOMES THE HITMAN

2005/04/10 23:00 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



サントノーレ

category: ◆sweets

とりあえず、頭が痛い。京都で夜を過ごす羽目になった。



京都に来る前に、北新地のグレゴリー・コレで、サントノーレ食べた。



前の時の方が、好きだった。これなら、この前に食べた広尾のラ・プレシューズの方が好みだ。でも、本町のなかたに亭と、自由が丘パリ・セヴェイユのよりは、こっちのが好きかな。けど、まあ、いずれにしても、これを置いているところは、とりあえず、どこでも、美味い!



それでもなぜだか、このお菓子に関しては、シンプルなほうが好きみたいです。



一般的には、何でも、捻りの入ったものの方が好きなんだがね。


2005/04/06 23:31 Wed | edit? | trackback(0) | comment(0)



B

category: ◆diary

なんとなく、はじまる。



Nのキーをたたいて、



たたいて、



たたいて、止まって。



桜の枝に、さっきまでとまっていた。雀。



雀の形のあおいそら。



また、なんとなく、はじまる。こんどはMのキーから。



のどかな、午後。



とけたい。空気に?いや、水に。



どちらかというと。



とけていく。空気に。水のように。



今がこぼれてひろがって、永遠になって。



いや、何もなくなった。



Yが文章を書いている。私が文章を書いている。書いているが文章を書いている。



もはや、括弧も意味をなさない。



おつかれさま、だね。



・・・今日のBGM・・・

 教室/知久寿焼(たま)

2005/04/05 13:23 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



意図せざる馬

category: ◆diary

休めばなんとなくめぐりが良くなるときもあるし、休めなくても何となくめぐりが良くなるときもあるし、休んでないからこそめぐりが良くなるときもあるし、休んでないせいでめぐりが悪くなってるときもあるし。



要するに、ギデンズの社会理論から学んだのは、そういうこと。



社会は人間の行為の意図せざる結果として成立している。



即ち、塞翁が馬。



・・・今日のBGM・・・

 骨/トモフスキー

2005/04/04 23:27 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



不在者が語る場所の記憶

category: ◆geography

そういえば。



東京の地下鉄には、相変わらずゴミ箱がなかった。



10年前。



そこに何かがあることによってではなくて、そこに何かがないことによって刻まれる場所の記憶。



今回の東京行きでは、てんやの天丼を食べ忘れた。



そういえば。



・・・今日のBGM・・・

 みちづれ/The Boom 

2005/04/03 19:57 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



孤独

category: ◆geography

人間は、孤独がどうも嫌いらしい、独りになるのは怖いらしい、と痛感する一瞬。



事実は一人称と固有名詞で語られるべきところを、無意識に三人称の一般名で語ってしまうとき。



たとえば一番上のフレーズ。



僕は、独りになるのが怖いようだ。



だから、こうやって、人目に触れるところで独り言を書いていないとやってられなくなるのかもね。



地理学というのは、地図や地名を使用する。地図や地名を使うことが可能であるためには、そこに地図や地名が書き込まれていくような、誰にとっても同じのっぺらぼうな空間が前提として存在していないといけない。



つまり、地理学の世界には、独り言は存在することが出来ない。



でも、必ずしもそうではない、ということが果たして言えるかどうか。



というようなことを考えて文章化しようとしている。



うまくいくかどうかは、うまくいくかどうかにかかっている。



ああ、意味不明だけど、そうとしか言えない。



書かれるべき対象がまだこの世界には存在していなくて、書くことで初めてそれがこの世界に存在することになって、しかもそれは僕にとってしか存在しないかもしれないんだから。



孤独の強度、みたいなものだけでも、伝わればいい。



何かを書くために孤独に向き合え、ということじゃなくて、書くとかそんな狭い文脈を越えて、孤独と向き合うことそのものに固有の意義があるから、書いて伝えることをそのためのきっかけとして利用すればいい。



で、今まで僕が感じた地理学への不満は、その辺の孤独に向き合う姿勢の強度をほとんど感じなかったってことだ。



ヘイエルシュトラントとトゥアンと水津一郎は例外かも知れない。



・・・今日のBGM・・・

 明日は今日と同じ未来/GOMES THE HITMAN

2005/04/02 15:11 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)



あなたはオトナですか?

category: ◆diary

睡眠時間は足りているのに、なんだかいつもだるい感じが消えません。



精神科通いで服薬治療をしていた経験があるせいか、すぐに何か精神的なものの影響だと考えたがるわけだけど、そこには大きな落とし穴があるような気もします。



精神的なもの。



人は得体の知れないものを自分に都合良くそう呼ぶわけだ。



あれこれと考え事をしていて、なんとなく、もう少し「オトナ」にならなあかんなぁ、と思った。まだまだコドモやな。年齢に不相応なコドモだとは思わないけど、もう少し、程良いバランスがあるような気もする。



たとえばある人がオトナかコドモか、と問われて、オトナかコドモか、で答えられるのだとしたら、その人は、結局はコドモなのだと思う。



オトナはそんなに単純じゃないのさっ。



・・・今日のBGM・・・

 恋の不思議惑星/carnation


2005/04/01 00:41 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)






Recent Entries

prev< 2005.04 >next
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Comments

Recent Trackback

Links

Profile

geophile
フリーランスの地理学者です。ひとり家庭教師派遣業のほか、NPOやコミュニティビジネスをターゲットに、ひとり人材派遣業もやってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。