アクセス解析
Cuatro Dragons
FC2Blog  Admin  Rss1.0 



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- -- | edit?



プロヴィンツィアオーサカ

category: ◆football

久しぶりの更新になります。

長居まで、横浜FC戦を見に行っておりました。2年前に京都サポから宗旨替えをしてセレッソサポになって、何度目かの観戦。健勇のゴール、山村の追加点で、カズの追撃ゴールまで見られてご機嫌なのもつかの間、まさかのそっからの逆転負け。

選手はもっと辛かろうと思ってはいてもやるせないくやしさ抱えてげんなりとぼとぼの帰り道、せめて美味しいもん食べて一日の有終の美を、と思って入った(ちょっと知ってる)焼き鳥屋さんで、お店の方とちょいちょい話してたら、どうやら今日ビューティフルゴールを決めたその選手も一度来店されたらしい。

そう、同じ町のメンバーなんだ。下向いてる場合じゃない。きっとまた明るい景色が開けるさ。

_____

たぶん、町がコンパクトで中心から離れてるほど、不便なこともあるだろうけど、「町のメンバーシップ」的な感覚を得られる出会いは多くて、それが力になることは多いんだろうなという気がする。松本や町田、鳥栖や甲府の粘り強さって、そこだよなぁ。鹿島や磐田も、強さのベースにあるのはその辺かもしれないなぁと。逆に、県全体をフランチャイズにしてるところは、J2だと割と苦戦してるところが多い印象もある。

ふと、昔からのマンチェスター・シティのサポーターは、今のチームにどんな感情を持ってるんだろうかと思ったりもする。決して裕福ではない市民チームに、浮き沈みをともにしながらずっと寄り添ってきて、でもその苦労が報われたとはとても言えない形でいきなりチームは強くなった。もちろんチームが強くなったのはうれしいに決まってるんだろうけどね。

セレッソはどうだろな。サンプよりもトリノ、チェルシーよりもチャールトンやウェストハム、レアルよりもアトレティコ、なんならラージョ・バジェカーノ、そんなんでもいい。

大阪は右肩下がり気味とはいえ、まだまだそこそこ大きな町。でも、たとえ町の景気もチームの成績も下がるとこまで下がり切ったどん底だったとしても、誇り失わんと週末にはスタジアムの空気を楽しみに来る人々がおって、そんなファンの思いを汲んで実力以上に頑張ってくれる選手がおって、またそんな選手たちを誇りに思いながら翌日からの仕事頑張れて・・・ていうサイクルがあったらいいよな。で、たまにほんとに選手と町ですれ違い入れ違いになることもあったりして。そん時に「頑張ってくださいね」と声をかけられる関係と距離感があってこそ、本当に悔しい負けをした時に思わず出てしまうブーイングもただの非難にならんで済むってもんで。

京都サポだったときにも、そんなチームだったらいいなとは思ってたけど、セレッソの場合はガンバとの対比ってこともあるんで、やっぱりカラーとしてはプロヴィンツィアが似合ってるよなぁと思います。

柿谷も山口も健勇も、戻ってきてくれるチームなんだからね。

あとは監督とフロントと会社のチームマネジメント。

ほんと応援してるんでよろしくお願いします。

スポンサーサイト

2016/08/08 00:11 Mon | edit? | trackback(0) | comment(0)



現場に立てよ

category: ◆football

原博実監督でええやないか、と思うのだが。「代行」の二文字はいらん。

組織が煮え切らんから、外様でないと殿様がつとまらない。外様しか殿様がつとまらない状況がある一方で、それとは無関係に組織が存続できるから、一向に殿様の器が育たない。そういう状況だということがいい加減見透かされてもいいくらいには、日本は国際的に名は売れているのではないかいな。少なくとも仕事場なんだから、それなりに力のある人々には、そのくらいのことは見透かされてるはずなんじゃないか。

これはと思う人を交渉で動かしたかったら、原さんが日本代表で実践した上で「この国の代表は監督しがいのある国だ」と意中の人に思わせるくらいでないといかんのじゃないか。本当に面白い日本代表を実現できるのが自分自身の手によってではないという核心が原さんにあるのだとしても、それならそれでよりすぐれた人物を招聘するのは、その後でもいいじゃないか。

なし崩し、ではなくて「俺がやる!」という意思表明と、それを尊重した真っ当なオファーを、それぞれ原さんと協会に期待したいなぁ。

・・・今日のBGM・・・
 Let it be/The Beatles

2010/08/24 23:45 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



el septimo, y final himno por La Celeste

category: ◆football

今にして思えば、7回も歌えるとは思わなかったなぁ。

生活面では苦悩とごたごたが続いたけど、それでも巻き戻せるのなら一月分だけ巻き戻したい。それくらい、この一月の間のウルグアイはすてきでした。

あと一試合。今大会これが最後のウルグアイ国歌。

ウルグアイの国歌はとても長くて、前奏だけで1分半ほど、その後コーラス、ソロ、コーラスでトータル5分弱。ホームの試合ではこれをフルコースで演奏することもあるようで、昨年のプレーオフのコスタリカ戦では、オペラ歌手みたいな方が5分弱、ソロで歌い続けてました。ただ、あまりの長さにしまいにはシビレを切らしたコスタリカの選手が、先にちらばって国歌演奏中にウォームアップを始めるという暴挙に出てしまい、スタンドからブーイングの嵐になってしまってましたが(知らされていれば別として、知らされていなかったら、試合前の国歌であの長さは嫌がらせ級なので、コスタリカの選手の気持ちも分からなくはないけど…)。ただ、たいていの試合(特に自国開催では無い場合)は、前奏だけで後略(この場合、ウルグアイ人ですら誰も国歌を歌えないという切ない展開になります)、あるいは前奏と最初のコーラスだけ、というパターンで済ませることが多いみたいです。

今大会は、前奏プラス1コーラス、後者のパターンでした。試合前、一列に並んで国歌を歌う各国の選手をカメラが順にフォーカスしていくのですが、グループステージの最初の頃はこのウルグアイ国歌の異常な前奏の長さが知られていなかったようで、11人全員の前をカメラが通過し終わったときにまだ前奏中で誰も歌っていない、という画になることが多かった(カメラ回す方としては、真剣な表情で国歌を歌う選手の顔が画として欲しかったはずなのにね)。さすがに7試合目になると撮影する側も分かってきたみたいで、この試合は左から三人目(マキシ・ペレイラだったかな?)でカメラが「おっと、そうだった」ってな感じで気付いて止まり、その後ベンチのタバレスに切り替えたりして時間を稼いで、コーラス部が始まって選手が歌い出してから、再びカメラが動き出してました。

ウルグアイの国歌は1分半またないと始まらないということを、さしてウルグアイに関心がない人にも知ってもらえたのは、選手達が玉際執念で粘って7試合目まで辿り着いたことの、予期せぬ効用だったということでしょう。

_______________

さて、ゲームの方は、残念ながら3対2で逆転負け。でも、逆転再逆転の白熱したシーソーゲーム。良い試合でした。大会が終わってみたら、結局、ウルグアイはヨーロッパには一つも勝てなかったな。その辺が現実的なチーム力の現れか。でも、執念と根性でドロー運を活かしきって7試合目まで辿り着いたしぶとさは、やっぱり真骨頂でしょうね。

フォルラン。ホント、もう言葉にならないくらい、感動的な選手でした。二点目のボレーは、今大会随一のゴラッソ。PKを除けば、フォルランのゴール(2002年の1ゴールも含めて)は、いずれもミドルレンジからのスーパーゴールばかり。大会前、キャプテンのルガノは「ウルグアイにとってのフォルランというのは、アルゼンチンにとってのメッシよりもはるかに重要な存在なんだよ」と語っていましたが、まさにその通りになりました。

そして、バーを叩いた最後のフリーキック。哀しすぎるくらい美しい軌道。

オランダ戦の後、タバレス監督が「最良の負け方というものがあるのであれば、それは今日のようなものであろう(追いすがって3:2の敗戦)」というすてきなコメントをしていましたが、今日の試合もまたそんな清々しい敗戦でした。どちらもフォルランのゴール無しには演出されることの無かった気分なのは間違いない。

フランチェスコリも35歳までやったし、2014年も10番背負ってピッチに立ってることを期待したいところ。今大会始まるまで、まるでそんな期待無かったけど、すっかり魅せられてしまいました。

最高にカッコイイ背番号10でした。

_______________

もうあと一試合で終わりです。これまででもっとも楽しめたワールドカップでした。決勝は微妙だなぁ。オランダに勝って欲しい気もするけど、最後は攻撃的なポゼッションサッカーの勝利を見たい気もする。ただ、どっちが勝つにしてもビジャ、スネイデルはともに無得点でお願いしたいところ。フォルランに花を持たせてやって欲しい。

・・・今日のBGM・・・
 Himno nacional de Uruguay

2010/07/11 06:37 Sun | edit? | trackback(0) | comment(0)



五試合目

category: ◆football

「日本人はいつも負けたときのことばかり考える」とはオシム師のお言葉だったかと思いますが、確かに我が身を振り返れば五試合も楽しめるとは思っても見なかったな。

でも、さすがにここまできたらあと2試合も見たいと思ってしまいますね。ゴディンがいないのがちょっと不安だけど、まずは数時間後のガーナ戦、勝ち抜けを期待して観戦しようと思います。アフリカのチーム相手で完全アウェーだし、それもウルグアイにはかえってちょうどいい。ワールドカップ史上最も空気を読まなかったチームだしな。

日本代表が散って世間はすっかりエピローグモードな感じですが、セレステが終戦迎えるまではまだまだ僕のワールドカップは終わりません。舌戦加熱中のアルゼンチン対ドイツの行方も気になるし、駒野選手が外したゴールをアエド・バルデスがスペインゴールにぶち込んでくれるのかどうかも気になるけど、やっぱりウルグアイ。

とりあえずウルグアイが負けたら髪を切りに行こうと大会前から決めていたのだけど、優勝しちゃったらどうしようかな。水色にでも染めたるか。

・・・今日のBGM・・・
 サンデーモーニー/ステンレス

2010/07/02 20:18 Fri | edit? | trackback(0) | comment(0)



現人獅子

category: ◆football

昨日の、日本対カメルーン戦。

カメラが一瞬抜いたベンチのリゴベル・ソングに一番驚きました。

映った瞬間、「不屈のライオンのベンチにホンマにライオンがおるやん!」と思ったけど、叔父ソングだとは思わなかった。まさか、ライオンに変身してベンチに置いておくだけのために呼ばれてる訳じゃないとは思うけど…。

2010/06/15 13:24 Tue | edit? | trackback(0) | comment(0)



はじまりはじまり

category: ◆football

バファナ・バファナ、思っていた以上に良いチームです。シャバララのシュートはすごかったね。

さて。セレステのキックオフまでもうすぐです。ちょっとだけ眠ってから応援します。

・・・今日のBGM・・・
 アオイソラ/スネオヘアー

2010/06/12 01:05 Sat | edit? | trackback(0) | comment(0)






Recent Entries

prev< 2017.08 >next
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Comments

Recent Trackback

Links

Profile

geophile
フリーランスの地理学者です。ひとり家庭教師派遣業のほか、NPOやコミュニティビジネスをターゲットに、ひとり人材派遣業もやってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。